リバイボゲンの脱毛防止効果について


リバイボゲンとは、アメリカのアドバンスド・スキンアンドヘア社
(Advanced Skin and Hair, Inc)が販売している育毛剤です。

 

リバイボゲンはアメリカの皮膚科医によって開発された育毛剤で、
世界47カ国で愛用されているそうです。

 

原料もソーパルメット(ノコギリヤシ)やブドウエキスなどを
使っており、フィナステリド(プロペシア)等薬品を使っておらず、
オールナチュラルだと謳われています。

 

 

では、このリバイボゲンはどのような効果を持っている育毛剤
なのでしょうか。

 

DHT(ジヒドロテストステロン)生成抑制による抜け毛防止だと
言われています。

 

単純な効果だけで言えば、フィナステリド(プロペシア)と
ほぼ同じですね。

 

 

 

では、リバイボゲンとフィナステリド(プロペシア)の違いは
何なのでしょうか。

 

まず、使用方法が違います。

 

フィナステリド(プロペシア)は飲むタイプの育毛剤ですが、
リバイボゲンは頭皮に塗布するタイプの育毛剤です。

 

次に、原料に違いあります。フィナステリド(プロペシア)は
薬品ですが、リバイボゲンはオールナチュラルといわれているように
天然素材です。

 

従って、フィナステリド(プロペシア)は男性機能の低下や
肝機能障害などの副作用の心配があるが、原料がオールナチュラルの
リバイボゲンにはそういった心配がなく副作用のリスクがないと
いった声もあります。

 

 

一方で、リバイボゲンはアメリカで生まれた育毛剤で海外では
人気があるが、頭皮がかぶれてしまう場合もあり日本人には
向かないといったことを言う人もいます。

 

体質は人それぞれなので日本でも合う人と合わない人が
いるのかもしれません。

 

 

 

ちなみに、このリバイボゲンは

この記事を書いている時点で見事に売り切れていて、
入荷待ちの状態になっていますね。
そんなに人気のある育毛剤なのでしょうか・・・。

 

アメリカから発送されるようですが、日本語で書かれているので
おそらく、日本の方々が買っているのでしょう。

 

これも個人差があるので、使ってみないと何とも言えませんが、
フィナステリド(プロペシア)の副作用回避の方法の一つでは
あるかもしれません。

 

 

 

 

 

PS.

 

私はもともとフィナステリド(プロペシア)やミノキシジルなど
薬を使った方法で育毛していました。

 

しかし、最近ではコストカットや副作用のリスク回避の重要性を
認識しています。

 

そういった理由により、今回はリバイボゲンについて調べてみました。
リバイボゲンも選択肢の一つではありますが、私はリバイボゲンを
使わずにAGAを克服しました。

 

リバイボゲンだけでなく、フィナステリド(プロペシア)、
ミノキシジル、ソーパルメットなどのサプリメントを
一切使わずに髪が維持できるようになりました。

 

多種多様な育毛剤の情報がネット上にある中、薬を使わずに
AGAを克服できることはあまり知られていません。

 

私は薬を使わずにAGAを克服することが可能であること、
またそうすることで得られるメリット(コストカット、
副作用のリスク回避など)をつたえる活動をブログやメルマガで
しています。

 

リバイボゲンについて調べているあなたにも私の薬を使わない
低コスト育毛について知っていただきたいと思います。

ブログ内で色々語っていますので、もしよければ
他の記事にも目を通してみてください。

 


カテゴリ:育毛剤  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ