フィンペシアの効果を実感した後に見つけた秘密の育毛法


 

 

フィンペシアの効果について知りたいあなたへ

 

プロペシアは高いけど、フィンペシアなら安くて済む。

 

でも、フィンペシアの効果はどうなんだろう。
プロペシアと同じ効果を得られるのだろうか。

 

あなたもそんな風に考えているのではないかと
思います。

 

 

以前の私もそうでした。

 

私もかつては、プロペシアを服用していましたが、
プロペシアによる高額な治療費に死ぬほど苦しめられてきました。

 

プロペシアは、健康保険が適応されず、
全額自己負担で支払わなければならないため、
金銭的負担が大きいためです。

 

 

パソコンの画面またはスマホの目の前にいるあなたも
きっとこれまでプロペシアの金銭的負担に
苦しんできたことだろうと思います。

 

フィンペシアは、プロペシアとほぼ同等の効果があると
されていて、金額はプロペシアの半分以下です。

 

 

もし、フィンペシアの効果がプロペシアの効果と同じであれば、
フィンペシアに切り替えて金銭的負担を減らしたい。

 

私は、そんな思いでフィンペシアに切り替えました。

 

その結果、どのような効果を得ることができたのか、
今回お話ししたいと思います。

 

 

その前に、フィンペシアとプロペシアの違いも含めてみていきましょう。

 

 

フィンペシアとプロペシアの違いその①―値段

 

 

フィンペシアとプロペシアの違いでまず挙げられるのが
価格です。

 

フィンペシアは、オオサカ堂やアイドラッグストアーなどの
個人輸入代行業者のサイトから購入することができます。

 

オオサカ堂を例にとると、時期にもよりますが
1箱30錠で2千円弱程度です。

 

 

一方、病院で処方されるプロペシアは
かなり高額になります。

 

私が服用していたころは、ひと月当たり
1万円もかかりました。

 

病院やクリニックによっては、もう少し
値段を下げているところもあるかもしれませんが、
それでも毎月となると、結構な負担になってしまうでしょう。

 

毎月1万円もするプロペシアから2,000円程度で済む
フィンペシアに切り替えれば、金銭的負担が大幅に減るのは
明らかですね。

 

私自身も、プロペシアからフィンペシアに切り替えたおかげで
金銭的負担を大幅に減らすことができました。

 

 

フィンペシアとプロペシアの違いその②―製造国

 

 

フィンペシアはインドのシプラ社が製造・販売しています。

 

一方で、本家のプロペシアはアメリカのメルク社が製造・販売
しています。

 

 

インドの会社ということで、不安に思われるかもしれませんが、
このシプラ社は、インド国内だけでなくヨーロッパ、アジア、南米
など様々な国・地域に薬を輸出している会社ですので、
製造元の信頼性という点については、
それほど心配しなくていいとのではないかと思います。

 

ただ、プロペシアは医師に処方してもらえる一方で、
フィンペシアは自己責任で個人輸入代行業者を通して
購入することになります。

 

その意味では、プロペシアのほうが安心感があることは
否めないでしょう。

 

 

フィンペシアとプロペシアの違いその③―有効成分の含有量

 

 

フィンペシアもプロペシアもAGA(男性型脱毛症)に対する
有効成分フィナステリドが含まれています。

 

しかし、この2つの薬に含まれるフィナステリドの
含有量に違いがあります。

 

海外から購入できるフィンペシアは、フィナステリド1mg含有の
ものしかありませんが、国内の皮膚科等で処方してもらえる
プロペシアには、フィナステリドの含有量が1mgのものと
0.2mgのものがあります。

 

0.2mgのプロペシアは、若い人やAGA初期の人、
プロペシアの副作用が強く出る恐れのある人などが
服用するようです。

 

 

フィンペシアは1mgしかありませんが、
こういった人たちがフィンペシアを購入できないかというと
そういうわけでもないようです。

 

少々面倒ですが、ピルカッターなどでフィンペシアを
5等分にすれば、0.2mgのプロペシアの代わりに
使用することもできるようです。

 

 

結局、フィンペシアとプロペシアの効果は同じ?

 

フィンペシアとプロペシアの違いについて簡単に見てきたところで、
この2つの薬の効果についてお話ししていきたいと思います。

 

フィンペシアとプロペシアの両方を実際に飲んだ私の経験から
いうと・・・この2つの薬の効果はほぼ同じと考えて
いいと思います。

 

実際に、私がプロペシアからフィンペシアに切り替えたとき、
特に、初期脱毛を含めた副作用もなく、抜け毛も特に増えませんでした。

 

プロペシアを飲んでいた時と同じように、
フィンペシアで髪を維持することができたのです。

 

どちらも同じ有効成分フィナステリドが含まれているので、
同じ効果が得られるのは当たり前かもしれませんが。

 

 

また、副作用に関してもほぼ同じと考えていいでしょう。

 

 

プロペシアの副作用としては、男性機能の低下や
肝機能障害などが挙げられますが、同じ有効成分が含まれている
フィンペシアでもこれらの薬が出る可能性は否定できません。

 

しかし、プロペシアの臨床試験においては、
副作用が出る割合は極めて低かったので、
フィンペシアの副作用が出る割合もそれと同じくらいと
考えていいでしょう。

 

 

フィンペシアの具体的な効果を表した動画を紹介

 

Youtubeにてフィンペシアの効果を検証した動画があるので、
こちらに載せておきます。

 

 

 

 

こちらの方は、半年間フィンペシアを服用して
動画にあるような効果を得られたようです。

 

アップ主の方曰く、フィンペシアの効果で薄毛が改善してから
2年たっても、変わらず髪を維持できているそうです。

 

 

【参考動画】フィンペシアの説明動画を作ってみた

 

簡単にではありますが、私もフィンペシアに関する動画を
作ってみました。

 

一応こちらに載せておきますので、興味がありましたら
ご覧いただければと思います。

 

 

 

 

こちらのフィンペシアは、以前オオサカ堂で
購入したものです。

 

かつてのフィンペシアは、キノリンイエローという
発がん性があるといわれるコーティング剤が
使用されていましたが、現在ではそれが使われていない
キノリンイエローフリーのフィンペシアが
主流になっているようです。

 

 

フィンペシアの効果総論

 

プロペシアからフィンペシアに切り替えた
私の経験からいうと、フィンペシアの効果で
フサフサになることは・・・十分可能です。

 

ただし、フィンペシアだけでフサフサになるのは
難しいと思うのです。

 

後で詳しくお話ししますが、
かつて私は、プロペシアだけを服用していましたが、
1年経っても満足な効果を得ることはできませんでした。

 

プロペシアには、抜け毛を減らし髪を維持する効果はあっても、
積極的に髪を生やす効果はないからです。

 

そこで、私はフィンペシアに切り替えると同時に
ミノタブのジェネリックも併せて購入することにしました。

 

プロペシアとミノタブの組み合わせはAGA治療最強と
言われています。

 

プロペシアで抜け毛を抑えている間に、ミノタブで
発毛を促進するという攻防一体の効果的な育毛が
可能になるからです。

 

オオサカ堂では、フィンペシア単独でも購入可能ですが、
フィンペシアとミノタブをセットで購入することができ、
しかもそのセットがプロペシア単独よりも
はるかに安いのです。

 

フィンペシアとミノタブのセットにかかるコストは、
ひと月当たりおよそ2千円弱程度でした。

 

 

これは、プロペシアの約1/5に相当します。

 

 

私はこのセットを購入したおかげで、
プロペシアだけで満足できなかったのが、
見る見るうちに髪が回復し、服用開始から1年もたたないうちに
フサフサになってしまったのです。

 

ハゲている当時の写真が手元にないので、
ビフォーアフターの写真で比較できないのが残念ですが、
フィンペシアとミノタブのジェネリックのセットで
フサフサになれたときの写真をこちらに載せておきます。

 

 

 

 

こちらの写真を見れば、薄毛だったことがわからないくらい
髪が回復しているのがおわかりいただけるかと思います。

 

金銭的負担を大幅に減らせただけでなく、
フサフサの髪を取り戻せたことに私は大いに満足しました。

 

従って、ミノタブも併用するのであれば、
フィンペシアの効果でフサフサになることは
十分可能であるといえるでしょう。

 

 

フサフサになれたのにフィンペシアの効果に不満?

 

確かに、私はフィンペシアとミノタブの効果でフサフサになったうえに、
金銭的負担を大幅に減らすことができました。

 

そのこと自体には満足しました。

 

しかし、私はフィンペシアの効果に対して
強い不満を持つようになったのです。

 

これまで、フィンペシアの効果を評価しているように
見えた私がなぜフィンペシアを批判する立場になったのか、
私がハゲになった経緯なども踏まえ、じっくりと
お話ししたいと思います。

 

 

まさか20代で・・・

 

私がハゲを自覚したとき、
それは26歳のころでした。

 

あの当時、私は仕事上で多くのストレスを抱えていました。

 

生活のために仕事をやめるわけにもいかず、
ストレスに耐えながら仕事を続けていました。

 

 

そんな毎日を送っていたある日の朝、
鏡を見て愕然としました。

 

鏡で自分の頭を見てみると、
分け目が薄くなっていたのです。

 

 

確かに、私にはハゲる要素がありました。
私の父親がハゲだからです。

 

しかし、私の父がハゲたのは、40代か50代のころでした。

 

従って、もし自分がハゲるとしてもそのくらいの年齢だと
漠然と考えていました。

 

なので、20代の若さでハゲるとは夢にも思わず
大きなショックを受けました。

 

20代で若ハゲとなってしまった当時の私には、
育毛の知識など全くなく、何から始めていいのか
全く見当がつきませんでした。

 

しかし、これ以上ハゲるのが怖かったので、
とりあえず自力で育毛することにしました。

 

 

まず、ドラッグストアに行って市販の抜け毛予防のスプレーを
買って、シャンプー後に欠かさず使ってみました。

 

頭皮にスプレーをかけた直後は、爽快感のようなものを
得ることができたのですが、それで抜け毛が減ったり
髪が増えることはありませんでした。

 

食事に関しては、古い迷信でわかめやこんぶなどの
海藻類を食べると髪が生えるというものがあります。

 

私はわらをもすがる思いでその迷信を信じて
わかめをたくさん食べました。

 

 

しかし、それで髪が生えることはありませんでした。

 

 

当時、CMでシャンプーブラシは頭皮の皮脂を除去して
血行を良くするので育毛にいいというものがありました。

 

私は、その宣伝内容を真に受けて
シャンプーブラシを購入して頭皮を一生懸命ゴシゴシ
洗いました。

 

すると、育毛にいいどころかもっと抜け毛がひどくなり、
風呂場の排水溝が抜け毛でいっぱいになってしまいました。

 

これは、後に医師から聞いた話なのですが、
シャンプーブラシのCMに関して、あれは
業者が儲けたいからそう宣伝しているだけで、
実際に使うと、頭皮が痛んで抜け毛がもっとひどくなるそうです。

 

 

このように、若ハゲになった当時の私は、
育毛に関して見当違いのことばかり繰り返していたのでした。

 

 

29歳で衝撃のAGA診断

 

仕事のストレスで若ハゲになってから3年たった
29歳のある日、頭ににきびのようなものができました。

 

私はもともとにきびができやすい体質で、
頭皮にできることも珍しくありませんでした。

 

これは、実際に経験がないとピンとこないと思うのですが、
頭皮ににきびができると、シャンプーするときに邪魔ですし、
痛いのです。

 

私はまた頭皮ににきびができたのだと思い、
皮膚科を受診することにしました。

 

医師に診てもらったところ、にきびだと思っていたものは、
イボであることがわかりました。

 

医師は、冷凍スプレーで凍らせてイボを治療すると
言いました。

 

 

不安になった私は、医師にこう質問しました。

 

「先生、そんなことをすると毛穴が詰まってハゲませんかね?」

 

 

すると次の瞬間、医師の口から衝撃の一言が告げられました。

 

「いやあ~、薄くなってるねえ。AGA(男性型脱毛症)だよ。
毛はまだ残ってるんだけど、細くなってるから
ハゲに見えるんだよねえ。」

 

 

思い込みでもなく、気にしすぎでもなく、
医学的かつ客観的に私がハゲであると宣告された瞬間でした。

 

 

プロペシアの服用を開始する

 

 

それから、私はプロペシアの服用を開始しました。

 

しかしながら、このプロペシアという薬は、
自由診療で健康保険が適応されないため、
金銭的負担が大きいものでした。

 

私が服用していた当時は、毎月1万円もかかりました。

 

1年間プロペシアを続けたので、合計12万円も
かかってしまいました。

 

それで効果があるならまだいいのですが、
満足な効果を得られたとはいいがたく、
せいぜい現状維持程度の効果しか得ることが
できませんでした。

 

高額な割に効果の薄いプロペシアに
私は強い不満を持つようになりました。

 

 

フィンペシア&ミノタブで不満を解消

 

 

プロペシアのコストと効果に不満を持った私は、
ほかの方法を探しました。

 

色々探してみると、プロペシアのジェネリックであるフィンペシアを
購入すれば、プロペシアとほぼ同等の効果を得られるうえに
コストを大幅にカットできることがわかりました。

 

それだけでなく、ミノタブを追加することで
効果的に育毛できることも知りました。

 

しかも、プロペシアのコストが月々1万円に対して
フィンペシアとミノタブのセットはひと月当たり2千円程度
だったのです。

 

コストが大幅にカットできるだけでなく、効果が倍増するということで、
私にはプロペシアからフィンペシアとミノタブのセットに
切り替えない理由が見当たりませんでした。

 

そこで、手持ちのプロペシアを飲みきったら、
病院に通うのをやめて、フィンペシアとミノタブのセットに
切り替えました。

 

すると、1年プロペシアを服用しても満足な効果を得られなかったのが、
2ヶ月で髪が太くなるのを感じました。

 

そして、1年もたたないうちにフサフサになることが
できたのです。

 

 

金銭的負担を大幅にカットできただけなく、
フサフサになれたことに私は大いに満足しました。

 

しかし、それにもかかわらず、私は後に
フィンペシアとミノタブのセットに対して不満を持つように
なったのです。

 

 

フサフサになれたのに不満だったのはなぜ?

 

 

確かに、私はフィンペシアとミノタブのセットのおかげで
コストを大幅にカットできたうえにフサフサになることが
できました。

 

しかし、私はこれらの薬に対して強い不満を持つように
なりました。

 

それはなぜか?
これらの薬にはある致命的な欠点があったからです。

 

 

その致命的な欠点とは・・・服用をやめると効果がなくなることです。

 

 

フィンペシアとミノタブを併用すると、
確かに効果的に育毛することができます。

 

これらの薬でフサフサになることは十分可能です。

 

しかし、これらの薬でフサフサになることはできても、
AGAを完治できるわけではありません。

 

フサフサになったからと言ってこれらの薬の服用を
やめていいわけではないのです。

 

これらの薬の効果があるのは服用している間だけです。
服用をやめれば効果がなくなり、再び薄毛が進行します。

 

つまり、髪を維持するために一生これらの薬を
飲み続けなければならないということなのです。

 

私はこのことについて強い不満を感じるようになりました。

 

 

ある方法で不満を解消することができた

 

フィンペシアとミノタブのセットに対して不満を持った私は、
不満を解消すべく、別の方法を探しました。

 

すると、ある方法が見つかりました。

 

その方法にかかるコストは、ひと月当たり2千円程度でした。

 

そして、副作用のリスクが一切ありませんでした。

 

もちろん、一生薬を飲み続ける必要もありませんでした。

 

私は、フィンペシアとミノタブの服用をやめて
その方法に切り替えました。

 

その結果、それらの薬を使わずに髪が維持できるようになり、
最終的には、毎月育毛にお金がかからなくなりました。

 

 

その方法とは・・・薬を使わない育毛法です。

 

 

プロペシアやフィンペシア、ミノタブといった
AGA治療薬やリアップなどの育毛剤などの存在が目立っているため
あまり知られていませんが、食事や体質の改善、頭皮マッサージなど
薬を使わずにフサフサになることは可能なのです。

 

薬を使わない育毛に取り組むことで
コストを大幅にカットできる、副作用のリスクを負わなくて済む、
髪を維持するために一生薬を飲み続けたり、
薬にお金をはらい続ける必要がなくなるなど
多くのメリットを得ることができます。

 

是非、あなたにもこのようなメリットの多い育毛法があることを
知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりコストをかけずに育毛することを目的としていますが、
薬を使わない安全な育毛法を特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
私が薬を使わずにAGAを完全に克服できた方法についてお伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
低コストかつ安全な育毛法に興味を持っていただけたのなら、
無料期間のうちにご登録を。

 

 

また、こちらの動画でメルマガの登録方法を
説明していますので、よかったら参考にしてみてください。

 

下のほうにメルマガ登録フォームがあり、
動画の手順に沿って作業すれば、
登録できます。

 

 

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ