彼氏の薄毛を治せる育毛法を知っていますか?


彼氏の薄毛を治したいあなたへ

 

彼氏が薄毛で悩んでいる。
なんとか、彼氏の薄毛を治してあげたい。

 

彼氏思いのやさしいあなたは、
そんな風に思っていたのでしょう。

 

ただ、いきなり彼氏が薄毛になって、
どんな育毛をすればいいかわからず、
困っているかと思います。

 

今現在、育毛には効果があるものないものを含め
色々なものがあります。

 

育毛する方法としてどのようなものがあるのか、
これからお話ししていきます。

 

 

彼氏の薄毛対策はいろいろあるけれど・・・

 

あなたは育毛というとどのようなものを
思い浮かべるでしょうか。

 

育毛サロンでしょうか。

頭皮につけるタイプの育毛剤でしょうか。

それとも、育毛シャンプーでしょうか。

 

これらはどれもコストが高いものばかりですね。

 

育毛サロンに関しては、大手のサロンだと
1ヶ月数十万円から百万円はかかるのではないかと
思います。

 

育毛剤に関しても、1ヶ月分8,000円~1万円かかる
ものが主流でしょう。

 

育毛シャンプーも、普通のシャンプーよりは
割高になると思います。

 

 

そのほかの育毛の手段として、
病院を受診するというものがあります。

 

今は、薄毛を病院で治療できる時代です。

 

もし、あなたの彼氏の薄毛の原因がAGA(男性型脱毛症)であれば、
病院で治療を受けることができます。

 

 

しかし、これにも問題があります。

 

AGA(男性型脱毛症)治療薬としてプロペシアという
飲み薬があるのですが、この薬は健康保険が適応されないため、
金銭的負担が大きいのです。

 

私も以前服用していましたが、その当時は毎月1万円もかかりました。

 

1年間プロペシアを続けたので、合計12万円もかかってしまいました。

 

それで効果があればまだいいのですが、
満足な効果を得られたとは言い難く、得られた効果は
せいぜい現状維持程度でした。

 

そのほか、プロペシアにはある深刻な問題があります。
それは副作用です。

 

プロペシアには男性機能の低下の副作用が出る恐れがあります。

 

この副作用が出る割合は極めて少ないとされていますが、
薬である以上、絶対に出ないとは言い切れません。

 

彼氏が薄毛だからといって、この副作用が出ると
色々と問題になるでしょう。

 

 

このように、育毛というのはお金がかかったり、
副作用のリスクがあるものばかりです。

 

 

一方で、もっと金銭的負担が少なくて安全な育毛法があることは
あまり知られていません。

 

それはどういった育毛法なのか、これからお話ししていきます。

 

 

彼氏の薄毛を治すための低コストで安全な育毛法とは?

 

一般的にはあまり知られていませんが、
金銭的負担が少なくて安全な育毛法が存在します。

 

その方法にかかるコストは、ひと月2千円以下で
プロペシアの1/5以下です。

 

しかも、副作用のリスクが一切ありません。

 

 

その方法とは・・・薬を使わない育毛法です。

 

 

薬や育毛剤等に頼らなくても、生活習慣や体質等の改善で
薄毛を克服することは可能なのです。

 

薬を使わない育毛法であれば、
一般的に知られているような育毛法よりもずっと金銭的負担が
少なくて済みますし、副作用の心配をする必要もありません。

 

彼氏の薄毛をなんとかしてあげたいというあなたに
是非、薬を使わない育毛法について知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりお金をかけずに育毛することを目的としていますが、
副作用のリスクがない安全な育毛を特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
薬を使わない低コストで安全な育毛法について
お伝えいたします。

 

彼氏の代わりにあなた自身にご登録いただいてもかまいませんし、
彼氏にこのメルマガのことを伝えて登録してもらってもかまいません。

 

今なら無料で登録できますので、無料期間のうちに
低コストで安全育毛に関する情報を手に入れてみては
いかがでしょうか。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ