ジヒドロテストステロンの原因を知ってフサフサになりたい方へ


ジヒドロテストステロン(DHT)の原因について

 

ジヒドロテストステロン(DHT)が発生する原因を
あなたは知っていますか。

 

男性ホルモンの一種であるテストステロンが
5αリダクターゼという還元酵素の影響を受けて
ジヒドロテストステロン(DHT)に変換されます。

 

このジヒドロテストステロン(DHT)がAGA(男性型脱毛症)の
原因なのです。

 

 

ジヒドロテストステロン(DHT)への対処法は?

 

ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する方法として
プロペシア(フィナステリド)という薬が有名です。

 

確かに、プロペシア(フィナステリド)を服用すれば、
ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制して
抜け毛を抑えることができます。

 

しかし、このプロペシア(フィナステリド)という薬は、
色々とデメリットが多いのです。

 

 

まずはコストです。

 

プロペシア(フィナステリド)は健康保険が適応されないため、
金銭的負担が大きいのです。

 

私が服用していたころは、1ヶ月に1万円もかかりました。

 

それで効果があればまだいいのですが、
得られた効果はせいぜい現状維持程度でした。

 

効果には個人差があるのかもしれませんが、
高い割には効果が薄いというのが私の印象です。

 

また、プロペシア(フィナステリド)には、副作用のリスクが
あります。

 

男性機能の低下や肝機能障害などが
この薬の副作用として有名です。

 

これらの副作用が出る割合は極めて少ないとされていますが、
薬である以上、絶対に副作用が出ないとは言い切れません。

 

金銭的負担と副作用のリスクを負って
効果の薄い育毛をすることにあなたは満足できますか。

 

 

もっと金銭的負担を減らして安全に育毛するには?

 

ジヒドロテストステロン(DHT)対策が目立つ一方、
それ以外の方法についてはあまり知られていません。

 

私自身も知らなかったのですが、
ジヒドロテストステロン(DHT)対策以外で
薄毛を克服する方法が存在するのです。

 

薄毛の原因には様々なものがあり、
例えAGA(男性型脱毛症)と診断されたとしても、
生活習慣や体質改善等で薄毛を克服することは
可能なのです。

 

なぜそう言えるのかといえば、
私もそのような方法で薄毛を克服できたからです。

 

 

その方法とは・・・薬を使わない育毛法です。

 

 

私はその方法を見つけてから、
プロペシア(フィナステリド)など薬を一切やめて
その方法に切り替えました。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制しなければ
また髪が抜けてしまうのではないか。

 

そんな不安が頭をよぎりました。

 

 

しかし、それはただの取り越し苦労でした。

 

その方法を続けた結果、プロペシア(フィナステリド)などで
ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制しなくても、
フサフサの髪を取り戻すことができ、またフサフサの髪を
維持できるようになったのです。

 

薬を使わない育毛は、金銭的負担が少なく、
副作用のリスクがない安全な育毛法です。

 

ですので、そういった方法でフサフサになれるという事実を
あなたにも知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりお金をかけずに育毛することを目的としていますが、
副作用のリスクがない安全な育毛を特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
私が薬を使わずにフサフサになれた方法について
お伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
低コストかつ安全な育毛法について知ってみたいなら、
無料期間のうちにご登録を。

 

 

現在、諸事情により メルマガを休止しております。 再開までいましばらくお待ちくださいませ。

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
現在、メルマガは休止中です。
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ