はげるリスクがワックスで上がる理由そしてその対策法とは?


greenwax

 

 

はげるリスクがワックスで上がる理由について

 

はげるリスクがワックスで上がると考えられています。

 

それでは、なぜはげるリスクがワックスで上がるのでしょうか。

 

それは、ワックスに含まれている成分に関係があるようです。
ワックスなど整髪料には界面活性剤が含まれていて、
この界面活性剤が頭皮に付着すると、頭皮に悪影響を与えると
考えられています。

 

これがはげるリスクがワックスで上がる理由であると
考えられているのです。

 

ワックスを髪全体にたっぷりつけたり、ワックスを付けたまま
寝る人もいるようですが、こういった使い方をすると
頭皮にワックスが多く付着してしまうため、
はげるリスクがワックスで上がってしまうでしょう。

 

従って、はげるリスクを下げるワックスの使い方としては
なるべく頭皮に付着させないよう心がけることが重要です。

 

ワックスは毛先だけにつけるように心がけるとか、
ワックス使用後は、シャンプーでしっかりすすいで
ワックスを落として頭皮に残らないようにすれば、
はげるリスクがワックスで上がる心配をしなくても済むでしょう。

 

 

はげないワックスの使い方だけでなく、適切な育毛法を

 

以上のようなことを心がければ、はげるリスクがワックスで上がるのは
避けられるでしょう。

 

しかし、もしあなたがこれまではげがワックスで悪化してきた場合、
育毛して髪を増やす取り組みも必要になってくるでしょう。

 

そんなあなたに、私が薄毛を克服した経験をお話ししたいと思います。

 

私は26歳の時に仕事のストレスで薄毛になり、
白髪が大量に増えました。

 

そしてその3年後、29歳の時にAGA(男性型脱毛症)と診断されました。

 

それから私は、プロペシア(フィナステリド)という薬の服用を
始めましたが、このプロペシア(フィナステリド)という薬は、
保険が適応されないため、金銭的負担が大きかったのです。

 

私が服用していたころは、1ヶ月で1万円もかかりました。

 

また、プロペシア(フィナステリド)には副作用のリスクが
あります。

 

男性機能の低下や肝機能障害などがこの薬の副作用として
よく知られています。

 

これらの副作用が出る割合は極めて少ないとされていますが、
絶対に副作用が出ないとは言い切れません。

 

あの当時、私はプロペシア(フィナステリド)のように
高額で副作用のリスクがある薬を飲まないと
薄毛は克服できないのだと思っていました。

 

 

しかし、ある育毛法に出会ったことで
この考えが変わりました。

 

その方法にかかるコストは、プロペシア(フィナステリド)の
1/5以下でした。

 

しかも、副作用のリスクが一切なかったのです。

 

これほど低コストで安全な育毛法があることに驚きましたが、
私は試しにその方法を実践することにしました。

 

そして、その方法を実践した結果、低コストかつ安全に
薄毛を克服することに成功したのです。

 

 

私が低コストかつ安全に薄毛を克服した方法それは・・・
薬を使わない育毛法です。

 

 

プロペシア(フィナステリド)などの薬や育毛剤など
お金がかかる方法が一般的であるためあまり知られていませんが、
薬を使わずに薄毛を克服することは可能なのです。

 

はげるリスクをワックスで上がらないようにする取り組みだけでなく、
薬を使わない育毛に取り組めば、低コストかつ安全に
フサフサの髪を取り戻すことができるのです。

 

是非、あなたにも薬を使わない育毛のメリットについて
知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりお金をかけずに育毛することを目的としていますが、
副作用のリスクがない安全な育毛を特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
私が薬を使わずに薄毛を克服できた方法について
お伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
低コストかつ安全な育毛法について知ってみたいのなら、
無料期間のうちにご登録を。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ