髪の専門家でも必ずしもあてになるわけではない?


barbershop

 

私が薄毛になる少し前のころのことでした。
私は、髪を切りに理髪店へ行きました。

 

その理髪店では、頭皮をチェックするための
マイクロスコープが設置されていました。

 

私も、散髪中に頭皮チェックしてもらいました。

 

すると、理容師がこう言いました。

 

「毛穴のところに脂がありますねえ。今は若いからまだいいけど、
このままだと将来あぶないですよお。」

※このころの私は、25歳くらいです。

 

私は、その当時肉をよく食べていたし、脂漏性皮膚炎にも
なりやすい体質だったので、頭皮に皮脂がたまっていると
いうのは納得していました。

 

また、当時は頭皮の皮脂が詰まってハゲるという話を
信じていましたので、ハゲないように気を付けようと
思いました。

 

しかし、そんなすぐにはハゲないだろうからぼちぼち
やっていこうという気持ちでした。

 

 

実際はその3か月後か半年後くらいに仕事のストレスで
ハゲることになるのですが・・・。

 

 

私は当初、理容師は髪に関する専門家だと思っていて、
その専門家が頭皮の皮脂でハゲるおそれがあると
いっているのだから、皮脂は髪によくないんだなと
思っていました。

 

しかし、今現在では、色々と知識を身に付け、
必ずしも頭皮の皮脂が原因でハゲるわけでは
ないということを知っています。

 

今となっては、理容師も育毛に関しては
あてになるかどうか疑問です。

 

ただ、脂漏性皮膚炎になれば、それが原因で髪が抜けることも
考えられます。

 

スコープを見てあまりに皮脂が多い場合は、皮膚科を受診して
治療したほうがいいかもしれません。

 

 

皮脂の量がそこまで多くなければ、それほど神経質になることは
ないでしょう。

 

しかしながら、この理容師のようにさも皮脂がハゲの原因で
あるかのような言い方をする人のいうことを鵜呑みにするのは
危険です。

 

なぜなら、そのことにより薄毛が悪化してしまうかも
しれないからです。

 

髪の専門家である理容師が頭皮の皮脂がハゲの原因というと、
皮脂を取り除かなければいけないという気持ちになって
しまいますね。

 

しかし、力を入れて爪を立ててシャンプーしたりまたは
シャンプーブラシを使って力を入れて頭皮を洗うと、
頭皮が傷ついて抜け毛が悪化してしまいます。

 

また、皮脂をとりすぎると、皮脂の不足を補おうとして
皮脂が過剰分泌され、かえって頭皮が脂っこくなってしまいます。

 

ですので、こういった話は鵜呑みにせず、シャンプーは爪を
立てず、シャンプーブラシも使わず、指の腹でやさしく
洗うということを心がければ、頭皮も傷まないし、
十分頭皮の汚れも取れるし、シャンプーが原因で
抜け毛が悪化する事態は防ぐことができます。

 

ただ、AGA(男性型脱毛症)になるひとの傾向として頭皮の皮脂が
多い傾向があると聞いたことがあります。

 

脂漏性皮膚炎を併発する人もそれなりの割合でいるそうです。
私もその一人でしたが。

 

従って、マイクロスコープで頭皮を見て皮脂が多かった場合は、
シャンプー時に頭皮を痛めず必要以上に皮脂を取り除かないように
注意して、AGAへの警戒を強めたほうがいいでしょう。

 

 


カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ