AGA治療の選択肢その3―フィナステリド(プロペシア)とミノキシジルタブレット(ミノタブ)を使う


2tablets

 

 

薬を使った育毛法は主に次の3つがあげられます。

 

①フィナステリド(プロペシア)のみを使用する。
②フィナステリド(プロペシア)とリアップX5
(ミノキシジル外用薬)を併用する。
③フィナステリドとミノキシジルタブレット(ミノタブ)を
併用する。

 

 

①と②は前に取り扱いましたので、今回は③について
お話ししたいと思います。

 

 

1. フィナステリドで脱毛防止

 

まず、フィナステリドを服用することで、5αリダクターゼを
ブロックしてテストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に
なるのを防ぐことができます。

 

これにより、AGAによる抜け毛は食い止めることができるのですが、
発毛を促進するわけではないので、効果を実感するのに
時間がかかります。

 

 

2. ミノタブを併用する

 

リアップX5は頭皮に塗るタイプのミノキシジル外用薬です。
これに対し、ミノタブは服用するタイプです。

 

ミノタブを併用する場合、フィナステリドで抜け毛を防止し、
ミノタブで発毛を促進するという育毛が可能になります。

 

この点はリアップX5を併用する場合と共通していると
思います。

 

リアップX5とミノタブは、頭皮に直接塗るか飲み薬として
服用するかという違いがあります。

 

フィナステリドとミノタブは薬を使った治療法の中では
最強の育毛法と言われ、確かに効果はあります。

 

 

3. ミノタブのデメリット

 

ミノタブにも副作用があります。リアップX5のように
塗るタイプではないので、頭皮がかぶれる心配は
ありません。

 

しかし、ミノタブにはムダ毛が濃くなるという副作用があります。

 

ミノタブには発毛促進効果があり、髪の毛を太くすることが可能に
なるのですが、髪の毛と同時に体毛の発毛も促進します。

 

 

従って、ムダ毛が濃くなってしまうのです。

 

 

私のように元々ムダ毛が多ければ、元々毛深いから
もういいやという話になる場合も多いかと思いますが、
あまり毛深くない人からするとこの副作用は
苦痛かもしれませんね。

 

また、フィナステリド単独で育毛するよりも金銭的負担が
大きくなります。

 

 

4. ミノタブは入手しにくい?

 

ミノキシジル外用薬のリアップX5は薬局等で売られていますが、
ミノタブは薬局や普通のお店では手に入りません。

 

皮膚科でも取り扱っていないところが多いと思います。

 

それには理由があります。それは、ミノタブはフィナステリドと
違い、未認可だからです。

 

ミノタブのような未認可の薬を処方する場合は、医師の責任のもと、
処方しなければならないので、処方したがらない医師が多いのだと
思います。

 

しかし、ミノタブを処方するところが全くないわけではなく、
AGA専門クリニック等ではミノタブを処方しているところも
あるようです。

 

従って、この方法で育毛する場合は主にAGAクリニックに通って
治療することになると思います。

 

 

今回は、フィナステリドとミノタブを併用したAGA治療について
お話しいたしました。

 

この方法は、薬を使った方法の中では最も効果があると
思います。

 

リアップX5を併用した治療法と同様、髪が回復した時点で
ミノタブをやめて、フィナステリドのみの治療に移行すれば、
金銭的負担は減らせると思います。

 

しかし、フィナステリドを飲み続けなければ髪を維持できない
ことには変わりありません。

 

当ブログでは、こうしたフィナステリドに縛られた育毛法からの
解放を目指していきたいと思います。

 

 


カテゴリ:AGA治療薬  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ