薬を使わずにAGAを克服できた私が考える育毛にいい3つの対策・習慣について


holiday

 

 

私は、薄毛を自覚しつつもAGAを医師に
否定され続けたという過去があります。

 

AGAの診断が下されない場合、薄毛が気になるようであれば、
薬以外で対策するしかありません。

 

また現在では、薬を使わない育毛がベストだと
私は考えています。

 

薬に頼らなければ、副作用の心配もありませんし、
薬にも金をかける必要がありません。

 

 

薬以外の方法では生活習慣の改善が考えられます。
薬を使わない場合はまずそれを検討する必要が
あるのです。

 

そこで今回は、医師にAGAを否定されて
どう育毛していいかわからない、
副作用が怖いのでできるだけ
薬に頼らない育毛がしたい・・・
という場合にどういう対処法があるか
お話ししたいと思います。

 

1. 休みの日にしっかりとストレス解消する

 

私自身もストレスをため込みすぎて、そのストレスの原因に
なっている仕事をやめるまで、四六時中ストレスがたまりっぱなし
でした。

 

私の場合は、ストレスのもととなっている仕事をやめることで
ストレス対処しましたが、必ずしもやめなくてもいいと思います。

 

忙しい時期もあると思いますが、なるべく休みが取れる日は
運動したり、自分の趣味に没頭するなどストレス解消を
心がけたほうがいいと思います。

 

2. 睡眠をしっかりとる

 

これも忙しい時期や仕事の時間帯によっては
難しいかもしれません。

 

仕事の日にあまり睡眠時間が取れない場合は、
休みの日にしっかりとるなどの工夫をすると
状況が良くなると思います。

 

髪にとってのゴールデンタイムは
22時~翌2時の間と言われています。

 

休みの日など、時間が取れる日に
ゴールデンタイムに眠れるのが理想的ですね。

 

3. シャンプーは優しく

 

薄毛対策は、育毛・発毛と同様、薄毛が悪化しない取り組みも
非常に大事です。

 

特に、シャンプーは皮脂を多くとったほうがいいという
うわさから、爪を立ててゴシゴシこすって頭皮を痛める
場合も多いです。

 

私がまさにそうでした。

 

そういったシャンプーをした結果、抜け毛が増えました。

 

頭皮を清潔に保つには、そこまでゴシゴシこすらなくても
指の腹で優しく洗うだけで十分です。

 

髪によくシャンプーをなじませ、指の腹で優しく洗い、
しっかりとすすげば、頭皮を清潔に保つことができますし、
シャンプーのせいで抜け毛が悪化するということは防げます。

 

シャンプーそのもので髪をはやすということは難しいと
思いますが、このように頭皮をやさしく扱うことで、
抜け毛を悪化させずに済みます。

 

是非、優しいシャンプーを心がけましょう。

 

育毛対策は、薬だけではありません。
生活習慣でも対策することができるのです。

 

私も痛いほど経験していますが、髪はすぐには生えてきません。
日々の積み重ねが大事なのです。

 

毎日いい習慣を続けて、根気強く育毛に取り組みましょう。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ