AGA治療薬、フィナステリドとは


DHTblock

 

(注1)

 

1. フィナステリドは5αリダクターゼをブロック

 

男性ホルモンの一種であるテストステロンが、5αリダクターゼ
Ⅱ型という酵素の影響を受けてジヒドロテストステロン(以下DHT)
に変換され、このDHTによってAGAが発症するというのは、以前
お話しした通りです。

 

フィナステリドを飲めば、上の図にあるように、5αリダクターゼ
Ⅱ型をブロックして、テストステロンがDHTに変換されるのを防ぎ、
脱毛を防ぐことができます。

 

2. フィナステリドはもともと前立腺肥大の薬だった

 

フィナステリドは、1983年にアメリカで作られ、1992年に前立腺
肥大の治療薬としてアメリカのFDA(食品医薬品局)に認可され
ました。

 

フィナステリドの効果からもわかるように、前立腺肥大にもDHTが
関係しているということはお分かりいただけるのではないで
しょうか。

 

 

ある薬が治療薬として認定されるためには、臨床試験が必要だそう
です。

 

フィナステリドも前立腺肥大の薬として臨床試験が行われたそう
ですが、その過程でAGAの人に投与すると、育毛効果が認められ、
育毛剤としての研究もされるようになったそうです。

 

アメリカのFDAは、1997年にフィナステリドをAGAの治療薬として
認可しました。

 

 

フィナステリドは、前立腺肥大の治療薬としては1錠につき5mgの
含有量だそうですが、AGA治療薬としては、1錠あたり1mgの含有量
だそうです。

(注2)

 

3. 初の飲む育毛剤、フィナステリド

 

フィナステリドは、5αリダクターゼをブロックしてテストステロンが

DHTになるのを防ぎ、抜け毛を予防するという、仕組みとしては

非常にシンプルです。

 

しかしながら、フィナステリドがAGA治療薬として応用される前の
薄毛対策は頭皮に塗るタイプの育毛剤が主流でした。

 

初めての飲む育毛剤としてのフィナステリドは、世界中で注目を
集めたそうです。

 

2007年10月時点では、世界60か国以上でフィナステリドが承認
されているそうです。

 

日本では、21世紀に入ってから臨床試験が行われ、2005年10月に
1mg錠と0.2mg錠のフィナステリドが厚生労働省に認可されました。

(注3)

 

 

これまで見てきたように、もともとは前立腺肥大の薬だった
フィナステリドがAGA治療薬として実用化された歴史は浅いです。

 

日本では、フィナステリドが厚生労働省に認可されたのが2005年
なので、日本国内で2005年以前にAGAを発症してしまった場合、
治療薬がなかったので、医学的に治がしようがなかったのでは

ないでしょうか。

 

私もかつてフィナステリドを皮膚科で処方してもらい、服用を
続けていた時期があります。

 

保険適応外のため、負担が大きかったですが、もし自分が2005年
以前にハゲていたら、対策しようがなくハゲるしかなかったのでは
とそのころ痛感していました。

 

負担は大きいものの、昔と比べると今では、フィナステリドなど

医学的に効き目が認められる薬で治療できますので、生まれた時代が
よかったと感謝したことも事実です。

 

AGA治療の研究が進んできて、昔と比べて薄毛治療の選択肢がある

というのは幸せなことなのかもしれません。

 

 

参考文献1:小林一広他著 『薄毛・抜け毛を治す』 2006年 講談社出版

参考文献2:板見智著 『専門医が語る毛髪科学最前線』 2009年 集英社出版

 

注1:参考文献1 P50より図解引用

注2:参考文献2 P50~51

注3:参考文献2 P52

 


カテゴリ:AGA治療薬  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ