フィンペシアの発送元はシンガポールが安全なのか


 

フィンペシアはプロペシアのジェネリックであり、
プロペシアよりもずっと安く購入することができます。

 

しかし、フィンペシアは日本では未認可であるため、
皮膚科等で処方してもらうことができません。

 

そのため、フィンペシアを購入するには、
個人輸入代行業者が運営している
通販サイトを利用する必要があります。

 

 

発送元はシンガポールのものが多いが、
実際に購入していいかどうか不安。

 

そんな気持ちであなたはこのブログを
訪れたのかもしれません。

 

私自身もシンガポール発送のフィンペシアを
初めて購入したとき、色々不安でした。

 

 

そこで、私自身の経験を踏まえ、
フィンペシアはシンガポール発送のもので
大丈夫なのかという点を踏まえ、
フィンペシアを個人輸入して育毛していくことの
是非について語っていきたいと思います。

 

 

フィンペシアの製造元はインドにあるシプラ社

 

まずはフィンペシアという薬について
いくつか確認していきたいと思います。

 

製造元はシプラ社というところで、
インドのマハーラーシュトラ州ムンバイに本社があります。

 

1935年に創業し、現在の従業員数は25,000人以上。
売上高は23億6千万アメリカドル、日本円にして
およそ259億円です。

 

 

かなりの大企業ですね・・・。

 

 

取り扱う薬の種類は、婦人系の病気、マラリア、HIV、心筋梗塞、感染症、
高血圧、脂質異常症、糖尿病、B型肝炎、など多岐にわたります。

 

もちろん、フィンペシアをはじめとするAGA治療薬も
取り扱っています。

 

インド国内はもとより、アジアや欧米など様々な国に
薬を輸出しています。

 

 

フィンペシアの効果は?

フィンペシアの効果はプロペシアと同じ

 

 

フィンペシアは、プロペシアのジェネリックで
主成分はプロペシアと同じくフィナステリドです。

 

AGAを発症すると、男性ホルモンの一種であるテストステロンが
5αリダクターゼという還元酵素の影響を受けて
ジヒドロテストステロン(以下DHT)に変換されます。
このDHTによって、抜け毛が引き起こされて
薄毛が進行します。

 

フィナステリドを含む治療薬を服用することによって、
還元酵素を抑制しテストステロンがDHTになるのを防ぎ、
AGAによる抜け毛を抑えることができます。

 

従って、プロペシアと同じフィナステリドを含有する
フィンペシアを服用することでほぼ同等の効果が得られると
考えることができます。

 

 

フィンペシアの副作用について

 

 

フィンペシアの副作用として主に以下のものが
挙げられます。

 

 

  • ED(勃起不全)
  • 射精障害
  • リビドー減退
  • 肝機能障害

 

 

 

男性ホルモンを抑制する薬というだけあって、
男性機能に関する副作用がよく挙げられます。

 

ただし、これらの副作用が出る割合は
1~5%未満です。

 

服用者の90%以上の人にはこういった副作用が
出ません。

 

ただし、以前病院で処方してもらったプロペシアを服用して
上記のような副作用が出た場合は要注意です。

 

 

フィンペシアの通販サイトについて

通販

 

先ほども述べたように、フィンペシアは国内の病院等で
処方してもらえないので、購入する場合は通販サイトを利用する
必要があります。

 

以下にフィンペシアを販売している通販サイトを
いくつか紹介します。

 

 

オオサカ堂

 

ロイユニオンという会社が運営している通販サイトです。
本社は香港。1997年設立の老舗通販サイトです。

 

シンガポール発送で成分鑑定書も販売ページに
掲載されているので安心できます。

 

また、オオサカ堂で販売している
フィンペシアはキノリンイエローフリーといって
キノリンイエローという発がん物質が含まれていない
タイプのものです。

 

 

さらにオオサカ堂は、フィンペシアの販売ページで
以下の注意喚起をしています。

 

 

・インドから直送されるフィンペシアは、
キノリンイエロー入りの製品が多いので注意すること

 

 

・インド直送のキノリンイエローを含まない新タイプのフィンペシアを
取り扱っている他社サイトがあるかもしれないが、
横流し品などの場合があるので注意すること

 

 

・タイではフィンペシアは認可されていない。
業者が所有していると薬事法違反で処罰される。
タイ発送のフィンペシアには注意すること。

 

 

やはり、インド直送やタイからの発送だと、
色々と問題がありそうですね。

 

その点、オオサカ堂はこういった事情を説明してくれているし、
フィンペシアもシンガポール発送なので安心感が
持てますね。

 

 

アイドラッグストアー

オズ・インターナショナルという会社が運営している
通販サイトです。

 

オオサカ堂と同じく、1997年に設立されています。
また、オオサカ堂とは違い、この会社の所在地は
東京都中央区です。

 

国内にある会社が運営している通販サイトというのは
安心感がありますね。

 

フィンペシアの販売ページを見ると、
オオサカ堂と同様、成分鑑定がしっかりされているのがわかります。

 

もちろん、キノリンイエローも含まれていません。

 

 

ここまで見れば、アイドラッグストアーは
信頼できる通販サイトに見えます。

 

ただ一点気になるのは、製造元はインドと明記されているのに、
発送元は海外発送とだけ記述があり、具体的な発送元の
国が明記されていません。

 

 

何か明記できない事情でもあるのでしょうか。

 

 

アイドラッグマート

 

1999年に設立された通販サイトで、
運営歴としてはまあまあ長いのではないかと思います。

 

ただ、会社情報のページを見ると、
所在地にバンコク(Bangkok)という記載があります。

 

バンコクといえば、タイの首都ですね。
所在地にはタイ(Thailand)という記載がありません。

 

 

見なかったことにしておいたほうがいいのでしょうか・・・。

 

 

フィンペシアの販売ページに関しては、
成分鑑定書の画像もあり、シンガポール発送と
明記されています。

 

 

販売ページだけ見れば信用できそうな気もしますが・・・。

 

 

私自身のフィンペシア購入体験談

 

 

私自身もかつてはフィンペシアを服用していました。
フィンペシアを購入したきっかけは
ズバリ、プロペシアによる経済的負担でした。

 

私は29歳の時にAGAと診断され、それから1年間
プロペシアを服用していましたが、
私が服用していた頃は毎月1万円もかかっていたため、
1年間で合計12万円もの大金をプロペシアに
つぎ込んでいました。

 

金銭的負担に耐えかねて、フィンペシアを購入するに至ったのです。

 

 

私が購入先として利用していたのはオオサカ堂でした。

 

 

フィンペシアの購入自体は不安でしたが、
フィンペシアの販売ページで成分鑑定書が確認でき、
キノリンイエローフリーでシンガポール発送だったのは
安心できました。

 

シンガポールからフィンペシアが届いて
手持ちのプロペシアを飲みきったら、
私はフィンペシアに切り替えました。

 

フィンペシアに切り替えたからと言って、
新たに初期脱毛が生じたということもなく、
フィナステリド含有の薬特有の
副作用が出ることもありませんでした。

 

 

プロペシアの効果をそのまま引き継いだ
という感じでしたね。

 

副作用も特になく、金銭的負担を大幅に減らせて
プロペシアと同じ効果を得られたことに
私は満足しました。

 

 

ただ、副作用に関しては個人差がありますので、
私が副作用が出なかったからと言って、
万人に副作用が出ないとは限らないということは
ここで付け加えさせていただきます。

 

 

また、シンガポール発送のフィンペシアを服用して
副作用で男性機能に問題が発生した旨ツイートした方の
ツイートを見つけたので、以下に載せておきます。

 

 

こちらの方のように副作用が出る場合もあるので、
注意が必要です。

 

 

結論:フィンペシアの発送元はシンガポールが安心できる

シンガポールのマーライオン

 

これまで、フィンペシアの発送元についてみてきましたが、
私自身の経験も踏まえ、

 

フィンペシアの発送元はシンガポールのものが安心
であると考えていいと思います。

 

私自身、シンガポール発送のフィンペシアを服用して、
皮膚科で処方されたプロペシアとほぼ同じ効果を
得ることができたわけですし、シンガポール発送のものを
選んでおけば、偽物を買わされるリスクは避けられるのではないかと
思います。

 

 

フィンペシアにはいい面がある。しかし・・・

フィンペシアの問題点

 

 

プロペシアからフィンペシアに切り替えたことにより、
プロペシアとほぼ同じ効果を得ながら、
金銭的負担を大幅に減らすことができました。

 

しかし、私は次第にフィンペシアに強い不満を持つように
なったのです。

 

それはなぜか?
フィンペシアには、いえプロペシアも含め
AGA医薬品にはある致命的な欠点があったからです。

 

 

その致命的な欠点とは、服用をやめると効果がなくなることです。

 

 

フィンペシアもプロペシアもフィナステリドを含有しており、
確かに服用している間は、DHTを抑制して
抜け毛を防いでくれます。

 

ただし、服用している間だけです。
服用を中止すれば効果がなくなり、
再び薄毛が進行します。

 

つまり、髪を維持するために一生こういった
AGA医薬品を服用し続けなければならないのです。

 

いくらフィンペシアでコストを大幅にカットできたとしても、
一生フィンペシアを飲み続けるのはさすがにわずらわしいと
感じるようになりました。

 

 

フィンペシアを超えるコスパ最強の育毛法とは!?

コスパ最強

 

 

フィンペシアに対して強い不満を持った私は、
不満を解消するべく、ほかの方法を探しました。

 

 

するとある方法が見つかったのです。

 

 

その方法もまた、フィンペシアと同じくらい、
最終的にはフィンペシアよりもコスパのいい方法でした。

 

しかも、フィンペシアなどと違い副作用のリスクが
一切なかったのです。

 

もちろん、薬を一生飲み続ける必要もなくなりました。

 

私はフィンペシアをやめてその方法に切り替えました。

 

しばらくその方法を続けていたら、
フィンペシアなしでも髪が維持できるようになりました。

 

今では、髪を維持するためにフィンペシアなど
薬を使って毎月育毛のためにお金を使うということも
なくなりました。

 

 

その方法とは、薬を使わない育毛法です。

 

 

育毛といえば、プロペシアなどAGA医薬品が開発されたり、
育毛剤が色々売られているせいで、
そういったAGA医薬品や育毛剤ばかりが目立っています。

 

そのためあまり知られていないのですが、
薬を使わずにAGAを克服することは可能なのです。

 

 

副作用の恐怖に一切おびえる必要がなく、
最終的には毎月育毛にお金をかけることもなくなる
夢のような育毛法がある。

 

そのことを是非このブログに来てくれたあなたにも
知っていただきたいのです。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

当メルマガでは、私がオオサカ堂で購入した
フィンペシアなどの話も踏まえ、
私がどのようにしてAGAを克服できたのか
明かしています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
私が薬なしでAGAを克服できた方法について
お伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
副作用のリスクが一切なく、髪を維持するために
一生薬を飲み続けなくてもいいコスパ最強の
育毛法に興味を持っていただけたのなら、
以下のメルマガ登録フォームより
今すぐご登録を!

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ