プロペシアの偽物を見分ける3つの方法と安全な育毛の秘訣とは?


 

 

プロペシアの偽物について

 

プロペシア(フィナステリド)の偽物があるという話があります。

 

では、なぜプロペシア(フィナステリド)の偽物があるという
話があるのでしょうか。

 

おそらく、安いプロペシア(フィナステリド)のジェネリックが
ネット上で手軽に購入することができ、その中に偽物が
含まれている事例があったからなのではないかと私は推測します。

 

正式なプロペシア(フィナステリド)は、MSD社が販売しています。

 

皮膚科などAGA診断してくれる病院に行けば、
MSD社のプロペシア(フィナステリド)を処方してもらえますので、
偽物を買わされる心配はありません。

 

しかしながら、医師から処方してもらえる
プロペシア(フィナステリド)は、健康保険が適応されないため、
金銭的負担が大きいです。

 

私も服用していたことがあるのでよくわかるのですが、
プロペシア(フィナステリド)に負わされる経済的負担は
きついものがあります。

 

私が服用していたころは、毎月1万円もかかりました。

 

1年間プロペシア(フィナステリド)を続けたので、
合計12万円もかかりました。

 

私自身もそうだったのですが、これだけ金銭的負担が大きいと、
もっと金銭的負担を減らしたいと思うようになります。

 

その結果、正規のプロペシア(フィナステリド)よりも安い
ジェネリックを通販で買おうという話になるわけです。

 

通販で買う時に、プロペシア(フィナステリド)の偽物を
買ってしまう危険があるようです。

 

ネット上で手軽に買える分、プロペシア(フィナステリド)の
偽物を間違って買ってしまうリスクも上がりますので、
プロペシア(フィナステリド)のジェネリックを購入する場合は、
注意が必要です。

 

では、プロペシア(フィナステリド)の偽物を見分けるには
どのようなことに注意すればいいか、これから見ていきましょう。

 

 

信頼できる販売元かどうか

 

 

プロペシア(フィナステリド)の偽物を見分ける方法の一つとして、
信頼できる販売元かどうかチェックするという方法があります。

 

具体的には、会社内容がサイト内にきちんと明記されているか、
クレジットカードに対応しているかどうかなどが信頼できるかどうかの
判断基準になるでしょう。

 

 

成分鑑定がされているかどうか

 

 

成分鑑定がきちんとされているかどうかも
プロペシア(フィナステリド)の偽物を見分ける基準の一つです。

 

ある有名な通販サイトでは、英語になりますが
成分や生産地、日本でいう厚生労働省のようなところで
認可を受けたという内容が明記された成分鑑定書が
公開されています。

 

こういったものが何もない通販サイトよりかは、
しっかりとした成分鑑定書を公開している通販サイトで
購入するほうが、プロペシア(フィナステリド)の偽物を買うリスクは
減らすことができるでしょう。

 

 

フリーメールでないかどうか

 

 

販売サイトの問い合わせ先のメールアドレスがフリーメールで
ないかどうかも、プロペシア(フィナステリド)の偽物を見分ける
ポイントの一つです。

 

顧客対応に使用するメールをYahooメールやGmailなどで
済ませる販売元は怪しいので。

 

もし、販売元のサイト内に問い合わせフォームしかなくて、
メールアドレスがわからない場合は、試しに何か質問してみて
返信されたメールのアドレスをチェックするなどするといいでしょう。

 

 

プロペシアを見分けてフサフサになった体験談を知りたいなら

 

私自身、かつてはプロペシア(フィナステリド)の高額な治療費に
悩まされましたが、プロペシア(フィナステリド)のジェネリックを
購入して、金銭的負担を大幅に減らしてフサフサの髪を取り戻すことが
できました。

 

つまり、プロペシア(フィナステリド)の偽物を買わずに
フサフサになれたということです。

 

私がどこの通販サイトでプロペシア(フィナステリド)の
ジェネリックを購入してフサフサになれたのか、
具体的な内容は後述のメルマガにて公開しています。

 

今なら無料で登録できますので、
どこの通販サイトであれば、プロペシア(フィナステリド)の
偽物を買わずに済むのか知りたい場合は、
無料期間のうちに登録してみてはいかがでしょうか。

 

まだ、決めかねている場合は、
薄毛になった経緯、そしてどのようにしてフサフサに
なれたのか、私自身についてお話ししますので、
読んでいただければと思います。

 

 

薄毛になったころは失敗の連続だった

 

私は26歳のころ、毎日仕事のストレスを受け続けていました。

 

その結果、薄毛になり白髪が大量に増えました。

 

私の父は頭頂部ハゲであるため、自分にもハゲる要素は
あると薄々感じていたものの、まさか20代の若さで
ハゲるとは思わず、大きなショックを受けたことを
覚えています。

 

毎日、抜け毛の恐怖におびえながら、
私はどうすれば抜け毛の恐怖から解放され、フサフサの髪を
取り戻したいと思い、色々やってみました。

 

まず、ドラッグストアに売っていた抜け毛予防のスプレーを
使ってみました。

 

シャンプー後にスプレーをすると、爽快感があったのですが、
それで抜け毛が減ることはありませんでした。

 

シャンプーに関して、シャンプーブラシは頭皮の皮脂を除去して
血行を良くするので育毛にいいという宣伝内容を真に受けて、
私はシャンプーブラシを買ってゴシゴシ洗いました。

 

すると、育毛にいいどころか抜け毛がもっとひどくなり、
風呂場の排水溝が髪の毛でいっぱいになってしまいました。

 

後から医師に聞いたのですが、シャンプーブラシに関しては
業者が儲けたいからそう宣伝しているだけで、
実際にシャンプーブラシを使うと、頭皮が痛んで
抜け毛がもっとひどくなるそうです。

 

食事に関しては、わかめやこんぶなど海藻類を食べると髪が生える
という古い迷信を頼りにわかめをいっぱい食べてみましたが、
それで髪が生えることはありませんでした。

 

 

このように、私は育毛に関しては見当違いなことばかり
繰り返していました。

 

 

29歳で衝撃のAGA診断

 

仕事のストレスで薄毛になってから3年後のある日、
シャンプーをしていると、頭にできものがあるのを感じました。

 

私はもともとにきびのできやすい体質で
頭にできることもありました。

 

実際に経験がないとピンとこないと思いますが、
頭ににきびができるとシャンプーするときに邪魔ですし
何より痛いのです。

 

私は、皮膚科を受診してにきびと思われるできものを
治してもらうことにしました。

 

皮膚科を受診すると、にきびだと思っていたものは
イボであることがわかりました。

 

医師は、イボを冷凍スプレーで凍らせて治療するといいました。

 

不安に感じた私は、医師にこう質問しました。

 

「先生、そんなことをしたら毛穴が詰まってハゲませんか?」

 

 

すると次の瞬間、医師の口から衝撃の一言が
告げられました。

 

 

「いやあ~薄くなってるねえ。AGA(男性型脱毛症)だよ。
毛はまだ残ってるんだけど、細くなってるから
ハゲに見えるんだよねえ。」

 

 

実は、26歳で薄毛になってから、
AGAを疑って何度もいろいろな皮膚科医を訪ねました。

 

しかし、そのたびに医師たちはAGAを否定したのです。
(今回、AGA診断した医師もその一人です)

 

それが、3年経って薄毛が悪化してからようやく
AGAと診断されたのです。

 

 

「もっと、早く診断してくれれば、AGAが悪化しなくても済んだのに。」

 

 

私は、これまでAGAを否定し続けてきた医師たちに対して
憤りを覚えました。

 

しかし、済んだことは仕方がないので、
私は医師の指導の下、AGA治療を開始しました。

 

 

プロペシアの服用を開始するも・・・

 

AGAと診断された私は、プロペシア(フィナステリド)の服用を
開始しました。

 

プロペシア(フィナステリド)を服用した方ならよくわかると
思いますが、プロペシア(フィナステリド)は金銭的負担が
大きい薬です。

 

自由診療で健康保険が適応されず全額自己負担で
支払わなければならないためです。

 

私が服用していたころは、毎月1万円もしました。

 

1年間プロペシア(フィナステリド)を続けたので、
合計12万円かかりました。

 

それで効果があればまだいいのですが、
満足な効果が得られたとはいいがたく、
せいぜい現状維持程度の効果しか得ることが
できなかったのです。

 

金銭的負担が大きいわりに効果の薄いプロペシア(フィナステリド)に
私は不満を感じました。

 

 

コストを削って不満を解消できた

 

私は、もっとコストを安くして効果的に育毛できる方法を
探してみました。

 

そして、プロペシア(フィナステリド)のジェネリックを
購入するという結論に達しました。

 

プロペシア(フィナステリド)だけでは満足できなかった経験から、
私はミノタブ(ミノキシジル)のジェネリックも追加することに
しました。

 

あなたも知っているかもしれませんが、プロペシア(フィナステリド)と
ミノタブ(ミノキシジル)の組み合わせはAGA治療最強と言われています。

 

プロペシア(フィナステリド)でAGAによる抜け毛を食い止めている間に
ミノタブ(ミノキシジル)で発毛を促進するという効果的な育毛が
可能であるためです。

 

まともに購入すると、高額になるこの2つの薬ですが、
ジェネリックを購入すると、本家の薬とほぼ同等の効果が
得られるうえにありえないくらいコストが減ります。

 

プロペシア(フィナステリド)のジェネリックはフィンペシア、
ミノタブ(ミノキシジル)のジェネリックはノキシジルと言いますが、
フィンペシアとノキシジルのセットにかかるコストは
ひと月当たり2千円程度です。

 

つまり、プロペシア(フィナステリド)単独の1/5程度のコストで
AGA治療最強の効果を得ることができてしまうということなのです。

 

私は、このジェネリックセットに切り替えたおかげで、
金銭的負担を大幅に減らすことができ、2ヶ月程度で
髪が太くなるのを感じることができました。

 

そして、1年もたたないうちにフサフサになれてしまったのです。

 

抜け毛の恐怖におびえずに済むようになったこと、
コストが大幅に減ったことに私は大変満足しました。

 

 

しかし、それでも私は、徐々に不満を感じるようになったのです。

 

 

フサフサになったのに不満を持った理由とは?

 

コストを大幅にカットできてフサフサになったこと自体には
満足できました。

 

しかしそれでも、私は完全に満足することは
できませんでした。

 

むしろ、強い不満を持つようになりました。

 

なぜならば、このジェネリックのセットには
ある致命的な欠点があったからです。

 

 

それは・・・服用をやめると効果がなくなることです。

 

 

フィンペシアとノキシジルを併用することで
フサフサになることは可能ですが、AGAが完治するわけではありません。

 

この2つの薬でフサフサになれたら服用をやめてもいいわけではなく、
効果を持続するにはずっと飲み続けなければなりません。

 

もし、服用を中止すれば効果がなくなり再び薄毛が進行してしまいます。

 

つまり、髪を維持するためだけに一生薬を飲み続けなければ
ならないということなのです。

 

 

私はこのことに強い不満を感じました。

 

 

不満を解消して毎月のコストがゼロ円に

 

私は上記のジェネリックの欠点に対する不満を解消するべく、
別の方法を探しました。

 

 

すると、ある方法が見つかりました。

 

その方法にかかるコストはひと月当たり2千円以下でした。

 

しかも、副作用のリスクが一切なかったのです。

 

もちろん、髪を維持するために一生薬を飲む必要も
ありませんでした。

 

私はジェネリックのセットをやめてその方法に切り替えました。

 

すると、フサフサになった髪がさらにフサフサになり、
ジェネリックなしでも髪が維持できるようになり、
最終的には毎月の育毛コストがゼロ円になりました。

 

 

その方法とは・・・薬を使わない育毛法です。

 

 

AGA治療薬や育毛剤などが目立っているためあまり知られていませんが、
生活習慣や体質の改善など薬を使わずにAGAを克服することは
可能なのです。

 

薬を使わない育毛に取り組むことで、
コストを大幅にカットできる、副作用のリスクを負わなくてすむ、
最終的には育毛にお金がかからなくなるなど多くのメリットを
得ることができます。

 

是非、あなたにも薬を使わない育毛のメリットについて
知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりお金をかけずに育毛することを目的としていますが、
薬を使わない安全な育毛を特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
私が薬を使わずにAGAを克服できた方法について
お伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
ジェネリックよりも低コストでAGAから完全に解放される育毛法に
興味を持っていただけたのなら、無料期間のうちにご登録を。

 

 


カテゴリ:AGA治療薬  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ