コーヒーではげるのが心配な方がフサフサになるための育毛法


coffee

 

 

コーヒーではげるのが心配なあなたへ

 

このブログにたどり着いたあなたは、
コーヒーが好きな方なのでしょう。

 

 

そして、薄毛で悩んでいる。

 

 

コーヒーははげるという話を聞いて、
それが本当かどうか確かめたくて、
このことについていろいろ調べていたところ
なのではないでしょうか。

 

そして、コーヒーははげる、コーヒーは育毛にいいという
真逆の話が出てきた。

 

どちらが本当なのか確かめたい。
そう思っていたのではないでしょうか。

 

 

確かに、コーヒーははげるという説とコーヒーは育毛にいいという
説があり、それぞれに根拠があるようです。

 

実際にどちらが正しいのか、これから考えていきたいと思います。

 

 

コーヒーではげるという説の根拠は?

 

まず、コーヒーははげるという説の根拠について
見ていきましょう。

 

 

■コーヒーははげる説の根拠その1―亜鉛の吸収率低下

 

コーヒーに含まれているカフェインには、
亜鉛の吸収率を低下させる作用があると考えられています。

 

亜鉛は髪の毛を作るのに大事な栄養素です。

 

その亜鉛がカフェインにより、吸収を妨げられてしまうので、
コーヒーを飲むとはげると考えられているようです。

 

 

■コーヒーははげる説の根拠その2―胃が荒れる

 

コーヒーは刺激の強い飲み物なので、胃が弱い人が飲むと
胃が荒れてしまいます。

 

胃が荒れてしまうと、栄養の吸収率が悪くなるため、
コーヒーを飲むとはげると考えられているようです。

 

 

■コーヒーははげる説の根拠その3―睡眠が阻害される

 

コーヒーに含まれるカフェインで眠気を覚ますことができます。

 

しかし、コーヒーを寝る前などに飲むと眠気が吹き飛んでしまい、
なかなか寝付けなくなります。

 

寝付けなくなると、睡眠の質が悪くなります。

 

睡眠は髪の成長にとって大事なことなので、
カフェインによって睡眠が阻害されることが
コーヒーははげる説の根拠になっているようです。

 

 

コーヒーは育毛にいいという根拠は?

 

コーヒーははげる説がある一方、コーヒーは育毛にいいという
説があります。

 

このコーヒーが育毛にいいという説の根拠は、
コーヒーに含まれているある成分にあるようです。

 

 

それは、クロロゲン酸です。

 

 

クロロゲン酸はポリフェノールの一種で、
血行を良くする効果があるため、育毛にいいと考えられているようです。

 

 

コーヒーを飲むとはげるそれともはげない?

 

コーヒーははげる説に関して、私の考えを述べさせていただくと

 

コーヒーは1日1杯くらいであれば問題ないけど、
飲みすぎるとはげる

 

と思います。

 

 

私自身、毎朝コーヒーにミルクを入れて飲んでいますが、
コーヒーではげると感じたことは今までありません。

 

ミルクでカフェインが薄まっているということもあるかもしれませんが、
1日1杯くらいはとくに問題はないのではないかと思います。

 

ただ、上で見てきたように、カフェインは亜鉛の吸収率を下げる
作用があると考えられているので、飲みすぎはよくないでしょう。

 

 

コーヒーではげる心配がない私ですが以前は・・・

 

私自身、今でこそコーヒーを1日1杯飲んだ程度でははげませんが、
かつては薄毛に悩まされました。

 

私が薄毛を自覚したのは26歳のころです。

 

仕事のストレスで薄毛になり、白髪が大量に増えてしまいました。

 

そしてその3年後、29歳でAGA(男性型脱毛症)と診断されました。

 

それから、AGA治療のためにプロペシア(フィナステリド)と
呼ばれる薬を飲むことになりましたが、この薬は保険が適応されず
全額自己負担であるため、大きな金銭的負担を負わされました。

 

私が服用していたころは、1ヶ月で1万円もかかりました。

 

プロペシア(フィナステリド)を1年間続けたので、
合計12万円もかかりました。

 

それでフサフサになれたのならまだいいですが、
満足な効果は得られませんでした。

 

コストが高かったことと効果が薄かったことに不満を持った私は
ミノタブを追加することにしました。

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブの併用はAGA治療最強と
いわれています。

 

プロペシア(フィナステリド)でAGAによる抜け毛を
食い止めている間にミノタブで発毛を促進することで
効果的に育毛することが可能だからです。

 

この2つを併用することでフサフサになれた人も多いことでしょう。
私もその一人です。

 

ただ、私の場合はこの2つの効果を
プロペシア(フィナステリド)単独の1/5程度のコストで
得ることができました。

 

そして、1年もたたないうちにフサフサになることができたのです。

 

私はこのAGA治療最強の組み合わせに大変満足しました。

 

しかし、この方法にも徐々に不満を持つようになったのです。

 

 

AGA治療最強の育毛法に不満を持った理由

 

フサフサになれたものの、私はAGA治療最強とうたわれる
プロペシア(フィナステリド)とミノタブの併用に不満を持つように
なりました。

 

それはなぜか?
これらAGA治療薬にはある致命的な欠点があるからです。

 

 

AGA治療薬の致命的な欠点それは・・・
服用をやめると効果がなくなることです。

 

 

これらAGA治療薬はフサフサにする効果はありますが、
AGAを完治させる力はありません。

 

これらの薬によりフサフサになれたとしても、
服用を中止すれば効果がなくなり薄毛が再び進行します。

 

 

つまり、髪を維持するために一生これらの薬を
飲み続けなければならないということなのです。

 

私はこのことに強い不満を持つようになりました。

 

 

AGA治療薬に対する不満を解消した方法とは?

 

AGA治療薬に対して不満を持った私は、
別の方法を探しました。

 

 

すると、ある方法が見つかりました。

 

 

その方法のコストは、プロペシア(フィナステリド)単独の
1/5以下でした。

 

しかも、副作用のリスクが一切なかったのです。

 

低コストかつ安全に取り組める育毛ということで
AGA治療薬をやめてその方法に切り替えることにしました。

 

その方法の実践を続けた結果、薬に頼らなくても
髪が維持できるようになりました。

 

 

AGA治療薬に頼らずにAGAを克服できた方法それは・・・
薬を使わない育毛法です。

 

 

薬や育毛剤の存在が目立っているため、
一般的にはあまり知られていませんが、
薬を使わずにAGAを克服することは可能なのです。

 

薬を使わずに育毛することで低コストかつ安全に
薄毛を克服できる。

 

是非、あなたにもその事実について知っていただきたいと
思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、育毛にあまりお金をかけずに薄毛を克服することを
目的としていますが、薬を使わない安全な育毛を
特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
私が薬を使わず低コストでAGAを克服できた方法について
お伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
無料期間の今のうちに、低コストかつ安全な育毛法を
手に入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

現在、諸事情により メルマガを休止しております。 再開までいましばらくお待ちくださいませ。

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
現在、メルマガは休止中です。
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ