プロペシアを30代で始めることについて服用経験者が語る


30sbusinessman

 

 

プロペシア(フィナステリド)は30代で始めるべき?

 

このブログにたどり着いたあなたはおそらく、
プロペシア(フィナステリド)の服用を検討している
30代の男性なのでしょう。

 

プロペシア(フィナステリド)を30代のうちから服用すれば
確かに薄毛の進行は抑えられるでしょう。

 

 

しかし、私はプロペシア(フィナステリド)の服用を
30代で服用することをおすすめしません。

 

さらに言えば、プロペシア(フィナステリド)の
服用自体をおすすめしません。

 

なぜならば、プロペシア(フィナステリド)には
色々とデメリットがあるからです。

 

では、プロペシア(フィナステリド)にはどのようなデメリットが
あるのか、30代服用経験者の私が具体的にお話ししたいと思います。

 

 

30代服用経験者が語るプロペシア(フィナステリド)の3つデメリットとは?

 

①副作用

 

プロペシア(フィナステリド)のデメリットとして
まず挙げられるのは副作用です。

 

あなたも聞いたことがあるかと思いますが、
プロペシア(フィナステリド)には、男性機能の低下の副作用が
出る恐れがあります。

 

出る恐れがあるといっても、出る割合はかなり少ないです。

 

しかし、出る割合が少ないからと言って
絶対にその副作用が出ないとは言い切れません。

 

 

②コスト

 

プロペシア(フィナステリド)は健康保険が適応されません。
従って、全額自己負担となり、金銭的負担が大きくなります。

 

私が服用していたころは、毎月1万円もかかりました。

 

私の場合は、1年間プロペシア(フィナステリド)を続けたので、
合計12万円もかかってしまいました。

 

このように、プロペシア(フィナステリド)は
金銭的負担が大きいのでおすすめできないのです。

 

 

③服用中しか効果がない

 

プロペシア(フィナステリド)は確かにAGAに対して
効果があります。

 

しかし、効果があるのは服用している間だけです。
服用を中止すれば効果がなくなります。

 

仮に、1年間12万円プロペシア(フィナステリド)に
費やして髪が回復したとしても、服用をやめれば
再び薄毛に逆戻りしてしまいます。

 

つまり、髪を維持するために一生プロペシア(フィナステリド)を
飲み続けなければならないということなのです。

 

プロペシア(フィナステリド)を30代で始めて
一生飲み続けるとしたら、40年かそれ以上の年月に
なるかと思います。

 

1年間で12万円もするプロペシア(フィナステリド)を
40年以上も続けたら、金銭的負担が計り知れないものになることは
想像に難くないでしょう。

 

 

プロペシア(フィナステリド)を30代で卒業できた方法を無料で公開!

 

私は、上で述べたプロペシア(フィナステリド)のデメリットに
嫌気がさし、30代でプロペシア(フィナステリド)と決別することに
しました。

 

その結果、どのようになったかというと、
薄毛が進行するどころか、プロペシア(フィナステリド)に
頼らなくても髪が維持できるようになったのです。

 

私はある方法を見つけたことがきっかけで
AGAを克服し、プロペシア(フィナステリド)を30代で
卒業することができました。

 

その方法は、副作用が一切ない方法で、
プロペシア(フィナステリド)を一生飲み続ける必要も
ありませんでした。

 

しかも、コストはプロペシア(フィナステリド)の1/5または
それ以下です。

 

プロペシア(フィナステリド)を服用していたころの
私から見たら、夢のような育毛法ですが、
このような方法があることは事実なのです。

 

プロペシア(フィナステリド)を30代で始めることだけが
育毛の選択肢ではない。

 

もっと安くしかも効果的な方法がある。

 

その事実をあなたにも知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

当メルマガでは、私がプロペシア(フィナステリド)を
30代で克服した低コストの育毛法について情報を
お届けしています。

 

今なら無料で登録できます。
プロペシア(フィナステリド)を30代で始めるよりもずっと
低コストで安全な育毛に興味があるのなら
無料期間のうちにご登録を。

 

 


カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ