医者がAGAと診断してくれない。信じていいのだろうか  


hairpr

 

 

分け目も薄いし、シャンプーのときの抜け毛も多い。食事を

見直しても一向に改善が見られない・・・。私は困り果てて

しまいました。

 

■AGAの診断を下さない医者

 

私は自分がAGA(男性型脱毛症)の疑いがあると

考えるようになりました。

 

解決策も見いだせないし、とりあえず、皮膚科を受診することに

しました。

 

医者に頭皮を見てもらったところ「全然薄くないよ。それだったら

僕のほうが薄いんじゃないかな。」と言われました。

 

「(そんな・・。携帯で撮影したらどう見ても薄いのに・・・。

それとも自分の思い過ごしかな・・・。)」

 

私はどうも腑に落ちなかったのですが、AGA治療するには時期尚早

だと思い、先生を信じることにしました。

 

■生活習慣を改善してみたけれど・・・

 

抜け毛予防のスプレーも続けて野菜やわかめ、ひじきもこれまで

通り多く食べるようにしました。

 

定期的にジョギングもするようになりました。有酸素運動をして

血行をよくした方が髪にいいと考えたからです。

 

AGAと診断されない以上なんとか生活習慣を改善すること以外

解決策がありませんでした。

 

■育毛のためにまずは仕事を辞めたい

 

仕事に関しても、自分とあまりに性格が合わないところだった

ので、やめることを検討するようになりました。

 

髪が薄くなったり、白髪が大量が増えたのは明らかに仕事の

ストレスが原因だったと確信していました。

 

世の中自分の希望にかなった職種に付けるほどあまくないし

大半の人が我慢して仕事をしていることは重々承知なのですが、

それでも、仕事があまりに自分と合わなかったので、

やめたかったです。

 

収入が途絶えることに大きな不安を感じていたものの、

私は育毛を優先して仕事を辞める決意をしました。

 

 

 

 

【追記】AGAと診断されない方のための育毛法

 

AGAと診断されない人でもAGAの可能性はあります。

 

では、なぜAGAと診断されないのでしょうか。

 

おそらく、AGAがひどくならないと医師が診断しない
からだと思います。

 

実際に私の場合は、薄毛や抜け毛などAGAの兆候があった
26歳の時に、何度医師にAGAの可能性を訴えても
医師は否定し続けました。

 

そして、薄毛が悪化した3年後、29歳の時に
AGAと診断されたのです。

 

このように、あからさまに薄毛の状態にならないと
AGA診断されません。

 

 

では、AGAの兆候を自覚しても、医師がAGA診断してくれるまで
待たなくてはいけないのでしょうか。

 

決してそんなことはありません。

 

はっきり言うと、医師に頼らなくても
AGAを克服することは可能です。

 

実は、AGAと診断されなくても、プロペシア(フィナステリド)を
処方してもらえなくてもAGAを克服することは可能なのです。

 

なぜそういったことが言えるのかといえば、
私が医師に頼らずAGAを克服することに成功したからです。

 

私が医師に頼らずAGAを克服した方法については、
メルマガでお伝えしています。

 

私が発行しているメルマガは
「低コスト育毛倶楽部」といって、
プロペシアのようにコストが高い方法ではなく
もっと金銭的負担を減らしてAGAを克服することを
目的としています。

 

今なら無料で登録できます。
まずは、以下のページをご覧いただき
無料期間のうちにメルマガに登録してみては
いかがでしょうか。

 
AGAと診断されなくても薄毛を克服できる方法とは?


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ