AGAを薬以外で克服するべき本当の理由とは?


baldmensuit

 

 

副作用もAGA治療薬のデメリットだけど・・・

 

AGA治療の薬以外の方法を探しているあなたもきっと薬による
デメリットを感じているのでしょう。

 

おそらくあなたは、副作用を避けたくて薬以外の方法を
探しているのではないですか。

 

 

確かに、副作用もAGA治療薬の大きなデメリットです。

 

 

特にフィナステリド(プロペシア)の副作用で有名なのが
男性機能の低下です。

 

臨床試験において、この副作用が出る割合はごく一部と
されていますが、一人でもいれば見過ごすことはできません。

 

 

もし、自分がそのごく一部に入ってしまったらどうしよう。
副作用はやっぱり怖い。できれば、副作用のリスクがない方法で
AGAを克服したい。

 

そう考えるのはもっともです。

 

 

副作用を上回るAGA治療薬のデメリットとは?

 

しかし、私の考えるAGA治療薬、とりわけ
フィナステリド(プロペシア)のデメリットは
副作用ではありません。

 

さて、ここであなたに質問ですが、その副作用を上回る
デメリットとはいったい何だと思いますか。

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

考えましたか。

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

・・・答えは・・・フィナステリド(プロペシア)の
効果の持続期間です。

 

 

フィナステリド(プロペシア)は飲んでいる間はAGAによる
薄毛進行を抑えてくれますが、飲んでいる間しか効果がありません。

 

フィナステリド(プロペシア)にAGAを完治させる効果はなく、
もしフィナステリド(プロペシア)で髪を維持したければ
一生飲み続けないといけないのです。

 

 

しかも、フィナステリド(プロペシア)は保険が適応されず
全額自己負担のため金銭的負担が大きいです。

 

私がフィナステリド(プロペシア)を服用していた頃は
ひと月1万円もかかりました。1年間でおよそ12万円です。

 

 

つまり、もし髪を維持するためにフィナステリド(プロペシア)を
選択した場合は、年間12万円もの治療費を一生払い続けなければ
ならないということになります。

 

 

コスト面で不満を感じたことをきっかけにAGAを薬以外で克服

 

私はフィナステリド(プロペシア)のこのような欠点に
わずらわしさを感じるようになり、AGAを薬以外で克服する方法を
探すことにしました。

 

色々探した結果、そういった方法で育毛する方法を
見つけることができました。

 

AGA治療薬の使用を中止し、その方法に切り替えたら、
最終的に薬を使わなくても髪が維持できるようになり、
AGAを薬以外で克服することに成功したのです。

 

 

AGAを薬以外で克服することのメリット

 

AGAを薬以外で克服することで、薬を使い続けるわずらわしさから
解放される、コストを大幅にカットできる、副作用のリスクを
負わなくて済むなど多くのメリットを得ることができます。

 

薬を使わないので、最終的には育毛にかかるコストは
ゼロ円になりますので、フィナステリド(プロペシア)を
使った場合と比べると、育毛にかかるコストに雲泥の差が
あります。

 

AGAを薬以外で対策することでコストを大幅に
カットできるだけでなく、あなたが懸念している
副作用のリスクを回避することができるのです。

 

 

私はAGAを薬以外で克服することのメリットを伝える活動を
ブログやメルマガでしています。

 

是非、あなたにも私がAGAを克服した方法について
知っていただきたいと思っています。

 

 

メルマガ登録者限定で私がAGAを薬以外で克服した方法を
公開しています。

 

今なら無料で登録できます。コストを大幅にカットできて
なおかつ副作用のリスクをゼロにできる育毛に興味を
もっていただけたら、今のうちにどうぞ。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ