プロペシア(フィナステリド)が生え際に効くなら飲みますか?


 

 

プロペシア(フィナステリド)が生え際に効果があるか経験者の立場から考える

 

プロペシア(フィナステリド)は生え際にはあまり効果がない、
頭頂部には効きやすいという噂があります。

 

その一方で、プロペシア(フィナステリド)は生え際にも効果がある、
プロペシア(フィナステリド)の生え際(前頭部)への効果を示す
データがあるなど、プロペシア(フィナステリド)が生え際に有効
であるなどという情報がネット上で見られます。

 

 

プロペシア(フィナステリド)の生え際への効果について
全く正反対の情報がネット上に書かれていますが、
果たしてどちらが正しいのでしょうか。

 

 

私は両方正しいような気がします。

 

なぜかといえば、プロペシア(フィナステリド)の効き目には
個人差があるからです。

 

臨床試験の結果から、プロペシア(フィナステリド)は
9割以上の服用者に効果があると考えられますが、
9割の人全員が大幅に改善するわけではなく、
回復の度合いにも個人差があります。

 

プロペシア(フィナステリド)を長期間服用しても
髪の回復を実感できず、せいぜい現状維持程度の効果しか
得られない人もいるのです。

 

プロペシア(フィナステリド)の効果に個人差があるのですから、
生え際への効果にも当然、個人差があるはずです。

 

 

つまり、プロペシア(フィナステリド)が生え際に効く人と
効かない人がいると思うのです。

 

プロペシア(フィナステリド)の臨床試験の結果については、
ただ単に9割以上の人に改善が見られたというデータはあるようですが、
生え際に効果があったという具体的なデータはないまたは乏しい
ようなので、客観的にプロペシア(フィナステリド)が
生え際に効くかどうか判断するのは難しい気がします。

 

しかし、生え際に効果があるという人とない人がいるということは、
プロペシア(フィナステリド)の生え際への効果には
個人差があるということなのではないでしょうか。

 

 

もし、プロペシア(フィナステリド)が生え際に効いたとしても・・・

 

 

上で見てきたように、プロペシア(フィナステリド)の
生え際への効果には個人差があるように思います。

 

もし、プロペシア(フィナステリド)があなたの体質に
合っていたとしたら、生え際の改善が期待できるかもしれません。

 

しかし、仮にプロペシア(フィナステリド)で生え際が
改善したとしても、さらに言えば、仮に全快までできたとしても、
深刻な問題を抱えることになるでしょう。

 

なぜならば、プロペシア(フィナステリド)には、
見過ごせないデメリットがあるからです。

 

 

まずは副作用です。

 

あなたも聞いたことがあるかと思いますが、
プロペシア(フィナステリド)には副作用の恐れがあります。

 

男性機能の低下や肝機能障害が主な副作用として挙げられます。

 

特に、男性機能の低下を恐れてプロペシア(フィナステリド)の
服用を見合わせる男性は非常に多いように思います。

 

これらの副作用が出る割合は極めて少ないとされています。

 

しかし、薬である以上絶対に副作用が出ないとは
言い切れません。

 

生え際の回復と引き換えに、
副作用のリスクを負わないといけないというのは
見過ごせないデメリットでしょう。

 

 

副作用もさることながら、プロペシア(フィナステリド)には
ある致命的な欠点があります。

 

 

それは・・・服用をやめると効果がなくなることです。

 

 

プロペシア(フィナステリド)は生え際に効果があるかも
知れません。

 

しかし、プロペシア(フィナステリド)に生え際を完全に
回復させる力はありません。

 

仮に、プロペシア(フィナステリド)で生え際が全快したとしても、
服用をやめれば効果がなくなり、再び薄毛が進行します。

 

 

つまり、髪を維持するために一生プロペシア(フィナステリド)を
飲み続けなければならないということなのです。

 

プロペシア(フィナステリド)は健康保険が適応されないため、
全額自己負担で購入しなければなりません。

 

私が服用していたころは、毎月1万円もかかりましたが、
今でもさほど変わらないでしょう。

 

これだけコストが高いプロペシア(フィナステリド)を
一生続けたら、かなりの金銭的負担になることは
想像に難くないでしょう。

 

副作用のリスクを負って、一生金銭的負担を負わされ続けてまで
プロペシア(フィナステリド)で生え際を回復させたいと
あなたは思いますか。

 

 

もっとコストを減らして安全に生え際を回復させたいのなら・・・

 

 

もし、あなたがプロペシア(フィナステリド)で生え際を
回復させることがいい方法ではないと感じたならば、
知っていただきたいと思います。

 

それは、もっと金銭的負担が少なく安全な育毛法があると
いうことです。

 

なぜそんなことが言えるかといえば、
私もそういった育毛法でフサフサになることができたからです。

 

私もかつてはプロペシア(フィナステリド)で育毛していましたが、
金銭的負担が大きいことと一生飲み続けなければいけないことに
強い不満を持っていました。

 

そんな中、もっといい方法を見つけてしまったのです。

 

その方法にかかるコストは、ひと月当たり2千円以下です。

 

しかも、副作用のリスクが一切ないのです。

 

もちろん、プロペシア(フィナステリド)のように、
髪を維持するために一生金銭的負担を負わされ続けるということも
ありません。

 

私はプロペシア(フィナステリド)などの薬を一切やめて
その方法に切り替えました。

 

その結果、プロペシア(フィナステリド)を服用しなくても
フサフサの髪を取り戻すことができ、髪を維持できるように
なりました。

 

 

その方法とは・・・薬を使わない育毛法です。

 

 

プロペシア(フィナステリド)などの薬の存在が目立っているため
あまり知られていませんが、薬を使わずに生え際を改善することは
可能なのです。

 

薬を使わない育毛に取り組むことで、
コストを大幅にカットでき、副作用の心配を一切せずに
フサフサの髪を取り戻すことができます。

 

是非、あなたにも薬を使わない育毛法について
知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりお金をかけずに育毛することを目的としていますが、
副作用のリスクなく安全に取り組める育毛を特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
プロペシア(フィナステリド)に頼らずに生え際を改善させる
育毛法についてお伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
プロペシア(フィナステリド)に頼らず低コストで安全に
生え際を回復させる育毛法に興味を持っていただけたのなら、
無料期間のうちにご登録を。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ