プロペシアの薬価よりもずっと安く安全な育毛法を知っていますか?


propecia1

 

 

プロペシア(フィナステリド)の薬価について

 

プロペシア(フィナステリド)の薬価は、非常に高いです。

 

なぜならば、健康保険が適応されず全額自己負担であるため、
プロペシア(フィナステリド)の薬価が高くなってしまうのです。

 

私も以前、プロペシア(フィナステリド)を皮膚科で処方して
もらったことがありますが、1回にもらえるのが28錠で
1万円かかりました。

 

皮膚科等の医療機関で処方してもらう場合、
初診料がだいたい2千円くらいですので、
初めの月は、プロペシア(フィナステリド)の薬価を含め
1万2千円ほどかかりました。

 

次の月以降は、初診料はかかりませんが、
ひと月当たりだいたい1万円かかったので、
プロペシア(フィナステリド)の薬価が大きな
金銭的負担になりました。

 

1年間続けたため、プロペシア(フィナステリド)の薬価が
合計12万円もかかってしまいました。

 

プロペシア(フィナステリド)の薬価に大きな金銭的負担を
負わされたものの、満足な効果は得られませんでした。

 

 

それでは、プロペシア(フィナステリド)の薬価をもっと
安くする方法はないのでしょうか。

 

いいえ、決してそんなことはありません。
プロペシア(フィナステリド)の薬価を安くして
金銭的負担を減らすことは可能です。

 

プロペシア(フィナステリド)の薬価を安くする方法とは
どのようなものなのか、次に見ていきましょう。

 

 

プロペシア(フィナステリド)の薬価を大幅に下げる方法

 

プロペシア(フィナステリド)の薬価を下げる方法は、
プロペシア(フィナステリド)の購入先を変えることです。

 

もっと具体的にいえば、通販でプロペシア(フィナステリド)と
ほぼ同等の効果を持つ薬を買えば、薬価を大幅に下げられます。

 

プロペシア(フィナステリド)とほぼ同等の効果を持つ薬とは
ジェネリックのことです。

 

通販で売られているフィンペシアという薬は、
プロペシア(フィナステリド)とほぼ同等の効果があり、
薬価がかなり安いです。

 

例えば、アイドラッグストアという通販サイトでは、
フィンペシアの薬価は1mg30錠で1,380円です。

 

プロペシア(フィナステリド)28錠の薬価が約1万円に対し、
フィンペシアはその1/10に近い薬価で購入できるので、
金銭的負担が大幅に減らせることがおわかりいただけたかと
思います。

 

私もプロペシア(フィナステリド)の薬価による
金銭的負担に耐えかねたため、後にフィンペシアに
切り替えましたが、プロペシア(フィナステリド)とほぼ同等の効果を
得られた上に金銭的負担を大幅に減らすことができました。

 

また、フィンペシアだけでなく、ミノタブのジェネリックを
追加しても、プロペシア(フィナステリド)の薬価よりも
ずっと安いです。

 

フィンペシアとミノタブを併用してもひと月当たりだいたい
2千円程度で済んでしまいます。

 

フィンペシアとミノタブを併用することで、
プロペシア(フィナステリド)の薬価よりも大幅に
金銭的負担を減らして効果的に育毛することが
可能になるのです。

 

私もフィンペシアとミノタブを併用したおかげで、
効果的に育毛することができ、フサフサの髪を
取り戻すことができました。

 

私はプロペシア(フィナステリド)の薬価を大幅に減らした
だけでなく、フサフサになれたことに大変満足しました。

 

 

しかし、私はこの方法にもだんだん不満を感じるように
なりました。

 

 

プロペシア(フィナステリド)の薬価を減らせたのに不満を感じた理由

 

フィンペシアとミノタブにより私はプロペシア(フィナステリド)の
薬価よりもずっと金銭的負担が少ない方法で薄毛を克服することが
できました。

 

しかし、私はフィンペシアとミノタブの併用に対して不満を
もつようになりました。

 

なぜならば、これらの薬にはある致命的な欠点が
あったからです。

 

 

フィンペシアとミノタブの致命的な欠点それは・・・
服用をやめると効果がなくなることです。

 

 

フィンペシアとミノタブを併用すれば、
プロペシア(フィナステリド)の薬価よりも
金銭的負担を減らしてフサフサになることができます。

 

しかし、これらの薬の効果があるのは
服用している間だけです。

 

服用を中止すれば再び薄毛が進行します。

 

つまり、髪を維持するために一生これらの薬を
飲み続けなければならないということなのです。

 

確かに、私はプロペシア(フィナステリド)の薬価よりも
ずっと金銭的負担の少ない方法でフサフサになることが
できました。

 

しかし、一生薬を飲み続けることに
わずらわしさを感じるようになったのです。

 

 

わずらわしさから解放されるための低コスト育毛それは・・・

 

フィンペシアやミノタブにわずらわしさを感じた私は、
別の方法を探しました。

 

 

すると、ある方法が見つかりました。

 

 

その方法のコストは、プロペシア(フィナステリド)の薬価の1/5以下で
できる内容でした。

 

しかも、副作用のリスクが一切なかったのです。

 

もちろん、一生薬を飲み続ける必要も
ありませんでした。

 

私は、フィンペシアもミノタブもやめて
その方法に切り替えました。

 

そして、その方法を実践した結果、
フィンペシアやミノタブを使わなくても、
髪が維持できるようになりました。

 

 

私がフィンペシアやミノタブのわずらわしさから
解放された育毛法それは・・・
薬を使わない育毛法です。

 

 

プロペシア(フィナステリド)など薬価が高い薬の存在が
目立っているためあまり知られていませんが、
薬を使わずに薄毛を克服することは可能なのです。

 

薬を使わない育毛に取り組むことで、
プロペシア(フィナステリド)の薬価よりも大幅に
金銭的負担が減るだけでなく、副作用のリスクなく安全に
育毛することができます。

 

是非、あなたにも薬を使わない育毛について
知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりお金をかけずに育毛することを
目的としていますが、薬を使わない育毛を
特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
私が薬を使わずに薄毛を克服できた方法について
お伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
プロペシア(フィナステリド)の薬価よりも金銭的負担が少なく、
安全な育毛法に興味を持っていただけたなら
無料期間のうちにご登録を。

 

 

現在、諸事情により メルマガを休止しております。 再開までいましばらくお待ちくださいませ。

カテゴリ:AGA治療薬  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
現在、メルマガは休止中です。
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ