ゴシゴシ洗いは厳禁。シャンプーは優しく


baby

 

あなたは、シャンプーの際どのように髪や頭皮を洗っていますか。

 

頭皮の脂がハゲの原因なので徹底的に落とさないといけないという
話を聞いて、爪を立てたりして力を入れすぎて徹底的に脂を落とそうと
して頭皮をゴシゴシ洗った経験をお持ちではありませんか。

 

私はこういった経験が大いにあります。私はちまたの噂を真に
受けて、頭皮の脂は落とせば落とすほど育毛にいいと思い込んで
爪を立ててゴシゴシ洗ったり、シャンプーブラシを使ったりして、
頭皮を痛めつけたことがあります。

 

しかし、こういったシャンプーの仕方は間違いなのです。
育毛のためには、頭皮にやさしいシャンプーを心掛ける必要が
あるのです。

 

今回は、育毛にいいシャンプーについてお話ししたいと思います。

 

1. シャンプーの基本

 

シャンプーは二度洗いが効果的だそうです。

 

一回目のシャンプーで髪の毛をよく濡らしてシャンプーを髪全体に
なじませ、泡立てて(頭皮ではなく)髪を洗いすすぎます。

 

 

二回目のシャンプーでやさしく頭皮を洗うのがいいそうです。

 

 

シャンプーが残ると頭皮に負担がかかるので、すすぎは十分に
する必要があるみたいです。

 

2. フケ、脂の取り方

 

頭皮を洗う際、力を入れすぎず、強くこすらず、爪を立てずに
指の腹でやさしく洗うのが正しい洗い方のようです。

 

フケや脂はこすってとれるのではなく、シャンプーに溶かし込む
ことによってとることができるそうです。

 

 

顔を洗うとき、指を立ててひっかくようにして汚れを洗い落とそう
としたり、力を入れてゴシゴシとこすったりする人はいないです
よね。

 

石鹸を泡立たせてやさしく洗う人がほとんどだと思います。

 

顔を洗うときのように頭皮をやさしく洗うのがいいということです。
(注1)

 

 

今回は、正しいシャンプーの仕方についてお話ししました。

 

頭皮を強くこすらず、やさしく洗う必要があるということは
ご理解いただけたかと思います。

 

私も以前、フケを取るためには徹底的に頭皮をこすって汚れを洗い
落とさないといけないんだと思って、強くこすったり、シャンプー
ブラシでゴシゴシ洗っていました。

 

しかし、今現在では上記のやり方のようにやさしく頭皮を洗って
いるおかげでそれほど髪が抜けず、頭皮を綺麗に洗うことができて
いると思います。

 

フケ症の人の場合は、どうしてもそれが気になってしまうので、
力を強く入れて頭皮を洗いがちですが、今回の話のようにフケを
シャンプーに溶かし込むようにイメージしてやさしくシャンプー
することを心掛けてみてください。

 

 

参考文献:小林一広他著 『薄毛・抜け毛を治す』 2006年 講談社出版

 

注1:参考文献 P165~166

 

現在、諸事情により メルマガを休止しております。 再開までいましばらくお待ちくださいませ。

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
現在、メルマガは休止中です。
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ