薄毛になった現実を受け入れる勇気


courage

 

あなたは、AGAの疑いが出てきたときに、
医者に行くのが気恥ずかしくなるタイプですか。
それとも、そういうのを気にしないタイプですか。

 

 

私は・・・後者のタイプです。私は、AGAの
疑いが出た時に何の恥ずかしさもなくためらいもなく
真っ先に医者に向かいました。

 

 

20代~30代の若い世代で薄毛になってしまうと
薄毛で悩んでいるというのを誰かに相談すること
自体気恥ずかしいと感じる人も多いようですね。

 

 

また他人の目、とりわけ女性から薄毛について
どう思われるか気になっている人も多いように
見受けられます。

 

 

おそらく、ハゲる怖さよりも人に話す恥ずかしさのほうが強い人と
私のように恥ずかしさよりもハゲる恐怖のほうが大きい人に
分かれるのでしょう。

 

いずれにしても、薄毛を何とかしたいと考えている
点は共通していると思います。

 

 

そこで、もしあなたが医者など誰かに相談するのが
恥ずかしいと考えているならば、お伝えしたいことが
あります。

 

まず、恥ずかしがる必要はありません。ハゲる年齢層と
しては一般的ではない20代にAGAを発症してしまうと、
それ自体屈辱で恥ずかしいと感じるかもしれません。

 

 

しかし、実際に20代で薄毛で悩む人はいます。以前の
私がそうでした。

 

 

また、中には高校生で薄毛に悩む人もいます。

 

一般的にハゲる年齢として40代からというイメージを
持っている人は多いと思いますが、若くして薄毛に
悩む人はあなただけではないのです。

 

AGAは克服することが可能です。ですので、
AGAになったからといって、恐れる必要も
恥ずかしがる必要もないのです。

 

また、自分の髪が薄くなっていることにうすうす気づいている
ものの、見て見ぬふりをして自分は薄くないと現実逃避する人も
いるように思います。

 

もしあなたも、自分の薄毛にうすうす気が付いていて、
それを見て見ぬふりをしているのならば、勇気をもって
現実を直視してください。

 

それは、薄毛を克服するために必要なことなのです。
自分が薄毛であることを恥ずかしがったり、その事実から
目を背けても、薄毛は解消できません。

 

薄毛の現実を受け入れることは、薄毛が治らないことを
受け入れるという意味ではありません。

 

薄毛であることを自覚することで初めの一歩を
踏み出すことができます。

 

最初は何もわからない状態で不安だらけだと思います。
私もそうでした。

 

育毛のことなど何もわからず、誰も教えてくれなかったので、
本当に不安だらけでした。

 

しかし、そんな私も、最終的にはAGAを克服することが
できました。

 

私がAGAを克服できた理由、それは自分が薄毛だったことを
素直に受け入れたからだと思います。

 

もし、AGAを発症したころ、自分は薄くない、まだ大丈夫など
薄毛の事実から目をそらしていたら、今頃はさみしい頭に
なっていたかもしれません。

 

自分が薄毛である事実を受け入れることは、薄毛克服の第一歩です。
あなたも勇気を出して第一歩を踏み出してください。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ