抜け毛が短いというあなたの悩みを解消する低コスト育毛法とは?


 

 

抜け毛が短いとお悩みのあなたへ

 

抜け毛が短いという悩みをもって
あなたはこのブログにたどり着いたのだと思います。

 

私もそうでした。

 

私自身、薄毛で悩んでいたことがあり、
そのころの抜け毛は、短いもの少なくありませんでした。

 

しかし、今現在は抜け毛を見ても短いものはなく、
薄毛を克服できています。

 

そう、正しい方法で育毛に取り組めば、
抜け毛が短いという悩みを解消することは
可能なのです。

 

私がどのようにしてそういった悩みを
克服できたのか、あなたにも知っていただきたいと思います。

 

その前に、抜け毛が短い原因について
触れておきたいと思います。

 

 

ヘアサイクルが乱れると抜け毛で短い物が増える

 

我々の髪には、ヘアサイクルという髪の生え変わりの
サイクルがあります。

 

ヘアサイクルにおいて、我々の髪は成長期、退行期、休止期という
3つの期間を2~6年ほどかけて繰り返します。

 

このヘアサイクルが乱れると、髪が十分に育たずに
髪が抜けてしまうことがあるので、抜け毛が短くなってしまいます。

 

ヘアサイクルが乱れ、抜け毛が短くなる原因には
どのようなものがあるのか、いくつか見ていきましょう。

 

 

食生活が原因で抜け毛が短い

 

 

 

髪の成長には、栄養バランスのとれた食事が欠かせません。

 

カップラーメンやレトルト食品、
ハンバーガーなどのファストフードばかり食べていると、
栄養が偏り、髪に十分な栄養が摂取できないため、
髪が十分に成長できず、結果として抜け毛が短くなると
いうことにもつながります。

 

 

また、こういったものは、脂っこいものが多いです。

 

脂っこいものばかり食べていると、血中に脂分がたまり
血流が悪くなります。

 

血流が悪くなると、髪の成長に必要な栄養素が
髪に行き届かなくなる恐れがあります。

 

そうすると、短い抜け毛が増える原因にもなりますので、
脂っこい食べ物という意味でもこれらの食べ物は
髪によくありません。

 

 

睡眠時間が不規則で抜け毛が短い

 

 

髪にはゴールデンタイムというものがあります。

 

夜10:00~翌2:00の間が髪のゴールデンタイムと呼ばれています。

 

この時間帯に髪が修復され成長が促されるからです。

 

従って、このゴールデンタイムの時間帯に
睡眠をとることは髪の成長にとって重要です。

 

睡眠時間が不規則だと、ゴールデンタイムの時間帯に
睡眠をとることが難しくなり、短い抜け毛が増える原因にも
なるでしょう。

 

 

しかしながら、忙しい現代人が毎日夜10:00から睡眠をとるというのは
なかなか難しいことだと思います。

 

私自身も忙しい時期は、夜中の2時や3時ごろまで起きていた
ということはざらにありましたので。

 

普段の仕事等が忙しい場合は、休みの日だけ
ゴールデンタイムに睡眠をとるようにするなど
工夫すれば、いいかもしれません。

 

 

ストレスも抜け毛が短い原因として見過ごせない

 

 

 

抜け毛が短い原因として、ストレスも見逃せません。

 

医師になかには、ストレスと抜け毛や薄毛との関連性を
否定する方もいらっしゃいますが、私はストレスが髪に与える影響は
非常に大きいと感じています。

 

私が仕事のストレスを多く抱えていた時期と同時に
薄毛になり白髪が大量に増えたからです。

 

仕事のストレスを抱えて数年経って薄毛が悪化した頃に
抜け毛が短いと感じるようになりました。

 

ですので、ストレス対策は育毛において重要事項であると
私は考えます。

 

 

抜け毛が短い原因として男性ホルモンはどうか?

 

 

 

抜け毛が短い原因として男性ホルモンが挙げられます。

 

AGAは男性ホルモンが原因で発症すると考えられています。

 

男性ホルモンの一種であるテストステロンが5αリダクターゼという
還元酵素の影響を受けて(ジヒドロテストステロン(DHT)に変換
されます。

 

このDHTが原因で髪が抜けて抜け毛が短くなると
考えられています。

 

現在は、このDHTを抑制するための育毛が主流であるため、
DHTを抑制するための薬やサプリなどが非常に目立っています。

 

プロペシア(フィナステリド)やノコギリヤシ(ソーパルメット)が
そういった薬やサプリの代表です。

 

私もかつてはDHT抑制が育毛するうえで必要不可欠であると
信じ切っていたため、プロペシア(フィナステリド)も
ノコギリヤシ(ソーパルメット)のサプリも飲んでいました。

 

 

しかし、DHT抑制ばかりが育毛ではない、
DHTを抑制しなくても薄毛は克服できるという
事実を知ることができました。

 

私がその事実を知ることができた理由
それは・・・

 

 

DHT抑制だけが育毛ではないことを知ったきっかけ

 

私自身、DHT抑制こそが育毛の最重要事項であると考え、
プロペシア(フィナステリド)やノコギリヤシ(ソーパルメット)の
サプリを飲んでいました。

 

しかし、私はこれら、特にプロペシア(フィナステリド)に対して
強い不満を覚えるようになりました。

 

 

金銭的負担が非常に大きかったためです。

 

 

プロペシア(フィナステリド)は健康保険が適応されず、
全額自己負担で購入しなければならないため、金銭的負担が
大きいのです。

 

私が服用していたころは、毎月1万円もかかりました。

 

今では、もう少し割引している病院やクリニックも
あるのかもしれませんが、金銭的負担が大きいという意味では
昔とさほど変わらないでしょう。

 

 

そのほかにプロペシア(フィナステリド)には
ある致命的な欠点があります。

 

 

それは・・・服用をやめると効果がなくなることです。

 

 

プロペシア(フィナステリド)はAGAに対して効果があり
服用中は抜け毛を抑えてくれます。

 

ただし、服用している間だけです。

 

服用をやめれば効果がなくなり、再び薄毛が進行します。

 

 

つまり、仮にプロペシア(フィナステリド)のおかげで
短い抜け毛がなくなったとしても、髪を維持するために
一生プロペシア(フィナステリド)を飲み続けなければ
ならないということなのです。

 

私はプロペシア(フィナステリド)が高額であったこと、
服用をやめると効果がなくなることに強い不満を
感じました。

 

私はプロペシア(フィナステリド)に対する不満を解消するため
別の方法を探しました。

 

 

すると、ある方法が見つかったのです。

 

それは・・・

 

 

プロペシア(フィナステリド)に頼らず低コストで育毛する方法それは・・・

 

私はある方法を見つけたことで、薬やサプリに頼らなくても
低コストかつ安全に薄毛を克服できるという事実を
知ることができました。

 

 

その方法とは・・・薬を使わない育毛法です。

 

 

一般的にはあまり知られていないことなのですが、
DHTは抜け毛の原因の一つにすぎず、大半の抜け毛や薄毛は
生活習慣や体質などを改善することで克服できるのです。

 

プロペシア(フィナステリド)に強い不満を持っていた私は
プロペシア(フィナステリド)やノコギリヤシ(ソーパルメット)
のサプリなど薬やサプリを一切やめて、薬を使わない育毛法に
切り替えました。

 

その結果、金銭的負担を大幅に減らして
フサフサの髪を取り戻すことができました。

 

薬を使わない育毛に取り組むことで、
コストを大幅にカットできる、副作用のリスクを回避できる、
プロペシア(フィナステリド)などのように
育毛のために一生お金を払い続ける必要がなくなるなど
多くのメリットを得ることができます。

 

是非、あなたにも薬を使わない育毛法について
知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりお金をかけずに育毛することを目的としていますが、
薬に頼らない安全な育毛を特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
薬を使わない低コストで安全な育毛法について
お伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
低コストかつ安全に抜け毛が短い悩みを解決したいと考えているなら、
無料期間のうちにご登録を。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ