フィナステリド(プロペシア)の耐性を気にせずAGAを克服する方法


 

 

フィナステリド(プロペシア)の耐性について

 

フィナステリド(プロペシア)の耐性については、
ネット上で噂になっています。

 

フィナステリド(プロペシア)の耐性は本当に
あるのかどうか、これから考えていきたいと思います。

 

フィナステリド(プロペシア)の耐性については、
あるという意見とないという意見の両方があるようです。

 

プロペシア)の耐性があるという意見については、
ブログやツイッター、2ch、Yahoo知恵袋などで
見られるようです。

 

こういった人たちは、6年から10年間など長期間服用している間に、
薄毛が進行したり、抜け毛が増えたことで、
フィナステリド(プロペシア)に耐性ができて効かなくなったと
判断しているようです。

 

一方で、フィナステリド(プロペシア)に耐性はないという
意見もあります。

 

フィナステリド(プロペシア)を販売しているMSD社は、
フィナステリド(プロペシア)の耐性について公式に
発表していないようです。

 

 

また、フィナステリド(プロペシア)の耐性があるという文献も
今のところ確認されてないようです。

 

AGA患者に10年間フィナステリド(プロペシア)を
服用してもらったところ、耐性が見られなかったという研究結果が
海外の研究機関で発表されたという内容も見かけました。

 

そのほか、3年から5年の臨床試験を行った結果、
フィナステリド(プロペシア)の耐性は見られなかったという
話もあります。

 

以上の話から考えると、販売元や研究機関等からは
フィナステリド(プロペシア)の耐性は確認されていないので、
フィナステリド(プロペシア)を飲んで耐性がつくというのは
考えにくいのではないかと思います。

 

 

耐性はなかったけどフィナステリド(プロペシア)に不満だった

 

 

私もかつてはフィナステリド(プロペシア)を服用していました。

 

しかし、私はフィナステリド(プロペシア)に対して
色々と不満を持っていました。

 

フィナステリド(プロペシア)は健康保険が適応されず
全額自己負担であるため、金銭的負担が大きい薬です。

 

私が服用していたころは毎月1万円もかかりました。

 

私はフィナステリド(プロペシア)の耐性以前に
金銭的負担に対して不満を持っていたのです。

 

 

また、効果についても不満を持っていました。
フィナステリド(プロペシア)は、積極的に発毛するというよりも
AGAによる抜け毛を食い止めるというディフェンス的な
ニュアンスの強い薬です。

 

確かに、抜け毛は抑えられるのかもしれませんが、
発毛を促進するという感じではないので、
なかなか効果を実感しにくいというのが正直な感想です。

 

私は1年間フィナステリド(プロペシア)を続けて
合計12万円もかけましたが、得られた効果はせいぜい
現状維持程度でした。

 

私はフィナステリド(プロペシア)の効果に対しても
不満を持っていたのです。

 

効果に対する不満は、ミノタブ(ミノキシジル)を
追加することで解消することができました。

 

フィナステリド(プロペシア)とミノタブ(ミノキシジル)の
組み合わせはAGA治療最強の組み合わせといわれています。

 

フィナステリド(プロペシア)で抜け毛を食い止めている間に
ミノタブ(ミノキシジル)で発毛を促進するという
攻防一体の効果的な育毛が可能だからです。

 

私はこの2つの薬の服用でフサフサになることができました。

 

しかし、フサフサになったにもかかわらず
私はこれらの薬に不満を持つようになったのです。

 

 

AGA治療薬最大の欠点について

 

私はフィナステリド(プロペシア)とミノタブ(ミノキシジル)の
併用でフサフサになることができました。

 

しかし、私はこれらの薬に対して強い不満を持つように
なりました。

 

それはなぜか。
これらの薬にはある致命的な欠点があったからです。

 

 

それは・・・服用をやめると効果がなくなることです。

 

 

フィナステリド(プロペシア)もミノタブ(ミノキシジル)も
AGAに対して効果があり、これらを併用することで
フサフサになることは確かに可能です。

 

ただし、フサフサになったからといって
これらの薬を中止していいわけではありません。

 

これらの薬の効果があるのは服用している間だけです。
服用をやめれば効果がなくなり、再び薄毛が進行します。

 

つまり、髪を維持するために一生これらの薬を
飲み続けなければならないということなのです。

 

フサフサになったら、ミノタブ(ミノキシジル)をやめて
フィナステリド(プロペシア)だけ続けて髪を維持することも
可能です。

 

しかし、フィナステリド(プロペシア)を飲み続けなければ
いけないことに変わりはありません。

 

私はこのことに強い不満を覚えました。

 

 

ある方法でAGA治療薬に対する不満を解消できた

 

 

フィナステリド(プロペシア)に不満を持った私は
ほかにいい方法がないか探してみました。

 

するとある方法が見つかりました。

 

その方法にかかるコストはひと月当たり2千円以下でした。

 

しかも、副作用のリスクが一切なかったのです。

 

また、フィナステリド(プロペシア)のように
髪を維持するために一生お金をかけ続ける必要もない方法でした。

 

私はフィナステリド(プロペシア)やミノタブ(ミノキシジル)
など薬を一切やめてその方法に切り替えました。

 

すると、それらの薬を使わなくても髪が維持できるように
なったのです。

 

 

その方法とは・・・薬を使わない育毛法です。

 

 

フィナステリド(プロペシア)やミノタブ(ミノキシジル)などの
AGA治療薬の存在が目立っているためあまり知られていませんが、
生活習慣や体質の改善など薬に頼らずにAGAを克服することは
可能なのです。

 

薬を使わない育毛に取り組むことで
コストを大幅にカットできる、副作用のリスクを回避できる、
最終的には毎月育毛にお金がかからなくなるなど
多くのメリットを得ることができます。

 

是非、あなたにも薬を使わない育毛の
メリットについて知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりお金をかけずに育毛することを目的としていますが、
副作用のリスクがない安全な育毛を特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただいた方限定で
私が金銭的負担を大幅に減らして薬を使わず
AGAを克服できた方法についてお伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
低コストかつ安全な育毛法に興味を持っていただけたなら、
無料期間のうちにご登録を。

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ