リンスではげる理由をAGAを克服した私が語る


jojnsonrinse

 

 

リンスではげるといわれているのはなぜ?

 

リンスではげるという話を聞いて、その真相を知りたくて
あなたはこのブログを訪れたのではないかと思います。

 

では、リンスを使うと本当にはげるのか、
考えていきましょう。

 

リンスではげるといわれているのは、
リンスを使うと頭皮環境を悪化させるためはげると
思われます。

 

リンスに含まれる余計な化学物質が頭皮に残ると
はげると考えられているようです。

 

では、リンスではげるのを防ぐにはどうすればいいか。

 

やはり、リンスのすすぎをしっかりすることが重要でしょう。

 

リンスをしっかりすすげば、リンスに含まれる余計な化学物質を
残さずに済みますので、リンスではげるのを防ぐことが
できるでしょう。

 

リンスを髪全体につける人もいるようですが、
これだとすすぎをしっかりしたつもりでも、頭皮にリンスが
残る可能性があります。

 

これだとリンスではげるリスクが高まります。

 

リンスで髪を整えるには、髪の毛先だけで十分といわれているので、
どうしてもリンスを使いたい場合は、髪全体につけるのではなく
毛先だけにつけるよう心がければ、リンスではげるのを
防ぐことができるでしょう。

 

ちなみに、私はリンスは使っていません。
シャンプーのみです。

 

リンスではげるリスクを避けるには、
リンスを使わないのが一番いいかもしれません。

 

 

リンスではげるのを防ぐだけでなく、適切な育毛を

 

リンスではげると考えられる理由についてこれまで
お話ししてきました。

 

リンスを使ったからと言って即座にはげるわけではないでしょうし、
リンスを使いたい場合は、髪全体ではなく毛先につける、
すすぎをしっかりとするなど心がければそれで十分でしょう。

 

また、リンスではげるのが怖い場合は、リンスの使用をやめれば
リンスではげるリスクをゼロにすることができます。

 

こういったことに気を付けることでリンスではげるリスクを減らす
またはゼロにすることができます。

 

では、フサフサの髪を取り戻すにはそれだけで十分なのでしょうか。
私は決してそうは思いません。

 

リンスではげるリスクを避けつつ、適切な育毛法が必要であると
私は考えます。

 

では、適切な育毛法とはどのようなものなのか、
私の経験を交えて話したいと思います。

 

 

私は26歳の時に仕事のストレスで薄毛になり
白髪が大量に増えました。

 

そして、29歳でAGA(男性型脱毛症)と診断されました。

 

それから、プロペシア(フィナステリド)などのAGA治療薬を
使用しました。

 

こういったAGA治療薬は確かに効果はあるのですが、
ある致命的な欠点があるのです。

 

それは、服用を中止すれば効果がなくなることです。

 

AGA治療薬、特にプロペシア(フィナステリド)とミノタブは
最強の組み合わせと言われており、これらを併用することで
フサフサの髪を取り戻すことは十分可能です。

 

 

しかし、フサフサになったら薬をやめていいわけではありません。

 

フサフサになっても服用をやめれば再び薄毛が進行してしまいます。

 

つまり、髪を維持するために一生これらの薬を飲み続けなければ
ならないのです。

 

私はこのことに強い不満を感じ、ほかの方法を探しました。

 

すると、ある事実を知ることができました。

 

それは、薬を使わなくてもフサフサの髪を取り戻し
維持することが可能であるという事実です。

 

AGA治療薬の存在が目立っているためあまり知られていませんが、
食事などの生活習慣、正しいシャンプーやマッサージで
フサフサの髪を取り戻すことは可能なのです。

 

是非、あなたにもその事実について知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

名前の通り、あまりお金をかけずに育毛することを目的としていますが、
薬を使わず安全に育毛することを特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、私が生活習慣、シャンプー、
マッサージなど薬以外の方法でフサフサになれた育毛について
お伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
リンスではげるリスクを減らすだけでなく
低コストで適切な育毛に取り組みたいと考えているなら
無料期間のうちにご登録を。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ