バーコードの髪型よりフサフサの髪を目指してみませんか?


 

 

バーコードの髪型で薄毛を隠そうと考えている方へ

 

バーコードの髪型は、薄毛を隠す髪型としては
かなり有名ですね。

 

しかし、有名であるがゆえにバーコードの髪型にすると
いかにも薄毛をごまかしているような印象を受ける人も
多いことも事実です。

 

頭皮をむき出しにするよりかは、心理的に負担が少なくなるのかも
しれませんが、だからといってバーコードの髪型であなたは
満足できますか。

 

バーコードでいかにも薄毛をごまかしている髪型だと
周りから思われて、あなたは本当に納得できるのですか。

 

 

バーコードの髪型にして薄毛をごまかすなんて
本当はしたくない。

 

本当はフサフサになりたい。

 

 

そう思っているのではないですか。

 

 

もし、あなたがそう思っているのなら、
決して希望を捨てないで下さい。

 

薄毛は克服することが可能であり、
フサフサになることも決して夢ではないからです。

 

なぜそんなことが言えるかといえば、
私もかつてはあなたと同じように薄毛で悩んでいたものの、
後にそれを克服することができ、今では薄毛とは無縁の生活を
送っているからです。

 

ですから、バーコードの髪型で薄毛をごまかすという
後ろ向きな態度ではなく、フサフサを目指すという
前向きな意識をあなたにも持っていただきたいのです。

 

それだけ言われてもあまりピンとこないと思いますので、
私がどのようにしてフサフサの髪を取り戻すことができたのか、
これから順を追ってお話ししたいと思います。

 

 

私もかつては薄毛に悩んでいた

 

 

私の場合は、26歳の時に仕事のストレスで薄毛になり、
白髪が大量に増えました。

 

まさか20代の若さでハゲるとは思わなかったので、
どのように育毛していいかわからず困り果てていました。

 

子供のころに聞いた「わかめなど海藻類を食べると髪が生える」
という迷信を真に受けてわかめを多めに食べましたが、
全然効果がありませんでした。

 

高額な育毛サロンに騙されるのは嫌だったので、
市販の抜け毛予防のスプレーなどを使ってみましたが、
全く効果がありませんでした。

 

 

あるとき、シャンプーブラシは頭皮の無駄な皮脂を除去して
血行を良くするので育毛にいいという宣伝を真に受けて
シャンプーブラシで一生懸命頭皮を洗いました。

 

すると、育毛によいどころか抜け毛がもっとひどくなり
風呂場の排水溝が髪の毛でいっぱいになってしまいました。

 

これは、後で医師から聞いたことなのですが、
ああいった宣伝は業者が儲けたいからそう言っているだけで、
実際にシャンプーブラシを使うと頭皮が痛んで抜け毛が
もっとひどくなるそうです。

 

今でこそ薄毛とは無縁の生活を送っていますが、
薄毛になり始めたころの私は、育毛のことなど何もわからず
迷走に迷走を極めていたのでした。

 

 

29歳でAGA(男性型脱毛症)と診断。病院で治療するも・・・

 

 

 

仕事のストレスで薄毛になってから3年後、29歳の時に
AGA(男性型脱毛症)と診断されました。

 

私はプロペシア(フィナステリド)という薬の服用を
開始しました。

 

しかしながら、このプロペシア(フィナステリド)という薬は、
健康保険が適応されず全額自己負担であるため、
金銭的負担が大きい薬でした。

 

私が服用していたころは、毎月1万円もかかりました。

 

1年間プロペシア(フィナステリド)を続けたので
合計12万円もかかってしまいました。

 

それで効果があればまだいいのですが、
満足な効果が得られたとはいいがたく、
せいぜい現状維持程度の効果しか得られませんでした。

 

薄毛の進行を抑えられたものの、金額の割には効果の薄い
プロペシア(フィナステリド)に私は不満を感じるように
なりました。

 

 

ミノタブを追加してフサフサになれたものの・・・

 

 

プロペシア(フィナステリド)だけでは満足できなかった私は、
ミノタブ(ミノキシジル)という薬を追加しました。

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)の併用は
AGA治療最強の組み合わせと言われています。

 

プロペシア(フィナステリド)で抜け毛を食い止めている間に
ミノタブ(ミノキシジル)で発毛を促進するという
攻防一体の効果的な育毛が可能になるからです。

 

私はこのAGA治療最強の組み合わせにより
フサフサになれました。

 

かつては、抜け毛の恐怖におびえていた私ですが、
AGA治療最強の組み合わせのおかげでフサフサになれたことに
私は満足しました。

 

 

しかし、この最強の組み合わせにも私はだんだん不満を募らせる
ことになるのでした。

 

 

AGA治療最強の組み合わせに不満を持ったのはなぜ?

 

確かに、私はプロペシア(フィナステリド)と
ミノタブ(ミノキシジル)の併用によりフサフサになることが
できました。

 

 

しかし、私は徐々にこれらの薬に対して不満を抱くように
なったのです。

 

なぜならば、これらの薬にはある致命的な欠点があったからです。

 

 

その欠点とは・・・服用をやめると効果がなくなることです。

 

 

プロペシア(フィナステリド)もミノタブ(ミノキシジル)も
AGAに対して効果があり、これらを服用してフサフサになることは
もちろん可能です。

 

しかし、これらの薬の効き目があるのは服用している間だけです。
服用をやめれば効果がなくなり再び薄毛が進行します。

 

つまり、髪を維持するために一生これらの薬を
飲み続けなければならないのです。

 

バーコードの髪型にしようと考えていたあなたも
これらを服用することで改善が見込めるでしょう。

 

もしかしたら、フサフサになることも決して不可能では
ないかもしれません。

 

しかし、フサフサになれるからといって
一生薬を飲み続けなければならない人生に
あなたは満足できますか。

 

 

AGA治療薬の致命的な欠点を解消するための育毛法

 

上記のプロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)の
致命的な欠点に嫌気がさした私は、別の方法を探しました。

 

 

すると、ある方法が見つかりました。

 

その方法にかかるコストは、なんとプロペシア(フィナステリド)の
1/5以下にあたり、ひと月当たり2千円以下で取り組める内容でした。

 

しかも、副作用のリスクは一切なかったのです。

 

もちろん、髪を維持するために薬を含め
一生何かにお金をはらい続ける必要もない方法だったのです。

 

私は、プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)を
やめてその方法に切り替えました。

 

その結果、これらの薬に頼らなくても髪を維持できるように
なりました。

 

今では、毎月の育毛コストはゼロ円です。

 

 

その方法とは・・・薬を使わない育毛法です。

 

 

プロペシア(フィナステリド)やミノタブ(ミノキシジル)などの
薬や頭皮に塗るタイプの育毛剤等の存在が目立っているため
あまり知られていませんが、薬を使わずにフサフサになることは
可能なのです。

 

生活習慣や体質など薬を使わない育毛法に取り組むことで
コストを大幅にカットできる、副作用のリスクを負わずに済む、
一生薬を飲み続ける必要がなくなるなど多くのメリットを
得ることができます。

 

是非、あなたにも薬を使わない育毛法について
知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりお金をかけずに育毛することを目的としていますが、
副作用のリスクがない安全な育毛法を特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
私が薬を使わずにフサフサになれた方法について
お伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
バーコードの髪型で薄毛を隠すより、
低コストで安全な育毛法でフサフサになりたいと考えているなら、
無料期間のうちにご登録を。

 

 


カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ