ジヒドロテストステロン(DHT)を亜鉛で減らすよりも効果的な育毛法


ジヒドロテストステロン(DHT)は亜鉛で減る?それとも増える?

 

ジヒドロテストステロン(DHT)を亜鉛で減らせるという話があります。

 

プロペシア(フィナステリド)でもジヒドロテストステロン(DHT)を
減らすことは可能。

 

でも、男性機能の低下や肝機能障害などの副作用が心配。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)を亜鉛で減らせば、
プロペシア(フィナステリド)のように副作用のリスクなしで
育毛できるかもしれない。

 

このブログに来たあなたは、
そう考えていたのではないでしょうか。

 

確かに、ジヒドロテストステロン(DHT)を減らすことを
考える際、副作用は見過ごせない問題ですね。

 

もし本当に、ジヒドロテストステロン(DHT)を亜鉛で減らせるなら、
副作用のリスクも避けられますし、亜鉛で育毛する価値は
あるかもしれません。

 

亜鉛自体は、不足すると抜け毛の原因になりますので、
亜鉛を摂取すること自体は、髪にいいことですし、
その点でも、ジヒドロテストステロン(DHT)と亜鉛の関係に
矛盾はないといえるかもしれません。

 

一方で、亜鉛をとりすぎてしまうと、逆にテストステロンや
ジヒドロテストステロン(DHT)が増加してAGAが悪化するという
話もあります。

 

ですので、いくらジヒドロテストステロン(DHT)が亜鉛で減らせると
いう話があるからと言って、過剰摂取は禁物でしょう。

 

 

ジヒドロテストステロン(DHT)を亜鉛で減らすよりも安全な育毛法

 

ジヒドロテストステロン(DHT)を亜鉛で減らせるという
話がある一方で、ジヒドロテストステロン(DHT)は亜鉛で
増えてしまうという話もあります。

 

そんな話を聞くと、ジヒドロテストステロン(DHT)を亜鉛で減らす
育毛に取り組むのに不安を感じてしまうと思います。

 

そんなあなたにある育毛法の話をしたいと思います。

 

 

実は、かなり低コストで安全性の高い育毛法が存在するのです。

 

その方法にかかるコストは、ひと月当たり2千円以下で
プロペシア(フィナステリド)単独の1/5以下です。

 

しかも、プロペシア(フィナステリド)などと違い、
副作用のリスクが一切ありません。

 

 

その方法とは・・・薬を使わない育毛法です。

 

 

一般的にはあまり知られていませんが、
薬を使わずにAGA(男性型脱毛症)を克服することは
可能なのです。

 

薬を使わない育毛に取り組むことで、
金銭的負担を大幅に減らすことができますし、
副作用の心配を一切しなくて済みます。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)を亜鉛で減らせるかもしれないけど、
逆に増えるかもしれない。

ジヒドロテストステロン(DHT)を亜鉛で減らす育毛に取り組むのは
怖い。

 

そういった不安を解消する育毛法があることを
あなたにも知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりお金をかけずに育毛することを目的としていますが、
ジヒドロテストステロン(DHT)が亜鉛で増える心配がない育毛法を
特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
薬を使わず安全にAGAを克服できる方法について
お伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
ジヒドロテストステロン(DHT)が亜鉛で増えるのは怖い、
そういった心配をせず安全に育毛したいと考えているなら、
無料期間のうちにご登録を。

 

 


カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ