フィナステリド(プロペシア)の飲み方がわからない方へ


medicinefina

 

フィナステリド(プロペシア)以外では、風邪薬など
食後に1錠、食前に1錠など用法・用量が具体的に
書いてあるのでわかりやすいですが、
フィナステリド(プロペシア)って初めての時、
どんなふうに飲んでいいかわからないですよね。

 

私もフィナステリド(プロペシア)を処方してもらったときに、
袋に具体的な用法・用量が書いてなかったのでよくわかりません
でした。

 

なので、処方してもらった病院でフィナステリド(プロペシア)の
飲み方をきいてみました。

 

 

どうやら、食後でも食前でもどちらでもいいそうです。

 

 

飲む時間帯に関しても、特に決まりがないそうです。
朝・昼・夕・・・自分の好きな時間帯でいいそうです。

 

 

 

 

 

しかし、飲む時間帯は固定する必要があるそうです。
例えば、朝飲むと決めれば毎朝1回飲むことになります。

 

ある日は朝、次の日は夜、その次の日は昼という飲み方は
まずいということらしいです。

 

おそらく、フィナステリド(プロペシア)は飲んでいる間しか
効果がないので、24時間ごとに飲まないとうまく効果を保持
できないからかもしれません。

 

 

 

飲む量に関しては1回につき1錠のみです。
早くハゲを治したいので、効果を強めるために2錠飲みたいと
考えたくなる場合もあるかもしれませんが、自己判断で
数量を増やすのは危険です。

 

どうしても増やしたい場合は、医師に相談したほうがいいと
思います。

 

従って、フィナステリド(プロペシア)の飲み方は

 

自分で決めた時間帯に毎日1錠服用

 

というのが正しい飲み方ということになるかと思います。

 

 

 

 

因みに私は毎晩寝る前に飲んでいました。理由は単純に
夜寝るときに髪が育つので、AGAの症状により髪の発育を阻害
されたくないと考えたからです。

 

 

 

 

 

それから、もし、あなたが海外から個人輸入して医師から指導を
受けず服用する場合も同じような飲み方になると思います。
ただし、この場合はすべて自己責任ということになりますが。

 

とりあえず、時間帯の指定はないものの服用するタイミングは
固定する必要があり、1日1錠服用するというポイントは
おさえていただければと思います。

 

 

 

 

PS.

 

私自身、29歳でAGAと診断され1年間フィナステリド(プロペシア)を
服用した経験があります。

 

フィナステリド(プロペシア)をはじめとして、当ブログで
AGA治療薬のことについて記事を書いていますが、
私のメインテーマは薬による育毛ではありません。

 

確かに、フィナステリド(プロペシア)をはじめとする
AGA治療薬は効果があります。

 

効果はありますが、保険適応外で金銭的負担が大きい、
飲んでいる間しか効果がない等フィナステリド(プロペシア)
の問題を解消するために薬を使わない育毛法にシフト
しました。

 

その結果、現在ではフィナステリド(プロペシア)をはじめとする
AGA治療薬に一切頼らず髪を維持できるようになりました。

 

 

 

 

 

薬を使ってお金をかけないと育毛できないわけではない。
薬を使わなくてもAGAを克服することができる。

 

私はブログやメルマガでこういったことを伝える活動を
しています。

 

是非、あなたにも薬を使わずにAGAを克服できることの
素晴らしさを知ってもらいたいと思っています。

 

フィナステリド(プロペシア)は高額なので、せっかく購入した
ものをすぐにやめることはできないと思います。

 

手持ちのフィナステリド(プロペシア)を飲み切ったときにでも、
また私のブログを見てください。

 

ほかのページでも色々語っていますので、いろいろ見てもらって
興味を持っていただければ、メルマガもありますのでそちらも
見ていただければと思います。

 

 


カテゴリ:AGA治療薬  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ