ジヒドロテストステロンを抑制したい方のための安全な育毛法


ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する方法について

 

ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する方法として
あなたは何を思い浮かべますか?

 

プロペシア(フィナステリド)のようなAGA(男性型脱毛症)の
薬が一つの方法として思い浮かんだのではないでしょうか。

 

確かに、プロペシア(フィナステリド)で
ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制することは可能でしょう。

 

 

しかし、私はプロペシア(フィナステリド)で
ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制するという育毛を
おすすめしません。

 

なぜならば、プロペシア(フィナステリド)にはいろいろと
デメリットがあるからです。

 

 

まずはコスト面です。

 

プロペシア(フィナステリド)は保険が適応されないため、
金銭的負担が大きいのです。

 

私も服用していた時がありますが、
そのころは、1ヶ月に1万円もかかりました。

 

私の場合、1年間続けたので
合計12万円もかかってしまいました。

 

それほどコストをかけたにもかかわらず、
得られた結果はせいぜい現状維持程度でした。

 

 

また、プロペシア(フィナステリド)は副作用のリスクがある
薬です。

 

この薬の副作用として男性機能の低下や肝機能障害などが
挙げられます。

 

これらの副作用が出る割合は極めて少ないとされていますが、
薬である以上、絶対に出ないとは言い切れません。

 

プロペシア(フィナステリド)で
ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制することで
抜け毛を減らすことはできるでしょう。

 

しかし、発毛を促進できるわけでもありませんし、
副作用のリスクがあるのに得られる効果は
現状維持程度なのです。

 

あなたはそれでもジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する
方法として、プロペシア(フィナステリド)の服用がいいと
思いますか。

 

 

ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制しなくてもフサフサになれる理由

 

ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する方法が
薄毛を克服する手段として目立っています。

 

私もかつては、プロペシア(フィナステリド)などの薬で
ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制しないと
薄毛を克服できないと考えていました。

 

 

しかし、ある方法を見つけることで
その考えが変わりました。

 

 

それは・・・薬を使わない育毛法です。

 

 

私自身も意外に思ったのですが、
ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制しなくても、
生活習慣や体質などを改善すれば、薄毛を克服することは
可能なのです。

 

薄毛の原因はさまざまであり、
例えAGA(男性型脱毛症)と診断されたとしても、
そういったものを改善すれば、薄毛を克服することができます。

 

私自身も、プロペシア(フィナステリド)などの薬をやめて
そういった育毛法に切り替えましたが、
プロペシア(フィナステリド)でジヒドロテストステロン(DHT)を
抑制しなくても、フサフサの髪を取り戻すことが
できてしまいました。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制するために
高い金を払ってプロペシア(フィナステリド)を
続ける必要はない、もっと金銭的負担が少なくて
安全な方法でフサフサになれるという事実を
あなたにも知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりお金をかけずに育毛することを目的としていますが、
薬を使わない安全な育毛を特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
私が薬を使わずにフサフサになれた方法について
お伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する方法ではなく、
もっと低コストで安全にフサフサの髪を取り戻したいと
考えているなら、無料期間のうちにご登録を。

 

 

現在、諸事情により メルマガを休止しております。 再開までいましばらくお待ちくださいませ。

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
現在、メルマガは休止中です。
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ