そして脱フィナステリドへ・・・

私はある方法でフィナステリドとミノキシジルの両方の 効果を得てAGAを克服しましたが、その方法にも 欠点がありました。     それは、一生薬を飲み続けなければいけないという 欠点→続きを読む

コストを1/5以下にしてAGAを克服

年間12万円もかけているのに全然髪が生えてこない。 収入が不安定な中、こんな高額な治療を続けていく 自信がない・・・。     フィナステリドの高額な治療費に負担を感じ、 満足な効→続きを読む

29歳でAGA発覚!そしてフィナステリド(プロペシア)服用を開始する

29歳のある日、頭皮にでっぱりができました。 私はそれをにきびだと思いました。   私はもともとにきびができやすい体質で、 頭にもにきびができることがよくあったので、 今回もにきびかと思い、→続きを読む

AGAを否定され続け、自分はハゲではないと言い聞かせる日々

ハゲの原因になった正社員の仕事をやめてから、 私はハロワなどに通い就職活動を始めました。   不況ということもあり、正社員にこだわらず非正規にも 目を向けて活動しました。   する→続きを読む

育毛を優先して会社を退職

私は、育毛を優先して仕事をやめる決意をしました。   確かに、正社員の仕事をやめれば安定した収入を失います。 しかし、私はこう思ったのです。     「お金は取り戻せても→続きを読む

20代最大の悲劇

非正規の学部生として、国立大学に入学した私は、 バイトをして学費を稼ぎながら、入試に向けて 勉強しました。   大学の講義は入試に役立つ内容ばかりで 私はメキメキ力を付けました。  →続きを読む

サラリーマン以外の道を目指した学生時代

中学卒業後、高校へ進学したころにはにきびも 落ち着いてきました。   たまにケツににきびができたこともあったのですが、 にきびがつぶれてケツが血まみれになったということは、 中3の時以降あり→続きを読む

男性ホルモンが多い体質が定着した中学時代

  中学を入学した私は、相変わらず肥満児でした。 私は、何とか痩せたいと思っていました。   すると、あるクラスメートから声をかけられました。 彼はハンドボールをやってるらしく、私→続きを読む

若ハゲ候補の幼少期

今から30年以上前、東京のとある郊外の街で ある赤ん坊が生まれました。   その赤ん坊は、26年後にハゲる運命にありました。 その赤ん坊とはそう、この私自身です。    →続きを読む
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ