フィナステリド(プロペシア)の耐性を気にしなくてもよくなった理由


trash

 

「今はフィナステリド(プロペシア)が効いてるけど、
耐性がついて効かなくなったらどうしよう・・・。」

 

あなたもフィナステリド(プロペシア)に耐性があると
聞いて不安になり、フィナステリド(プロペシア)の耐性について
色々とネットで調べてこのブログにたどり着いたのでは
ないでしょうか。

 

フィナステリド(プロペシア)の耐性については色々と
うわさがありますね。

 

長期間フィナステリド(プロペシア)を使用すると耐性がついて
効果がなくなるとか、フィナステリド(プロペシア)の耐性に
ついては医学的根拠がないとか。

 

私自身は、29歳でAGA診断されて1年服用しましたが、
当時からそういったうわさを耳にしたこともあり、
不安に思いました。

 

AGAを克服した現在でも、いまだにフィナステリド(プロペシア)の
耐性はあるのかどうかわかりません。

 

フィナステリド(プロペシア)の耐性に関しては知りませんが、
知ろうとも思いません。

 

さらに言えば、知る必要がなくなったのです。

 

かつてAGAと診断された私がフィナステリド(プロペシア)の
耐性を気にする必要がなくなったのはなぜだと思いますか。

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

フィナステリド(プロペシア)の耐性が出たら薄毛の進行を
受け入れるとかそういった話ではありません。

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

フィナステリド(プロペシア)の耐性を気にしなくても
よくなった理由・・・それは・・・

 

 

 

 

薬を使わずに髪を維持できるようになったからです。

 

 

私もフィナステリド(プロペシア)を服用していた頃、
フィナステリド(プロペシア)の服用を中止すれば、
再び薄毛が進行すると聞いていました。

 

ですので、フィナステリド(プロペシア)を中止すれば
再び薄毛が進行するし、フィナステリド(プロペシア)の耐性が
出たらもうハゲるしかないと考えていました。

 

フィナステリド(プロペシア)にAGA治療を依存している場合は
確かにそうです。

 

 

 

 

しかし、あまり知られていないことですが、薬を使わずに
AGAを克服することは可能なのです。

 

 

「そんな。フィナステリド(プロペシア)を使わずにどうやって
髪を維持するというんだ。」

 

 

あなたはそう思うかもしれません。
私も現代医学でフィナステリド(プロペシア)で
髪を維持するほかない以上、一生フィナステリド(プロペシア)を
飲まなければいけないと思っていました。

 

そして、フィナステリド(プロペシア)の耐性がついてしまったら、
抜け毛を受け入れるしかないと思っていました。

 

 

しかし、私は薬を使わずに髪を維持する方法を発見し、
薬に頼らずにAGAを克服することに成功したのです。

 

あなたも私と同じように薬を使わずにAGAを克服できれば、
フィナステリド(プロペシア)の耐性を気にする必要が
なくなるのです。

 

薬を使わない育毛についてはこちらの記事でも語っているので
見てみてください。

 

薬を使わずに髪が維持できるようになった

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ