フィンペシアをオオサカ堂や楽天などで安く購入する方法を経験者が解説


 

 

プロペシアは健康保険が適応されないため
金銭的負担が大きいです。

 

 

そのため、AGAクリニックや皮膚科等で
毎月プロペシアを処方してもらうと
年間ベースでは結構な額になってしまいます。

 

 

フィンペシアに切り替えて金銭的負担を減らしたい。
購入先としては、オオサカ堂や楽天を考えている。

 

そんなあなたに、フィンペシア購入・服用経験者の私が
詳しく解説していきたいと思います。

 

 

目次

    1. フィンペシアでどれだけ金銭的負担を減らせるか(オオサカ堂を例に)
    2. フィンペシアが購入できる通販サイトについて
    3. フィンペシア購入先の通販サイトまとめ
    4. 年間ベースでフィンペシアをもっと安く購入する方法
    5. フィンペシアと組み合わせると最強の効果を発揮するあの薬について
    6. フィンペシアとミノタブのデメリット
    7. 実はフィンペシアやミノタブでは満足できなかった
    8. 不満を解消する最良の育毛法を発見!

 

 

 

フィンペシアでどれだけ金銭的負担を減らせるか(オオサカ堂を例に)

 

まず、プロペシアからフィンペシアに切り替えると
どれだけ金銭的負担が減らせるのか、
オオサカ堂を例に説明していきます。

 

 

薬の種類 購入先 値段(30錠当たり)
プロペシア 病院、AGAクリニックなど 8,000~12,000円(病院による)
フィンペシア 通販サイト(オオサカ堂など) ※2020円

 

 

※時期により前後する場合があります

 

 

1ヶ月に30錠服用するとして比較してみると、
半分どころか1/5くらいの価格で購入できてしまうことが
お判りいただけると思います。

 

これが年間ベースだとどうなるか
次に見ていきましょう

 

 

薬の種類 値段
プロペシア 96,000~120,000円(病院による)
フィンペシア 24,240円(時期よって変動する場合があります)

 

 

 

年単位で見ると、圧倒的なコストの違いがあることが
うかがえますね。

 

フィンペシアに切り替えて浮いた金で
趣味など色々なことに使えてしまえそうです。

 

 

フィンペシアが購入できる通販サイトについて

 

 

フィンペシアは日本国内では未認可の医薬品であるため、
AGAクリニックや皮膚科等で処方してもらうことはできません。

 

そのため、フィンペシアを入手する際には
個人輸入代行業者を通じて購入する必要があります。

 

これから、フィンペシアが購入できる通販サイトについて
見ていきます。

 

 

フィンペシアの通販サイト①:オオサカ堂

 

 

ロイユニオンという会社が運営している通販サイトで
所在地は香港です。

 

 

1997年から運営されていて通販サイトとしては
老舗のサイトです。

 

 

支払い方法は、銀行振り込みとクレジットカード決済に
対応しています。

 

 

送料及び代行手数料は全国一律で無料です。
(銀行の振込手数料購入者負担。また、稀に商品や
各運送業者によって輸入時に関税や消費税がかかる
場合があるが、その場合も購入者負担)

 

 

注文方法はインターネットまたはFAXです。

 

 

また、電話でのお問い合わせについては
日本語に対応していますので、この点についても
安心できるのではないかと思います。

 

 

フィンペシアはシンガポール発送の正規品で
専門機関で成分鑑定を受けているものなので
安心して服用することができるのではないかと
思います。

 

 

楽天について

 

残念ながら、楽天ではフィンペシアの取り扱いがないようです。
その代わりに、フィンペシアが購入できる通販サイトをいくつか
ご紹介します。

 

 

フィンペシアの通販サイト②:アイドラッグストアー

 

 

1997年に設立された老舗の通販サイトです。

 

 

運営元はオズ・インターナショナルという会社で
個人輸入系通販サイトでは珍しく所在地は日本国内にあります。
東京都中央区日本橋です。

 

国内に会社があるというのは
安心感が持てますね。

 

 

支払い方法は、銀行振り込み、郵便振替、クレジットカード決済、
コンビニ決済、商品代引き、後払いに対応しているようです。

 

 

送料は1,200円未満で380円、1,200円以上で無料になるそうです。
手数料及び消費税は商品表示価格に含まれているようです。

 

 

フィンペシアは1ヶ月分でも1,200円以上はかかるので
送料は実質無料と考えてよさそうですね。

 

 

お問い合わせには電話とメールで対応しているようです。

 

 

安全性についても、オオサカ堂と同様
専門機関で成分鑑定を受けているので
問題はないかと思います。

 

 

フィンペシアの値段に関しては30錠1箱で
1,580円です。

 

 

単純に値段で言えば、オオサカ堂より安いので
値段だけで選ぶ場合は、アイドラッグストアーで
購入するということになるでしょうか。
オオサカ堂でも十分安いと思いますが。

 

 

フィンペシアの通販サイト③:薬の通販オンライン

 

 

Internet Partner Serviceという会社が運営している
通販サイトで所在地は香港です。

 

 

サイトの設立は2014年だそうです。

 

 

注文方法はEメールまたはインターネット注文です。

 

 

支払い方法は銀行振り込みまたはコンビニ決済です。
クレジットカード決済には対応していないようです。

 

 

送料は、購入金額が7,000円未満の場合は700円かかり、
7,000円以上購入すれば送料無料となるようです。

 

 

代行手数料については特に記述がありませんが、
関税等は税関から求められた場合は購入者負担になるそうです。

 

 

お問い合わせについてはメール対応のみのようです。

 

 

成分鑑定については行われていないようなので
安全面で少し不安な気がします。

 

 

フィンペシアに関しては、30錠入りのものがなく
150錠入りからの購入になります。

 

 

一番安い150錠入りのフィンペシアで6,980円です。
7,000円未満なので送料を含めると7,680円になると
いうことになるでしょう。

 

 

1ヶ月30錠飲むとすると150錠で5ヶ月分程度の
分量ですね。

 

そうすると、1ヶ月当たりの価格は1,300円弱
くらいになるので、まあ悪くないと思います。

 

 

フィンペシアの通販サイト④:ベストケンコー

 

 

Bushido Enterprisesという会社が運営している
通販サイトで所在地はイギリス領ヴァージン諸島です。

 

 

サイト自体は2009年に設立されたそうです。

 

 

注文方法はオンライン注文のみのようです。

 

 

支払い方法は銀行振り込みとクレジットカード決済に
対応しています。

 

 

お問い合わせはメールのみのようです。

 

 

成分鑑定については、フィンペシアの販売ページに
見当たらなかったのでおそらく行われていないものと
思われます。

 

 

フィンペシアについては、1箱100錠入りのものしか売ってない
ようですが、こちらは1箱につき4,180円です。

 

 

分量にして3ヶ月プラス8~10日くらいなので、
1月当たりの価格はだいたい1,300円かそれ未満です。

 

 

フィンペシア購入先の通販サイトまとめ

 

これまで見てきたフィンペシアが購入できる
各通販サイトの特徴を以下にまとめます。

 

 

通販サイト名 オオサカ堂 アイドラッグストアー 薬の通販オンライン ベストケンコー
運営会社 ロイユニオン オズ・インターナショナル Internet Partner Service Bushido Enterprises
所在地 香港 東京都中央区 香港 英領ヴァージン諸島
設立年 1997年 1997年 2014年 2009
注文方法 インターネット/FAX インターネットのみ メール/インターネット インターネットのみ
決済方法 銀行振り込み/クレジットカード 銀行振り込み/郵便振替/クレジットカード/コンビニ決済/商品代引き/後払い 銀行振り込み/コンビニ決済 銀行振り込み/クレジットカード
お問い合わせ方法 電話、お問い合わせフォーム 電話/メール メールのみ メールのみ
成分鑑定 あり あり なし なし
フィンペシアの価格

(1ヶ月)

2,020円 1,580円 約1,300円弱 約1,300円
送料 無料 1,200円以上購入で無料。それ未満は送料380円 7,000円以上購入で送料無料。それ未満は送料700円 無料

 

 

 

年間ベースでフィンペシアをもっと安く購入する方法

 

普通に購入しても十分安いフィンペシアですが、
年間ベースでこれよりもさらに安く購入する方法があります。

 

 

具体的な方法については、オオサカ堂を例に説明していきます。

 

 

オオサカ堂では、30錠入りのフィンペシアよりも
100錠入りのフィンペシアのほうが割安になります。

 

 

例えば、100錠入りを3個購入すると300錠、
30錠入りを2個購入すると60錠。

 

 

合計360錠で約1年分になります。
(1年は365日で計算上は5錠足りませんが、
あくまで概算ですのでその点は
ご容赦ください)

 

 

100錠1箱につき5,089円、30錠1箱につき2,020円なので、
100錠を3箱、30錠を2箱購入すると、

 

 

という計算になり、年間ベースでの金額は19,307円に
なります。

 

 

さらに、オオサカ堂には割引システムがありまして、
2箱以上買うと1箱買うごとに$2.00(\220)割引してもらえます。
(購入時点での為替レートで割引額が変動する可能性があります)

 

 

上記の例だと、合計5箱で2箱目以降から割引の対象となり、
4箱分が割引の対象となるので割引額は日本円で

 

 

220x4=880円

 

 

となります。

 

 

先ほどの約1年分のフィンペシアの料金から
割引額を差し引くと

 

 

19307-880=18427

 

 

となり、年間18,427円のコストで
フィンペシアを購入できる計算になります。

 

 

これをプロペシアと比較してみましょう。

 

 

プロペシアの1ヶ月当たりの価格を10,000円とすると、
年間ベースで12万円かかる計算になります。

 

 

もし、プロペシアからフィンペシアに切り替えたら、

 

 

120,000円-18,427円=101,573円

 

 

という計算になり、101,573円もコストダウンできることに
なります。

 

 

年単位になると本当にバカにならない金額に
なってしまいますね。

 

 

私もAGAと診断されたときは1年間
バカ正直に毎月皮膚科で処方されたプロペシアを
服用していました。

 

 

そのおかげで、年間12万円もAGA治療にかかってしまいました。

 

 

診断されてから即フィンペシアに切り替えていれば
こういった損失は防げたのですが。

 

 

フィンペシアと組み合わせると最強の効果を発揮するあの薬について

フィンペシアと併用する薬

 

 

ここまでの話でプロペシアからフィンペシアに切り替えれば
圧倒的なコストダウンが見込めることがおわかりいただけたかと
思います。

 

 

 

しかし、フィンペシアだけでは満足できない可能性が
あるのです。

 

 

なぜなら、個人差はあるものの、フィンペシアだけでは
満足な効果を得られないことが多いからです。

 

 

プロペシアやフィンペシアの主成分はフィナステリドという
成分です。

 

 

AGAを発症すると、男性ホルモンの一種であるテストステロンが
5αリダクターゼという還元酵素の影響を受けて
ジヒドロテストステロン(以下DHT)に変換されます。

 

 

このDHTによって髪が抜けていくのです。

 

 

フィナステリドはこのDHTを抑制することによって
AGAによる抜け毛を抑える効果があります。

 

 

フィナステリドを含むプロペシアやフィンペシアを
服用し続けることによって、確かに抜け毛を防ぐことはできます。

 

 

しかし、フィナステリドには抜け毛を防ぐ効果はあっても
発毛を促進する効果はありません。

 

 

プロペシアやフィンペシアのみの治療では
抜け毛を防いで髪の毛が太くなるのをじっくり待つという
スタンスなので、回復が遅いのです。

 

 

実際に、私もプロペシアを1年間服用して12万円もかけたのに
得られた効果はせいぜい現状維持程度でした。

 

 

フィンペシアに切り替えることで上で見てきたように
10万円以上コストダウンすることは可能です。

 

 

しかし、フィンペシアがプロペシアとほぼ同じ効果である以上、
たとえコストダウンできても回復は遅いままです。

 

 

そこで、フィンペシアと組み合わせると最強の効果を発揮する
薬をご紹介したいと思います。

 

 

 

それはミノキシジルタブレットです。

 

 

これは元々降圧剤として使用されていた薬ですが、
服用していた患者から髪が生えてきたとか
体毛が増えたなどという訴えがあったことがきっかけで
育毛剤に転用されるようになりました。

 

 

このミノキシジルタブレットは通称ミノタブと呼ばれ、
ミノタブを服用することによって、血流が改善し
毛髪に必要な栄養を届け発毛を促進することが
可能になります。

 

 

フィンペシアとミノタブを併用することによって、
フィンペシアでAGAによる抜け毛を防ぎつつミノタブで
発毛を促進するという攻防一体の効果的な育毛が
可能になるのです。

 

 

私もプロペシアをやめてフィンペシアとミノタブの併用を始めたら、
コストを大幅にカットできた上に効果的に育毛することができました。

 

 

1年経ってもプロペシアで満足な効果を得られなかったのが、
フィンペシアとミノタブを併用して2ヶ月くらいで
髪が太くなるのを感じました。

 

 

そして半年もかからないうちにフサフサになれました。

 

 

では、実際にフィンペシアとミノタブのセットだと
どのくらいかかるのか見ていきましょう。

 

 

通販サイト フィンペシアとミノタブのセット料金 年間にかかる費用
オオサカ堂 5,336円 約19,500円 注2)
アイドラッグストアー 5,760円 注1) 21,000円

 

注1)アイドラッグストアーでは、フィンペシアとミノタブのセットが
なかったのでフィンペシアとミノタブそれぞれの金額を合算
しました。(2,780円+2,980円)

 

 

注2)オオサカ堂とアイドラッグストアーいずれもフィンペシアと
ミノタブは100錠ずつの販売となっているので、
100錠x3の料金+65錠x1錠あたりの金額で計算して
独自に概算を算出しております。
100錠ずつの購入になるため、実際には
1年分よりも金額がかかってしまうことを
ご了承ください。

 

 

注3)上記以外の通販サイトについては、
ミノキシジルタブレットの販売ページが見当たらなかったため
省略しました。

 

 

フィンペシアとミノタブのセットを購入すると、
年間で2万円前後のコストになるということが
上の表をご覧いただければわかると思います。

 

 

大体、プロペシアの2ヶ月分のコストで
フィンペシアとミノタブのセットを1年間続けられるという
計算になるでしょうか。

 

 

1年で12万円もかけても大して効果が得られないプロペシア。
それに対し、年間2万円程度のコストで最強の効果が得られる
フィンペシアとミノタブのセット

 

 

どちらがコスパがいいか一目瞭然ですね。

 

 

フィンペシアとミノタブのデメリット

 

 

 

コスパ最強のフィンペシアとミノタブのセットですが、
どんなものにもデメリットはあるものです。

 

 

それでは、フィンペシアとミノタブのセットには
どのようなデメリットがあるか見ていきましょう。

 

 

デメリット①:自己責任

 

プロペシアは病院で処方してもらうので、
副作用等で問題が生じた場合救済を受けることができます。

 

 

具体的には、医薬品副作用被害救済制度です。

 

この制度の内容については以下の文章を引用しておきます。

 

医薬品は正しく使っていても、副作用の発生を防げない場合があります。
そこで、医薬品(病院・診療所で処方されたものの他、
薬局等で購入したものも含みます)を適正に使用したにもかかわらず、
その副作用により入院治療が必要になるほど重篤な健康被害が生じた場合に、
医療費や年金などの給付を行う公的な制度が、
「医薬品副作用被害救済制度」です。暮らしに欠かせないお薬だから、
いざというときのために、一般の方も、医療関係者の方にも、
ぜひ知っておいてほしい制度です。

 

(http://www.pmda.go.jp/kenkouhigai_camp/general01.htmlより引用)

 

 

上記の引用文で触れられているように、病院等で適正に
使用したにもかかわらず、副作用により重篤な健康被害を
受けた場合は、公的な支援を受けられるというのが
医薬品副作用被害救済制度です。

 

 

皮膚科やAGAクリニック等で処方してもらったプロペシアで
健康被害を受けた場合、この制度を利用できる可能性があります。

 

 

しかし、個人輸入で購入したフィンペシアやミノタブは
そうはいきません。

 

 

フィンペシアやミノタブを個人輸入で購入した場合は
副作用を含め自己責任となります。

 

 

オオサカ堂やアイドラッグストアーでは正規品を扱っており、
成分鑑定までされているので、安全面でしっかりしていると
思いますが、何かの手違いで粗悪品が紛れ込む可能性が
絶対にないとはいいきれないということもあると思います。

 

 

もし、自分の体質にフィンペシアやミノタブが合わなかったとしても、
もし、運悪く粗悪品を購入してしまって健康被害を受けてしまったとしても、

 

 

 

 

公的な救済は一切受けられません。

 

 

 

 

圧倒的なコスパと引き換えにこういったリスクがあることは
把握しておく必要があると思います。

 

 

デメリット②:副作用が出る可能性

これは個人輸入で購入したフィンペシアやミノタブに
限ったことではありませんが、薬である以上
副作用のリスクはあります。

 

 

もちろん、服用者全員に出るわけではないし、
出ない割合のほうが多いとは思いますが、
プロペシアで副作用が出なかったのが、
ジェネリックであるフィンペシアは自分の体質に合わず
副作用が出てしまったなどということが起こらないとは
言い切れません。

 

 

こればかりは個人の体質によるところが大きいので、
どうにもなりません。

 

 

では、フィンペシアとミノタブには
具体的にどのような副作用があるのか
見ていきましょう。

 

 

フィンペシアの副作用

 

フィンペシアには以下のような副作用が
あると考えられています。

 

 

  • ED(勃起不全)
  • 射精障害
  • 肝機能障害など

 

 

フィンペシアに含まれているフィナステリドは、
男性ホルモンを抑制するものなので、
抜け毛の原因であるDHTを抑える代わりに
上記のような男性機能の低下を引き起こすリスクがあると
考えられています。

 

 

しかし、こういった副作用が出る割合は少なく、
あくまで体質によります。

 

 

ミノタブの副作用

 

一方、ミノタブには以下のような副作用があります。

 

 

  • 多毛症(毛深くなること)
  • 血圧が下がりすぎる
  • むくみ
  • めまいや動悸等

 

 

ミノタブは血流を改善して毛髪に栄養を届けやすくなる
作用があります。

 

 

その作用のせいで体毛も濃くなりやすくなってしまうのです。

 

 

実は、プロペシアやフィンペシアで副作用が出なかった私にも
この副作用が出ました。

 

 

この毛深くなる副作用は出やすいなという印象を受けました。
それでも、ハゲるよりはましだと思いましたが。

 

 

元々降圧剤だったということもあり、副作用が原因で
血圧が下がりすぎる可能性もあるようなので
血圧が低い人は注意が必要です。

 

 

実はフィンペシアやミノタブでは満足できなかった

 

これまでフィンペシアとミノタブのコスパについてみてきました。

 

 

私はフィンペシアとミノタブの併用でフサフサの髪を
手に入れることができました。

 

 

しかし、私はこれらの薬に対して強い不満を
持つようになりました。

 

 

それはなぜでしょうか?

 

 

副作用が出たから?

 

 

重篤な健康被害を受けたのに
公的な救済が受けられなかったから?

 

 

そうではありません。

 

 

確かに、ミノタブで毛深くなる副作用は出ましたが、
これはフサフサになるための代償と考えていたので
大して不満を持っていませんでした。

 

 

では、なぜフィンペシアやミノタブに不満を持ったのでしょうか。

 

 

それは、これらの薬にはある致命的な欠点があったからです。

 

 

それは、服用を中止すると効果がなくなることです。

 

 

フィンペシアとミノタブを併用すればAGA治療最強の
効果と謳われるほどの効果を得ることができ
確かにフサフサになれます。

 

 

しかし、これらの薬ではAGAを完治させることは
できません。

 

 

服用をやめれば効果がなくなり、再び薄毛が進行します。

 

 

つまり、髪を維持するために一生これらの薬を
飲み続けなければならないということなのです。

 

 

私はこのことに強い不満を感じるようになりました。

 

 

不満を解消する最良の育毛法を発見!

 

フィンペシアとミノタブに強い不満を感じた私は、
不満を解消すべく、別の方法を探しました。

 

 

すると、ある方法が見つかったのです。

 

 

その方法もまた低コストでできるもので
年間ベースでプロペシアの1/5程度のコストで
できる内容でした。

 

 

しかも、副作用のリスクが一切なかったのです。

 

 

もちろん、髪を維持するために一生薬を飲み続ける必要も
ありませんでした。

 

 

フィンペシアとミノタブに強い不満を感じた私は、
その方法に切り替えました。

 

 

フィンペシアをやめることでまた抜け毛が増え始めるのではないか。

 

 

そんな不安がありましたが、思い切ってフィンペシアもミノタブも
やめました。

 

 

すると、これらの薬がなくても抜け毛が増えることなく
むしろさらにフサフサになりました。

 

 

 

その方法とは、薬を使わない育毛法です。

 

 

 

育毛といえば、プロペシア、フィンペシア、ミノタブなどの医薬品、
リアップ系の塗るタイプの育毛剤、育毛シャンプー等の存在が
目立っているため、あまり知られていませんが、
薬を使わずにAGAを克服することは可能なのです。

 

 

薬を使わず、副作用もなく、一生薬を飲み続ける必要もなく、
安く安全に快適にAGAを克服できる育毛法がある。

 

 

あなたにも是非そのことを知っていただきたいのです。

 

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は低コスト育毛倶楽部です。

 

 

当メルマガにご登録いただければ、私が薬を使わずに
AGAを克服できた方法についてお伝えいたします。

 

 

今なら無料で登録できます。
フィンペシアとミノタブのセットをしのぐ
安く安全な育毛法に興味を持っていただけたのなら、
以下のメルマガ登録フォームより
今すぐご登録を!

 

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ