フィンペシアですね毛が濃くなるかどうか詳しく解説


フィンペシアとすね毛

 

 

 

 

この写真は、私が実際にオオサカ堂という通販サイトで購入した
フィンペシアと私のすね毛の画像です。

 

私自身、フィンペシアを飲んでこのように
すね毛が濃くなったかというとそんなことはありません。

 

私のすね毛が濃いのは、私の元々の体質によるものであり、
フィンペシアの影響ではないのです。

 

従って、私の場合は、フィンペシアを飲んですね毛が濃くなった
という副作用が出ることはありませんでした。

 

 

しかし、画面の前のあなたは、
フィンペシアを服用してすね毛も含め
ムダ毛が増える副作用が出ないか心配なのではないかと
思います。

 

そこで、フィンペシアの服用経験のある私が
フィンペシアにすね毛が濃くなる副作用があるのかどうか
語っていきたいと思います。

 

 

フィンペシアについて

フィンペシアとは

フィンペシアとすね毛の関係について触れる前に、
まずはフィンペシアがどのような薬であるかということについて
見ていきましょう。

 

フィンペシアはAGA治療薬プロペシアのジェネリックで
プロペシアと同じくフィナステリドという成分を含んでいます。

 

AGA(男性型脱毛症)になると、男性ホルモンの一種テストステロンが
5αリダクターゼという還元酵素の影響を受けて
ジヒドロテストステロン(以下DHT)に変換されます。

 

このDHTによって抜け毛が引き起こされるのです。

 

プロペシアを服用すると、フィナステリドによって
DHTを抑制し抜け毛を抑えることができます。

 

プロペシアと同じくフィナステリドを含むフィンペシアに関しても
ほぼ同等の効果が得られます。

 

プロペシアは健康保険が適応されないため、
全額自己負担で支払わなければなりません。

 

私もかつて皮膚科にてAGAと診断され、
プロペシアを処方してもらっていましたが、
私が服用していた頃は、ひと月当たり1万円ほどかかりました。

 

今は安く購入できるクリニック等もあるようですが、
それでも、7,000~8,000円かかるようです。

 

 

一方、フィンペシアはプロペシアジェネリックであるため、
正規のプロペシアよりもずっと安く購入することが
可能です。

 

私が通販購入したオオサカ堂では、
約一ヶ月分に当たる30錠のもので2,047円で売られています。

 

プロペシアと比べると1/3~1/5程度の価格で購入できるので、
フィンペシアに切り替えることでコストを大幅にカットできます。

 

 

フィンペシアにすね毛が濃くなる副作用は含まれる?

 

いよいよ、フィンペシアの副作用について
迫ってまいりたいと思います。

 

フィンペシアはプロペシアと同様に
フィナステリドを含む医薬品であるため、
副作用についても、ほぼ同等のものであると
考えていいでしょう。

 

 

まず、オオサカ堂のフィンペシア販売ページにおいては
副作用として以下のものが挙げられています。

 

  • 性欲減退
  • 肝機能障害
  • 食欲不振、全身倦怠感、皮膚や粘膜の黄変

 

(https://osakadou.cool/detail/000074_finpecia.htmlより)

 

 

 

一方、プロペシアの副作用について
販売元のMSD社のプロペシアの添付文書にて
以下のものが挙げられています。

 

  • リビドー減退
  • 勃起機能不全
  • 射精障害
  • 精液量減少
  • 肝機能障害

 

など

 

(https://www.msdconnect.jp/static/mcijapan/images/pi_propecia_tab.pdf参照)

 

 

フィンペシアとプロペシアいずれにおいても、
男性機能に関するものや肝機能に関するものが
主に挙げられています。

 

この中に多毛症など毛深くなる副作用については、
挙げられていません。

 

臨床試験に基づいたデータであることを考えれば、
フィンペシアやプロペシアを飲んでも
すね毛が増えることはないということに
なるでしょう。

 

 

実際にフィンペシアを服用している人の意見

 

実際に、フィンペシアを服用している人の
ツイートを見かけたので、以下に引用します。

 

 

 

こちらの方のツイートでは、
髪も増えたけど腕毛も増えたという
記述がありますね。

 

そして、注目すべきはすね毛には影響なし

という記述です。

 

実際に服用している方がすね毛に影響がないと
言ってくれると安心感が持てますね。

 

 

フィンペシアで毛深くなる心配はないかもしれないけど

 

フィンペシアやプロペシアの説明文や
上のツイートから、フィンペシアを飲んでも
毛深くなる心配がないということについて
確認してきました。

 

 

しかし、上のツイートには気になることが書いてありましたね。

 

 

「髪ボーボーになりましたけど、
腕毛もボーボーになりましたw」

 

 

すね毛には影響がなかったけれど、
腕毛がボーボーになったとあります。

 

なぜ、ムダ毛が増える副作用がないはずのフィンペシアを飲んで
腕毛がボーボーになってしまったのでしょうか。

 

次に詳しく見ていきます。

 

 

フィンペシアとある薬を併用するとムダ毛がボーボーになる

薬の併用でムダ毛倍増

 

実は、フィンペシアとある薬を併用すると
ムダ毛が増える副作用が起こることがあります。

 

 

そのある薬とは、ミノキシジルタブレットです。

 

 

ミノタブという略称でよく知られるこの薬は、
プロペシアやフィンペシアと併用されることが
多い薬です。

 

フィンペシアは先ほども述べた通り、
DHTを抑制して抜け毛を抑制するための薬です。

 

 

一方で、ミノタブは発毛を促進させる効果があります。

 

ミノタブは元々血圧の薬として使用されていましたが、
服用者の中から、髪が増えた、体毛が増えたなどという
訴えがあったことがきっかけで後に育毛剤として
転用されるようになりました。

 

ミノタブを服用することで、血管を拡張して血流を改善し、
毛根に栄養をいきわたらせ発毛を促進させることが
できます。

 

 

つまり、フィンペシアとミノタブを併用することで、
フィンペシアで抜け毛を抑えつつ、
ミノタブで発毛を促進するという攻防一体の
効果的な育毛が可能になるのです。

 

これは、AGA治療最強の育毛法といわれており、
プロペシアやフィンペシア単体でAGA治療するよりも
ずっと回復は早いです。

 

 

しかし、このミノタブには困った副作用があります。
それは、多毛症(毛深くなること)です。

 

血流を改善して毛根に栄養をいきわたらせ、
髪の毛を増やすところまではいいのですが、
それと同時に体毛にも栄養をいきやすくしてしまいます。

 

その結果、髪の毛と同時にムダ毛も増えてしまうのです。

 

上でツイートした方が言っていたように、
髪もボーボー腕毛もボーボーになる
ということです。

 

髪の毛が増えるのはうれしいですが、
ムダ毛まで増えてしまっては困りますね・・・。

 

 

私自身の経験では

 

私自身は、プロペシアもフィンペシアもミノタブも
服用したことがあります。

 

プロペシアだけ飲んでいたころは、
毛深くなることはなかったけれども
金銭的負担が大きい割には回復速度が遅かったのが
不満でしたね。

 

1年間プロペシアを服用したのち、皮膚科に通院するのをやめて
フィンペシアとミノタブをオオサカ堂にて
購入しました。

 

プロペシアとは比較にならないくらい、
薄毛改善の速度が速かったですね。

 

しかし、プロペシア単体では副作用が出なかった私でも
ミノタブを併用することで上のツイートの方と同様、
腕毛が濃くなりました。

 

ムダ毛が濃くなるというデメリットはあったものの、
この二つの薬を併用することでフサフサになることができたので、
私は満足しました。

 

 

フィンペシアですね毛が増えることはない

 

フィンペシアやプロペシアの説明文、
実際に服用した方のツイートそして
私自身の経験から、

 

フィンペシアを服用してもすね毛は濃くならない

 

 

ということは理解いただけたかと思います。

 

フィンペシアだけ服用してもすね毛が濃くなることも
その他のムダ毛が濃くなることはありません。

 

しかし、フィンペシアには抜け毛を抑える効果はあっても
発毛を促進する効果は望めません。

 

薄毛を回復させる速度を速めたければ、ミノタブを併用するのが
妥当ということになるでしょう。

 

しかし、その場合はムダ毛が増えるデメリットを
受け入れなくてはなりません。

 

薬で育毛する場合は、フィンペシアだけで地道に育毛するか、
ミノタブを併用して回復を速めるかの二択になりそうですね。

 

 

フィンペシアとミノタブでフサフサになれた。しかし・・・

 

私自身、プロペシアでAGA治療を始めて不満を持ち、
その1年後にフィンペシアとミノタブに切り替え、
毛深くなったものの、フサフサになることができました。

 

しかし、私はフィンペシアとミノタブに強い不満を
持つようになりました。

 

それは、副作用で毛深くなったからでも、
オオサカ堂で購入したフィンペシアとミノタブのセットが
粗悪品だったからでもありません。

 

なぜ、私がフィンペシアやミノタブに不満を持つように
なったのか?

 

それは、こういった医薬品にはある致命的な欠点が
あるからです。

 

 

その欠点とは・・・服用を中止すると効果がなくなることです。

 

 

確かに、私はフィンペシアとミノタブの効果のおかげで
フサフサの髪を取り戻すことができました。

 

しかし、フサフサになったらフィンペシアやミノタブの服用を
やめていいわけではありません。

 

フィンペシアやミノタブは、服用している間は
確かに効果があります。

 

 

ただし、服用している間だけです。

 

 

フィンペシアやミノタブには
AGAを完治させる力はありません。

 

服用をやめれば効果がなくなり
再び薄毛が進行します。

 

 

つまり、髪を維持するために一生
フィンペシアやミノタブを飲み続けなければ
ならないということなのです。

 

プロペシアに比べてはるかに低コストで済むとはいえ、
私はこのことに強い不満を抱くようになりました。

 

 

毛深くなる心配がない安全で経済的な育毛を始めてみませんか?

 

フィンペシアやミノタブに対して強い不満を持った私は、
他に何かいい方法がないか探してみました。

 

するとある方法が見つかったのです。

 

その方法もプロペシアの1/5程度のコストで
できるものでした。

 

しかも、フィンペシアとミノタブと違って
副作用のリスクも全くありませんし、
髪を維持するために一生お金を払い続ける必要が
なかったのです。
(若干の初期費用は必要でした。
それでも、プロペシアの1/5程度でしたが)

 

フィンペシアやミノタブをやめることで
再び薄毛が進行することを恐れていましたが、
もうフィンペシアやミノタブに縛られるのはごめんだと思い、
思い切ってフィンペシアとミノタブを辞めてその方法に
切り替えました。

 

そして、その方法を実践した結果、
フィンペシアやミノタブを使用しなくても
髪が維持できるようになりました。

 

そればかりか、フィンペシアやミノタブを
使用していた頃よりもさらに髪がフサフサに
なったのです。

 

 

その方法とは・・・薬を使わない育毛法です。

 

 

プロペシアやフィンペシア、ミノタブなどの医薬品、
頭皮に塗布するタイプの育毛剤などの存在が目立っているため、
あまり知られていませんが、薬に頼らずにフサフサになることは
可能なのです。

 

副作用のリスクがないばかりか、コストを大幅に削って
AGAを克服できる夢のような育毛法がある。

 

そのことをあなたにも知っていただきたいのです。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

当メルマガにご登録いただければ、
私が薬を使わずにAGAを克服できた方法について
お伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
安全な低コスト育毛法について興味を持っていただけたなら、
以下のメルマガ登録フォームより今すぐご登録を!

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ