フロジン外用液についてAGAを克服した私が考えてみる


 

 

フロジン外用液とは?

 

フロジン外用液は、塩化カルプロニウムを含む
緑色の液状の外用薬です。

 

塗ったところの血管を局所的に拡張する効果があり、
主に、円形脱毛症の治療に用いられるそうです。

 

また、プロペシア(フィナステリド)やミノキシジルなど
全額自己負担の薬とは違い、フロジン外用液は健康保険が
適応されますので、金銭的負担が少なくて済むようです。

 

 

フロジン外用液はAGAに効果がある?

 

 

主に円形脱毛症向けに用いられるフロジン外用液ですが、
AGA(男性型脱毛症)に効果があるという話がありますが、
果たして本当なのでしょうか。

 

日本皮膚科学会のガイドラインによると、
フロジン外用液に含まれている塩化カルプロニウムの推奨度は
C1でした。

 

このC1は「行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない。」
という意味だそうです。

 

フロジン外用液はAGAに効果があるのかもしれませんが、
はっきりとした根拠がないので、効くか効かないかは
個人によって変わってくるのかもしれません。

 

 

フロジン外用液の副作用は?

 

フロジン外用液を使用した人全員に出るわけではありませんが、
薬である以上、副作用のリスクがあるようです。

 

フロジン外用液の副作用として、かゆみ、かぶれ、発汗、ほてりなどが
挙げられます。

 

また、まれに吐き気や嘔吐などの症状があらわれることが
あるそうです。

 

その場合は、すぐに使用を中止しましょう。

 

 

AGAを克服した私からするとフロジン外用液は・・・

 

今回は、フロジン外用液についてお話ししましたが、
AGAを克服した私からすると、フロジン外用液はAGAに対して
あまり効果的であるという印象を受けませんでした。

 

日本皮膚科学会のガイドラインでもC1という評価ですし、
AGAに対して効果が見込めるのかどうかもはっきりしません。

 

それに、フロジン外用液には副作用のリスクがあります。

 

副作用が出る割合はあまり大きくないのかもしれませんが、
薬である以上、副作用が絶対に出ないとは言い切れないでしょう。

 

効果が見込めるかどうかわからないのに、
副作用のリスクを負ってまでフロジン外用液で
育毛することが果たして正しい選択肢なのでしょうか。

 

 

フロジン外用液を使わずにAGAを克服できた理由

 

フロジン外用液は、AGAに対して効く可能性があるのかもしれませんが、
日本皮膚科学会のガイドラインにおける評価はC1ですし、
少なからず副作用のリスクがあるので、私としてはあまり
おすすめできません。

 

また、フロジン外用液を使わなくても
AGAを克服することは十分可能です。

 

なぜそう言えるのかといえば、
私がフロジン外用液を使わずにAGAを克服することができたからです。

 

私自身は、フロジン外用液を使ったことはありませんが、
かつてはプロペシア(フィナステリド)やミノキシジルなどの
AGA治療薬に育毛を頼っていました。

 

 

しかし、私はこういった薬に対して不満を感じるように
なりました。

 

まず、私はコスト面で不満を感じました。

 

プロペシア(フィナステリド)は健康保険が適応されず
全額自己負担で支払わなければなりません。

 

私が服用していたころは、毎月1万円もかかりました。

 

1年間プロペシア(フィナステリド)を続けて
合計12万円もかかりましたが、満足な効果を得られたとは
いいがたく、せいぜい現状維持程度の効果しか得られなかったのです。

 

その後、ミノキシジルを追加してフサフサになれましたが、
新たな問題に直面しました。

 

 

その問題とは、こういった薬が使用している間しか
効果が維持できないということです。

 

これらの薬は確かにAGAに対して効果があります。
ただし、効果があるのは服用している間だけです。
服用を中止すれば、効果がなくなり再び薄毛が進行します。

 

つまり、たとえフサフサになれたとしても、
髪を維持するために一生これらの薬を飲み続けなければならないと
いうことなのです。

 

私はこのことに強い不満を覚えるようになりました。

 

それから、不満を解消すべく、私はいろいろ探しました。
その結果、ある方法に出会ったのです。その方法とは・・・

 

 

低コストで安全にAGAを克服するための育毛法それは・・・

 

プロペシア(フィナステリド)やミノキシジルなどのAGA治療薬に
強い不満を持っていた私は、ある方法に出会いました。

 

その方法にかかるコストはひと月当たり2千円以下で
これはプロペシア(フィナステリド)単独の1/5以下のコストに
相当します。

 

しかも、副作用のリスクが一切なかったのです。

 

さらには、AGA治療薬とは違い、一生薬を飲み続け
お金をはらい続ける必要もなかったのです。

 

私はAGA治療薬の使用を一切やめて
その方法に切り替えました。

 

すると、金銭的負担を大幅に減らして
フサフサの髪を維持できるようになりました。

 

 

その方法とは・・・薬を使わない育毛法です。

 

 

AGA治療薬などでの育毛が目立っているためあまり知られていませんが、
薬を使わずにフサフサの髪を取り戻すことは可能なのです。

 

薬を使わない育毛に取り組むことで、
金銭的負担を大幅に減らせる、副作用のリスクを回避できる、
髪を維持するために一生お金を使い続ける必要がなくなるなど
多くのメリットを得ることができます。

 

是非、あなたにも薬を使わない育毛法について
知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりお金をかけずに育毛することを目的としていますが、
薬を使わない安全な育毛を特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
私が薬を使わずにAGAを克服できた方法についてお伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
低コストかつ安全な育毛に興味を持っていただけたなら、
無料期間のうちにご登録を。

 

 


カテゴリ:育毛剤  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ