ハゲに効く薬を知りたいあなたにおすすめの育毛法


baldsunshine

 

 

ハゲに効く薬にはどんなものがある?

 

このブログにたどり着いたあなたはおそらく、
ハゲに効く薬に興味をもっているのでしょう。

 

ハゲに効く薬があるというけれど、
どんなものがあるのかわからない。

自分にあったハゲに効く薬で育毛して
フサフサになりたい。

 

そんな風に思っていたのではないでしょうか。

 

私自身、ハゲに効く薬を飲んだことがありますので、
私の経験をお伝えすることで、ハゲに効く薬の理解を深める
お手伝いができればと思います。

 

 

ハゲに効く薬その1―プロペシア(フィナステリド)

 

ハゲに効く薬として有名なのがプロペシア(フィナステリド)
です。

 

プロペシア(フィナステリド)はAGA(男性型脱毛症)に
効果のある薬です。

 

AGAによる抜け毛を食い止める効果があります。

 

プロペシア(フィナステリド)は皮膚科などでAGAと診断されれば
処方してもらえます。

 

ただ、プロペシア(フィナステリド)は保険適応外なので、
全額自己負担となりかなり高いです。

 

私が服用していたころは、ひと月1万円もかかりました。

 

それに、ハゲに効く薬とはいっても、プロペシア(フィナステリド)を
飲めば即座にフサフサになれるわけではありません。

 

プロペシア(フィナステリド)は、AGAによる抜け毛を食い止める
薬であって、発毛を促進する薬ではないのです。

 

プロペシア(フィナステリド)で抜け毛を食い止めている間に、
髪が太くなるのを待つというスタンスなので、
プロペシア(フィナステリド)のみに育毛を頼った場合は
髪が回復するまで時間がかかります。

 

私自身、プロペシア(フィナステリド)を1年間服用しても
たいして髪が回復しなかったので満足を得られなかった
記憶があります。

 

 

また、プロペシア(フィナステリド)はどんなハゲにでも
効くわけではありません。

 

プロペシア(フィナステリド)が効くのはAGAに対してのみです。

 

円形脱毛症には効果がありません。

 

もし、円形脱毛症が疑われる場合は、
皮膚科などの専門医に診てもらうのが
いいでしょう。

 

 

ハゲに効く薬その2―ミノキシジル

 

ハゲに効く薬でミノキシジルというものがあります。

 

抜け毛を食い止めるプロペシア(フィナステリド)とは違い、
ミノキシジルは発毛を促進するために使われる薬です。

 

ミノキシジルは、頭皮に直接塗るタイプと錠剤で飲むタイプが
あります。

 

頭皮に塗るタイプのミノキシジルは、大正製薬のリアップX5が
有名で薬局でもよくみかけます。

 

 

一方、錠剤で飲むタイプのミノキシジルは、俗にミノタブと呼ばれ
ハゲに効く薬の中で最強とさえ言われています。

 

ミノタブは薬局等で見かけることはまずありません。

 

ミノタブを入手するには、AGA専門クリニックを訪ねるか
海外から個人輸入する必要があります。

 

 

ハゲに効く薬の中で最強の組み合わせとは?

 

ハゲに効く薬の中でも最強と言われる組み合わせがあります。

 

それは、プロペシア(フィナステリド)とミノキシジル(ミノタブ)
です。

 

プロペシア(フィナステリド)は抜け毛を食い止める効果があり、
ミノキシジル(ミノタブ)は発毛促進の効果があります。

 

そのため、プロペシア(フィナステリド)はディフェンスの薬、
ミノキシジル(ミノタブ)はオフェンスの薬であると
よくたとえられます。

 

ミノキシジル(ミノタブ)が最強といわれるのは、
プロペシア(フィナステリド)で抜け毛を食い止めている間に
ミノキシジル(ミノタブ)で発毛を促進するという
攻防一体の育毛をすることで効果的に髪を太くすることが
できるからです。

 

もちろん、この2つの薬の併用でAGAを克服することも
十分可能です。

 

 

ハゲに効く薬最強の組み合わせでも欠点はある

 

ハゲに効く薬、
特にプロペシア(フィナステリド)とミノキシジル(ミノタブ)の併用で
AGAを克服することは十分可能です。

 

しかし、このハゲに効く薬最強の組み合わせにも欠点があります。

 

ハゲに効く薬の欠点は主に3つです。

 

 

1つ目はコストです。

 

プロペシア(フィナステリド)もミノキシジル(ミノタブ)も
健康保険が適応されないため、併用するとなると金銭的負担が
大きくなります。

 

AGAクリニックなどで両方処方してもらうと、
安くても月々3万円はかかってしまうのでは
ないでしょうか。

 

高額な詐欺的育毛サロンなどよりはマシかもしれませんが、
金銭的にはちょっと厳しいかなという印象です。

 

 

2つ目は副作用です。

 

プロペシア(フィナステリド)の副作用として有名なのが
男性機能の低下です。

 

これを恐れてプロペシア(フィナステリド)の服用を見合わせる
男性は多いと思います。

 

プロペシア(フィナステリド)のそのほかの副作用として
肝機能障害があげられます。

 

いずれの副作用も出る割合はごく少数といわれています。

 

ちなみに、私はプロペシア(フィナステリド)で副作用は
出ませんでした。

 

 

一方、ミノキシジル(ミノタブ)にも副作用のリスクはあります。

 

ミノキシジル(ミノタブ)の副作用として、動悸、むくみ、
血圧低下、多毛症(毛深くなること)などがあげられます。

 

実は、プロペシア(フィナステリド)で副作用が出なかった私でも
ミノキシジル(ミノタブ)を飲んで毛深くなる副作用が
出てしまいました。

 

個人差はありますが、プロペシア(フィナステリド)よりも
ミノキシジル(ミノタブ)のほうが副作用が出やすいという
のが私の印象です。

 

 

3つ目は、効き目に関してです。

 

プロペシア(フィナステリド)もミノキシジル(ミノタブ)も
効き目があるのは飲んでいる間だけです。

 

いずれもAGAを完治させる力はなく、服用をやめれば
効き目がなくなります。

 

両方併用して髪が満足に回復したらミノキシジル(ミノタブ)を
やめてプロペシア(フィナステリド)のみ服用すれば
ミノキシジル(ミノタブ)の分は負担が減ります。

 

しかしそれでも、プロペシア(フィナステリド)をやめたら
効き目がなくなり、再び薄毛が進行します。

 

 

つまり、仮にハゲに効く薬最強の組み合わせでAGAを克服できたとしても
髪を維持するためだけに一生プロペシア(フィナステリド)を
飲み続けなければならないのです。

 

私はこの点について一番不満を感じました。

 

 

プロペシア(フィナステリド)に対する不満を解消するために

 

私はプロペシア(フィナステリド)を一生飲み続けなければ
ならないことに不満を感じ、別の方法を探しました。

 

 

すると、ある方法が見つかりました。

 

 

その方法のコストは、プロペシア(フィナステリド)単独の1/5
またはそれ以下でした。

 

しかも、副作用のリスクが一切なかったのです。

 

最初は信じられなかったのですが、プロペシア(フィナステリド)を
飲み続けるのはわずらわしいと感じていたので、
思い切ってプロペシア(フィナステリド)をやめて
その方法に切り替えました。

 

そしてその方法を続けた結果、
プロペシア(フィナステリド)を飲まなくても髪が維持できるように
なりました。

 

また、プロペシア(フィナステリド)のように髪を維持するために
毎月育毛にお金を払い続けるということもなく、
最終的には毎月の育毛コストがゼロ円になりました。

 

 

私がハゲに効く薬に頼らずAGAを克服した方法それは・・・
薬を使わない育毛法です。

 

プロペシア(フィナステリド)やミノキシジル(ミノタブ)に関する
情報がネット上にあふれているためあまり知られていませんが、
薬を使わずにAGAを克服することは可能なのです。

 

薬を使わない育毛に取り組むことで上記のようなメリットを
得ることができるのです。

 

是非、あなたにもハゲに効く薬に頼らない育毛について
知っていただきたいと思います。

 

 

私は現在メルマガを発行しています。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

当メルマガでは、ハゲに効く薬に頼らず低コストで
育毛することを特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
私がハゲに効く薬に頼らずAGAを克服できた方法を
お伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
ハゲに効く薬に頼らない育毛について知りたいのなら、
無料期間のうちにご登録を。

 

 


カテゴリ:AGA治療薬  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ