フィンペシアとの飲み合わせで効果的な薬は何か?


フィンペシアとほかの薬との飲み合わせについて

 

フィンペシアはプロペシアとほぼ同等の効果があり、
服用を続けることで髪を維持することができます。

 

しかし、フィンペシアだけでは、積極的に発毛するというのは
難しいかもしれません。

 

 

では、フィンペシアと何を飲み合わせれば、
発毛を促進できるのでしょうか。

 

フィンペシアとの飲み合わせで一番効果があるのは
おそらくミノタブでしょう。

 

フィンペシアはAGAによる抜け毛を防ぐ効果があります。

 

一方で、ミノタブには発毛を促進する効果があります。

 

 

よく、プロペシアまたはフィンペシアはディフェンスの薬、
ミノタブはオフェンスの薬であると例えられます。

 

プロペシアまたはフィンペシアで抜け毛を食い止めて
ミノタブで育毛を促進することができるからです。

 

従って、フィンペシアとミノタブを飲み合わせることで
攻防一体の育毛をすることが可能になるでしょう。

 

 

フィンペシアとミノタブの飲み合わせをおすすめできない理由

 

フィンペシアとミノタブを飲み合わせることで
効果的に育毛することが可能です。

 

しかし、私はフィンペシアとミノタブの飲み合わせを
おすすめできません。

 

さらに言えば、AGA治療薬による育毛をおすすめできません。

 

なぜならば、フィンペシアにもミノタブにも
ある致命的な欠点があるからです。

 

 

フィンペシアとミノタブの致命的な欠点とは・・・
服用を中止すると効果がなくなることです。

 

フィンペシアもミノタブもAGAに対して効果はありますが、
AGAを完治させる力はありません。

 

服用をやめれば効果がなくなります。

 

 

フィンペシアとミノタブを飲み合わせて、
満足のいく髪の量になったらミノタブをやめるという
選択肢もあります。

 

ミノタブをやめることで負担も減るでしょう。

 

 

しかし、フィンペシアは飲み続けなければなりません。

 

フィンペシアの服用をやめたら再び薄毛が進行します。

 

つまり、髪を維持するために一生フィンペシアを
飲み続けなければならないのです。

 

 

フィンペシアとミノタブの飲み合わせが効果的とはいえ、
私がこの方法をおすすめできない理由については
お分かりいただけたかと思います。

 

 

フィンペシアにもミノタブにも頼らない育毛法

 

私自身も、上記で述べたフィンペシアやミノタブの欠点に
嫌気がさしていました。

 

そこで、フィンペシアやミノタブ以外で育毛できる方法がないか
探したのです。

 

すると、ある方法が見つかりました。

 

その方法では、フィンペシアもミノタブも飲む必要は
ありませんでした。

 

フィンペシアやミノタブの飲み合わせと同じくらい
コストが安く済みました。

 

また、フィンペシアやミノタブなどと違い、
副作用のリスクは一切ありませんでした。

 

私はフィンペシアもミノタブもやめてその方法に切り替えました。

 

その方法の実践を続けた結果、
フィンペシアに頼らずとも髪が維持できるようになり、
最終的に毎月の育毛コストがゼロ円になりました。

 

 

フィンペシアやミノタブに対する不満を解消するための方法
それは・・・薬を使わない育毛です。

 

一般的にはあまり知られていませんが、
薬を使わずにAGAを克服することは可能なのです。

 

フィンペシアとミノタブの飲み合わせで育毛する代わりに
薬を使わない育毛に取り組むことで
上で述べたようなメリットを得ることができます。

 

是非、あなたにも薬を使わない育毛がもたらすメリットについて
知っていただきたいと思います。

 

 

私は現在、メルマガを通して薬を使わない育毛の情報を
発信しています。

 

メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

その名の通り、あまりコストをかけずに育毛することを
目的としているメルマガです。

 

当メルマガにご登録いただいた方限定で
私が薬を使わずにAGAを克服した方法について
お伝えしています。

 

今なら無料で登録できます。
薬を使わない育毛についてもっと知りたいと考えているなら、
無料期間のうちにご登録を。

 

 


カテゴリ:AGA治療薬  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ