フケがはげの原因だというのは本当だと思いますか?


 

 

フケが原因ではげる?

 

フケが原因ではげるという話がありますが、
あなたはどう思いますか。

 

フケが多いとはげるのでしょうか。

 

 

私の考えでは・・・場合によると思います。

 

フサフサの人でもフケ症の人がいますし、
フケが多いからと言って必ずしもはげる原因には
ならないと思うのです。

 

一方で、フケが原因ではげることもあります。

 

例えば、脂漏性皮膚炎を発症した場合などです。

 

脂漏性皮膚炎とは、皮脂を栄養源としているマラセチア菌などが
原因で発症する皮膚炎です。

 

私も頭皮に脂漏性皮膚炎が発症したことがある
(というより、AGA(男性型脱毛症)と併発した)ので
よくわかるのですが、発症すると頭皮がすごくかゆいのです。

 

脂漏性皮膚炎になると、フケが多くなりますし
頭皮も荒れるので、抜け毛の原因になります。

 

脂漏性皮膚炎になった場合は、フケが原因ではげるということは
考えられるのではないかと思います。

 

ちなみに、私は皮膚科を受診して脂漏性皮膚炎を治しました。

 

もし、フケの多さが気になったりそれに伴ってはげる危険性を
感じたなら、皮膚科に受診したほうがいいでしょう。

 

 

脂漏性皮膚炎は治ったけど薄毛は治らなかった

 

私の場合、脂漏性皮膚炎とAGAの治療を並行していました。

 

脂漏性皮膚炎に関しては、外用薬など病院から処方されたものを
使用して適切に処置をしたため、治すことができました。

 

しかし、AGAに関しては改善することができませんでした。

 

AGAの治療では、プロペシア(フィナステリド)という飲み薬を
飲んでいたのですが、満足な効果を得ることができませんでした。

 

プロペシア(フィナステリド)は、発毛を促進するというよりも
AGAによる抜け毛を食い止めるための薬です。

 

従って、抜け毛を抑えることはできますが、
発毛効果を実感しにくいのです。

 

 

また、プロペシア(フィナステリド)は健康保険が適応されず
全額自己負担であるため、金銭的負担が大きい薬です。

 

私が服用していたころは、毎月1万円もかかりました。

 

1年間プロペシア(フィナステリド)を続けたので、
合計12万円もかかりました。

 

それだけお金をかけても、得られた効果は現状維持程度だったのです。

 

高い割には効果の薄いプロペシア(フィナステリド)に
私は不満を感じるようになりました。

 

 

ミノタブを追加してフサフサに

 

プロペシア(フィナステリド)に不満だった私は、
ミノタブ(ミノキシジル)を追加することにしました。

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)の
組み合わせはAGA治療最強と言われています。

 

プロペシア(フィナステリド)で抜け毛を食い止めている間に
ミノタブ(ミノキシジル)で発毛を促進するという
攻防一体の効果的な育毛が可能になるからです。

 

さらに、私はプロペシア(フィナステリド)と
ミノタブ(ミノキシジル)の効果をひと月当たり2千円程度で
得られる方法を見つけました。
(具体的な内容は後述のメルマガ内で明かしています)

 

私は、コストを大幅に削れた上に、AGA治療最強の効果を得ることができ、
1年もたたないうちにフサフサになれました。

 

フサフサになれたことを私は大いに喜びました。

 

 

しかし、私はこの方法にも強い不満を抱くようになったのです。

 

 

AGA治療最強の組み合わせに不満を持った理由

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)の
組み合わせは、最強と言われているだけあって効果抜群です。

 

しかし、私はこれらの薬に対して不満を持つようになりました。

 

なぜならば、これらの薬にはある致命的な欠点があったからです。

 

 

その致命的な欠点とは・・・服用をやめると効果がなくなることです。

 

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)の
効果でフサフサになることは可能ですが、フサフサになったから
といって服用をやめていいわけではありません。

 

これらの薬の服用をやめれば効果がなくなり、再び薄毛が
進行します。

 

つまり、髪を維持するために一生これらの薬を
飲み続けなければならないのです。

 

私はこのことを非常にわずらわしく思いました。

 

 

不満を解消して育毛にお金をかけなくてもよくなった

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)に
不満を持った私は、不満を解消するべく別の方法を探しました。

 

 

すると、ある方法が見つかりました。

 

その方法にかかるコストは、ひと月当たり2千円以下でした。

 

しかも、副作用のリスクが一切なかったのです。

 

もちろん、一生薬を飲み続けなければならないということも
ありませんでした。

 

私は、プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)を
やめてその方法に切り替えました。

 

その結果、それらの薬を服用しなくても髪が維持できるようになり、
毎月の育毛コストがかからなくなりました。

 

 

その方法とは・・・薬を使わない育毛法です。

 

 

薬や育毛剤などによる育毛が目立っているため
あまり知られていませんが、薬を使わずに薄毛を克服することは
可能なのです。

 

薬を使わない育毛に取り組むことで、
コストを大幅にカットできる、
副作用のリスクを避けられる、
最終的には毎月の育毛コストがゼロ円になるなど
多くのメリットを得ることができます。

 

是非、あなたにも薬を使わない育毛のメリットについて
知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりお金をかけずに育毛することを目的としていますが、
薬を使わない安全な育毛を特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
私が薬を使わずにフサフサになれた方法について
お伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
低コストかつ安全にフサフサになりたいと考えているなら、
無料期間のうちにご登録を。

 

 


カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ