タバコで抜け毛が増える主な理由とその対策について


cigarette1208

 

 

タバコによる抜け毛で困っているあなたへ

 

タバコを吸って抜け毛が増えてしまった。
タバコはやめられないけど、これ以上抜け毛が増えるのは嫌だ。
どうしよう・・・。

 

そんな悩みを抱えて、あなたはこのブログにたどり着いたのでは
ないでしょうか。

 

タバコが抜け毛の原因になることがわかっても、
やめるのは難しいですよね。

 

ですので、禁煙以外でタバコによる抜け毛に対処する方法について
後ほどお話ししたいと思います。

 

その前に、なぜタバコで抜け毛が増えるのか
簡単に見ていきましょう。

 

 

タバコで抜け毛が増える原因とは?

 

■タバコで抜け毛が増える原因その1―血流の悪化

 

タバコに含まれているニコチンには血管を収縮させる作用があります。

 

血管が収縮すると血流が悪くなり、髪の毛に十分な栄養が
届かなくなります。

 

これがタバコで抜け毛が増える原因の一つと
考えられているのです。

 

 

■タバコで抜け毛が増える原因その2―男性ホルモン増加

 

タバコで抜け毛が増える原因で見過ごせないのが、
男性ホルモンの増加です。

 

AGA(男性型脱毛症)という、抜け毛が増える病気があります。

 

AGAは男性ホルモンの一種であるテストステロンが還元酵素の
影響を受けてジヒドロテストステロン(DHT)に変換されることによって
発症します。

 

タバコには男性ホルモンの増加を促す作用があると
いわれています。

 

AGAを発症している場合は、タバコを吸うことによって
DHTが増加してAGAによる抜け毛が悪化すると考えられます。

 

 

タバコによる抜け毛を禁煙以外で対策するには?

 

タバコを吸っているあなたには酷な話かもしれませんが、
これまで見てきたように、タバコは抜け毛の原因になりえます。

 

タバコをやめれば、抜け毛は減るかもしれません。

 

しかし、これまでタバコを吸ってきて、抜け毛を減らしたいから
すぐにタバコをやめるというのは難しいのではないかと思います。

 

それに、私は禁煙の専門家ではないので、
禁煙というアプローチでタバコによる抜け毛を減らす
お手伝いはできません。

 

ですが、私はAGAを克服した経験を持っています。

 

ですので、私の経験をあなたにお伝えすることで
禁煙以外でタバコによる抜け毛を減らすお手伝いが
できるのではないかと思います。

 

それでは、私がどのようにしてAGAを克服できたのか、
次に見ていきたいと思います。

 

 

私がAGAを克服した経緯

 

私は26歳の時に仕事のストレスで薄毛になり、
白髪が大量に増えました。

 

その3年後、29歳の時にAGAと診断されました。

 

AGA治療薬であるプロペシア(フィナステリド)という
薬の服用を始めましたが、この薬は保険が適応されないため
金銭的負担が大きかったです。

 

また、プロペシア(フィナステリド)は発毛を促進する薬ではなく、
AGAによる抜け毛を食い止めるための薬です。

 

抜け毛を食い止めている間に髪が太くなるのを待つという
スタンスの薬だったので、なかなか発毛効果を実感しづらかったです。

 

1年間プロペシア(フィナステリド)を続け、
合計12万円もかかりましたが、満足な効果は得られませんでした。

 

 

しかし、その後ある方法を見つけたことで
私はAGAを克服することに成功しました。

 

AGA治療最強の方法として、
プロペシア(フィナステリド)とミノタブの併用が挙げられます。

 

プロペシア(フィナステリド)はAGAによる抜け毛を食い止める効果、
ミノタブには発毛を促進する効果があります。

 

これら2つを併用することで効果的に育毛することが可能になります。

 

なんと、このAGA治療最強といわれる育毛法を
プロペシア(フィナステリド)単独の1/5程度のコストで得られる方法を
発見してしまったのです。

 

その方法を試した結果、1年もたたずにAGAを克服できてしまいました。

 

金銭的負担を大幅に減らせたのはもちろんのこと、
AGAを克服できたことは本当にうれしかったです。

 

 

しかし、このコスパのいい方法にも徐々に不満を募らせるように
なったのです。

 

 

AGA治療最強の方法に不満を持った理由

 

上記の方法により、AGAを克服できたわけですが、
私はこの方法に不満を持つようになりました。

 

なぜならば、AGA治療薬にはある致命的な欠点があったからです。

 

 

AGA治療薬の致命的な欠点それは・・・
服用をやめると効果がなくなることです。

 

 

これらの薬を飲むことでフサフサになることはできますが、
AGAを完治させられるわけではありません。

 

服用をやめれば効果がなくなり、再び薄毛が進行します。

 

 

つまり、髪を維持するために一生AGA治療薬を
飲み続けなければならないということなのです。

 

私はこのことに強い不満を感じるようになりました。

 

 

AGA治療薬に対する不満を解消した方法とは?

 

AGA治療薬に不満を持った私は、不満を解消すべく
別の方法を探しました。

 

 

するとある方法が見つかりました。

 

 

その方法にかかるコストはプロペシア(フィナステリド)の
1/5以下でした。

 

しかも、副作用のリスクが一切なかったのです。

 

また、薬を一生飲み続ける必要もありませんでした。

 

低コストかつ一生薬を飲み続ける必要がない方法。
まさに、私が探し追い求めていた方法でした。

 

私は、その方法を試すことにしました。

 

そして、その方法の実践を続けた結果、
薬を使わずに髪が維持できるようになり、
最終的には毎月の育毛コストがかからなくなりました。

 

 

AGA治療薬に対する不満を解消してAGAを克服できた方法それは・・・
薬を使わない育毛法です。

 

 

AGA治療薬の存在が目立っているためあまり知られていませんが、
薬を使わずにAGAを克服することは可能なのです。

 

薬を使わない育毛に取り組むことで、
コストを大幅にカットできる、副作用のリスクを避けられる、
最終的には、薬を使わずに髪が維持できるようになるなど
多くのメリットを得ることができます。

 

タバコによる抜け毛で困っているあなたにも、
是非、私が薬を使わずにAGAを克服できた方法について
知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりお金をかけずに育毛することを
目的としていますが、薬を飲み続けなくてもいい育毛を
特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
私が薬を使わずにAGAを克服できた方法について
お伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
タバコの抜け毛は減らしたいけど禁煙するのはまだ難しい、
まずは安全で低コストな育毛から始めたいと考えているなら
無料期間のうちにご登録を。

 

 


カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ