プロペシアとの飲み合わせについてAGAを克服した私がお話しします


 

minofina

 

プロペシア(フィナステリド)との飲み合わせでベストなのは?

 

プロペシア(フィナステリド)だけでは、満足な効果が得られなかった。

 

プロペシア(フィナステリド)との飲み合わせでもっと
効果的なものはないだろうか。

 

このブログにたどり着いたあなたは、そういった悩みを
持っているのではないかと思います。

 

私もそうでした。
私は29歳でAGA(男性型脱毛症)と診断され、
プロペシア(フィナステリド)の服用を始めましたが、
1年間続けても、満足な効果は得られませんでした。

 

そこで、プロペシア(フィナステリド)と何かを飲み合わせることで
満足のいく育毛ができないかと考えるようになりました。

 

まず最初に試したのが、プロペシア(フィナステリド)と
ノコギリヤシ(ソーパルメット)の飲み合わせです。

 

ノコギリヤシ(ソーパルメット)は、プロペシア(フィナステリド)と
同じようにAGAによる抜け毛を食い止める効果があると
考えられています。

 

プロペシア(フィナステリド)とノコギリヤシ(ソーパルメット)を
飲み合わせることで、効果を上乗せできると考えたのです。

 

実際にプロペシア(フィナステリド)と
ノコギリヤシ(ソーパルメット)を飲み合わせてみましたが、
特に副作用はなかったものの、髪が回復したという実感は
あまり得られませんでした。

 

次に試したのが、AGA治療最強と謳われている
プロペシア(フィナステリド)とミノタブの飲み合わせです。

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブの飲み合わせが
最強と言われているのには理由があります。

 

プロペシア(フィナステリド)でAGAによる抜け毛を食い止めている間に
ミノタブで発毛を促進するという攻防一体の育毛が可能になるからです。

 

実際に、プロペシア(フィナステリド)とミノタブの飲み合わせを
試したところ、2か月程度で髪の毛が太くなるのを実感することが
できました。

 

 

そして、1年もたたないうちにフサフサになることができました。

 

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブの飲み合わせが
AGA治療最強と謳われていることにも納得がいきました。

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブの飲み合わせで
フサフサになれたことに私は満足しました。

 

 

しかし、プロペシア(フィナステリド)とミノタブの飲み合わせに
対して私は徐々に不満を募らせることになるのでした。

 

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブの飲み合わせに不満を募らせた理由

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブの飲み合わせで
フサフサになれたことに、私は最初のうちは満足していました。

 

しかし、私はプロペシア(フィナステリド)との飲み合わせで
最強と言われているこの飲み合わせに対して不満を募らせるように
なりました。

 

 

それはなぜか?
これらの飲み合わせにはある致命的な欠点があったからです。

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブの飲み合わせの
致命的な欠点それは・・・服用をやめると効果がなくなることです。

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブの飲み合わせは
AGA治療最強と言われているだけあって確かに効果があります。

 

この飲み合わせでフサフサになることは可能です。

 

しかし、プロペシア(フィナステリド)とミノタブの飲み合わせに
AGAを完治させる力はありません。

 

服用をやめれば再び薄毛が進行します。

 

つまり、髪を維持するために一生プロペシア(フィナステリド)や
ミノタブを飲み続けなければならないのです。

 

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブの飲み合わせで
フサフサになってから、ミノタブをやめて
プロペシア(フィナステリド)のみにすれば負担は減るでしょう。

 

しかし、それでもプロペシア(フィナステリド)を続けなければ
髪を維持することはできません。

 

私はこのことに強い不満を持つようになりました。

 

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブの飲み合わせへの不満を解消できた理由とは?

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブの飲み合わせに
不満を持った私は、不満を解消すべくほかの方法を探しました。

 

 

すると、ある方法が見つかりました。

 

 

その方法のコストは、プロペシア(フィナステリド)単独の1/5以下でした。

 

しかも、副作用のリスクが一切なかったのです。

 

その上、一生プロペシア(フィナステリド)やミノタブを
飲む必要もなかったのです。

 

まさに、私が探し追い求めていた育毛法でした。

 

私はプロペシア(フィナステリド)とミノタブをやめて
その方法に切り替えました。

 

その方法の実践を続けた結果、プロペシア(フィナステリド)や
ミノタブに頼らなくても髪が維持できるようになりました。

 

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブの飲み合わせに対する
不満を解消した方法それは・・・薬を使わない育毛法です。

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブなどの薬、
ノコギリヤシ(ソーパルメット)などのサプリ、
塗るタイプの育毛剤などの存在が目立っているため
あまり知られていませんが、薬を使わずにAGAを克服することは
可能なのです。

 

薬を使わない育毛に取り組むことで、コストを大幅にカットできる、
副作用のリスクを回避できる、一生薬を飲み続ける必要がなくなるなど
多くのメリットを得ることができます。

 

是非あなたにも、薬を使わない育毛について知っていただきたいと
思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりお金をかけずに育毛することを目的としていますが、
プロペシア(フィナステリド)とミノタブの飲み合わせの
致命的な欠点を解消してAGAを克服するための育毛を
特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
私が薬を使わずにAGAを克服できた方法についてお伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
最初はプロペシア(フィナステリド)との飲み合わせで何がいいかを
探していたけれど、薬を使わない育毛についても知ってみたいと
考えているなら、無料期間のうちにご登録を。

 

 


カテゴリ:AGA治療薬  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ