プロペシアの効き目が感じられない理由を経験者が語る


propecia1

 

 

 

プロペシア(フィナステリド)の効き目が感じられないのはなぜ?

 

このブログにたどり着いたあなたは、おそらく
プロペシア(フィナステリド)を服用しても効き目が感じられず、
本当に効き目があるのかどうか確かめたくて、
プロペシア(フィナステリド)の効き目について
調べていたのではないでしょうか。

 

私自身、プロペシア(フィナステリド)の服用を1年間
経験しました。

 

私もプロペシア(フィナステリド)の効き目を感じることが
できなかったので、不安に思う気持ちはわかります。

 

実際に、プロペシア(フィナステリド)服用、1~2ヶ月のころは
効き目があるのかないのかわかりませんでした。

 

初期脱毛など副作用は特になかったのですが、
プロペシア(フィナステリド)の効き目で
発毛が促進されるという感じがしませんでした。

 

 

では、なぜプロペシア(フィナステリド)は効き目が
実感できないのでしょうか。

 

その理由は、プロペシア(フィナステリド)の効き目の特性に
あります。

 

プロペシア(フィナステリド)はAGA治療薬ではありますが、
発毛促進のための薬ではありません。

 

AGA患者がプロペシア(フィナステリド)を服用すると、
還元酵素5αリダクターゼを抑制してテストステロンが
ジヒドロテストステロン(DHT)に変換されるのを
防いでくれます。

 

簡単に言うと、プロペシア(フィナステリド)はAGAによる抜け毛を
食い止める効き目があります。

 

プロペシア(フィナステリド)のみで育毛する場合、
AGAによる抜け毛を食い止めている間に
毛が太くなるのを待つというスタンスになります。

 

プロペシア(フィナステリド)のこういった効き目は
よくディフェンスであるとたとえられます。

 

要するに、プロペシア(フィナステリド)の効き目が
実感しにくのは、プロペシア(フィナステリド)に効き目が
ないのではなく、服用している間に髪が太くなるのを
待たなくてはいけないからなのです。

 

 

ちなみに、私がプロペシア(フィナステリド)の効き目を
実感したのは、服用開始から7か月後くらいでした。

 

効き目といっても、AGAによってふにゃっとなった毛髪が
まっすぐになった程度のものでした。

 

プロペシア(フィナステリド)の効き目はこういった形で
多少は実感したものの、1年服用してもフサフサには
なれませんでした。

 

 

プロペシア(フィナステリド)の効き目に不満を持ったおかげでいい方法を見つけた

 

ここであなたに質問したいのですが、
もし、プロペシア(フィナステリド)よりも効き目が実感できて、
プロペシア(フィナステリド)の1/5以下のコストで取り組めて
副作用のリスクが全くない方法があったら、
やってみたいですか?

 

みんな副作用のリスクも金銭的負担も我慢して
プロペシア(フィナステリド)を飲んでいるのに
そんな夢みたいな方法があるなんて信じられない。

 

あなたはそう思うかもしれません。

 

 

しかし、そのような方法は実際に存在するのです。

 

 

なぜそう断言できるかといえば、
私がその方法を実践してAGAを克服することに
成功したからです。

 

私がそう言った方法を見つけることができたのは、
プロペシア(フィナステリド)に対して不満を持ったことが
きっかけでした。

 

主な不満は2つあります。

 

1つはコストです。

 

プロペシア(フィナステリド)は健康保険が適応されず
全額自己負担であるため金銭的負担が大きいです。

 

私が服用していたころでも、ひと月1万円もかかりました。

 

2つ目の不満は、プロペシア(フィナステリド)の効き目です。

 

プロペシア(フィナステリド)の効き目が実感しにくいことも
そうですが、プロペシア(フィナステリド)には
ある致命的な欠点があります。

 

 

プロペシア(フィナステリド)の致命的な欠点とは・・・
服用をやめると効き目がなくなることです。

 

プロペシア(フィナステリド)を飲んでいる間は効き目があり、
髪を維持することができます。

 

しかし、服用している間だけです。
プロペシア(フィナステリド)の服用をやめれば効き目がなくなり
再び薄毛が進行します。

 

つまり、髪を維持するために一生プロペシア(フィナステリド)を
飲み続けなければならないのです。

 

私はこの点について大いに不満を持ちました。

 

 

プロペシア(フィナステリド)の効き目に対する不満を解消した方法とは?

 

プロペシア(フィナステリド)の効き目に対して強い不満を持った
私は、ほかの方法を探しました。

 

その結果、ある方法が見つかりました。

 

その方法は、上で述べたように副作用のリスクがなく、
コストがプロペシア(フィナステリド)の1/5またはそれ以下でできる
ものでした。

 

私は、プロペシア(フィナステリド)をやめることで
効き目がなくなり、抜け毛が増えることを恐れましたが、
思い切ってプロペシア(フィナステリド)をやめて
その方法に切り替えることにしました。

 

その方法を実践した結果、
プロペシア(フィナステリド)の効き目を得られなくても
AGAを克服することができました。

 

 

プロペシア(フィナステリド)の効き目を得ずに
AGAを克服した方法それは・・・
薬を使わない育毛です。

 

 

プロペシア(フィナステリド)の効き目などに関する情報が
ネット上にあふれているためあまり知られていませんが、
薬を使わずにAGAを克服することは可能なのです。

 

薬を使わない育毛に取り組むことで、
コストを大幅にカットできますし、副作用のリスクも避けられます。

 

そしてなにより、最終的には毎月の育毛コストがゼロ円になります。
この方法を実践すれば、プロペシア(フィナステリド)の効き目を
維持するために一生プロペシア(フィナステリド)にお金を
払い続けるなどということをしなくてすむのです。

 

プロペシア(フィナステリド)の効き目をいまいち感じられない
あなたにも薬を使わない育毛について知っていただきたいと
思います。

 

 

私は現在メルマガを発行しています。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

当メルマガで、私が薬を使わず低コストでAGAを克服できた方法を
お伝えしています。

 

今なら無料で登録できます。
プロペシア(フィナステリド)の効き目に不満を感じているなら、
無料期間のうちに登録して低コスト育毛を始めてみませんか。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ