ミノキシジルという名の毛生え薬


spray

 

フィナステリド(プロペシア)は、5αリダクターゼをブロックして
テストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)になるのを防ぐ
効果があります。

 

簡単にいえば、フィナステリドはAGAによる抜け毛を防いでくれます。
しかし、フィナステリドには積極的に発毛させるような効果は
ありません。

 

フィナステリドのほかに、医学的にAGA治療薬として認められた薬が
あります。ミノキシジルです。

 

今回は、ミノキシジルについてお話ししたいと思います。

 

1. 医学的に認められた毛生え薬?ミノキシジルとは

 

ミノキシジルはもともと血圧を下げる薬として開発されたそうです。
ミノキシジルを使用した患者に毛が生えるという副作用が見られた
ことから、育毛剤へ転用するための研究が行われたそうです。

 

こうした過程を経て、ミノキシジルが育毛剤として使用されるように
なりました。

 

2. 塗り薬としてのミノキシジル

 

あなたも育毛剤というと、スプレーなど直接頭皮に塗るタイプの
育毛剤を思い浮かべるのではないでしょうか。

 

私もAGAになる前はそういったイメージを持っていました。
実際に、ミノキシジルは塗り薬として使用されています。

 

 

塗るタイプのミノキシジルは、フィナステリドの場合と違って
医師に処方してもらわなくても薬局で買うことができます。

 

あなたはリアップX5というのをきいたことがありますか。
これは、薬局またはドラッグストア等で処方箋なしで購入できる
ミノキシジル配合の塗るタイプの育毛剤です。

 

テレビCMやYoutubeの動画広告等でも宣伝されていた記憶があります。
ドラッグストアなどでも店舗の外でリアップX5の広告の旗が何本も
置いてあるのをよく見かけます。

 

ミノキシジルには、抜け毛を防ぐというよりも積極的に発毛を
促進するという効果が医学的に認められていますので、得体の
しれない育毛剤を使うよりも効果が見込めると思います。

 

ただ、人によってはかぶれることもあるらしいので、使用の際には
注意が必要です。

 

値段は確か7千円~8千円の間くらいだったと思います。市販の薬で
保険がきくわけではないので、割高ですが高額シャンプーと比べる
と特別高いという感じはしないかもしれません。

 

3. 飲み薬としてのミノキシジル

 

リアップX5に対して、飲むタイプのミノキシジルもあります。
これをミノキシジルタブレットと言い、俗にミノタブと呼ばれます。

 

このミノタブは、日本において育毛剤としては未認可のため通常の
皮膚科では処方しているところをあまり見かけません。

 

未認可ではありますが、医師の責任のもとで処方することはできる
みたいです。

 

普通の皮膚科の医師は、あまりリスクを負いたくないのでミノタブを
処方せずフィナステリドだけで済ませたいと思っているのかも
しれません。

 

日本では、主にAGA専門クリニック等でミノタブを処方してもらう
ことができるようです。

 

 

以上みてきたように、ミノキシジルを使った育毛の場合、リアップ
X5を頭皮に塗るかAGA専門クリニック等でミノタブを処方してもらう
方法があります。

 

フィナステリドだけで治療する場合とミノキシジルを併用する場合
では、コストや効果が変わります。今後はそういったことも語って
行きたいと思います。

 

 


カテゴリ:AGA治療薬  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ