はげの大学生がお金をかけずにフサフサになれる秘密の育毛法


 

 

はげで悩んでいる大学生のあなたへ

 

はげで大学生活を送ることになるとは思わなかった。

 

このブログに来たあなたもきっとそのように
感じているのではないかと思います。

 

そして、はげになったのが大学生の若さであるため
大きなショックを受けているのではないでしょうか。

 

 

私もそうでした。

 

私の場合は、あなたよりも少し遅い時期、
具体的には26歳ではげました。

 

私がはげた原因は、仕事のストレスでした。

 

いかに仕事のストレスが大きいとはいえ、
20代の若さではげるとは思わず、大きなショックを受けました。

 

40代50代ならともかく、20代の若さではげたことに
耐え難い屈辱を感じていました。

 

そんな時期を経験してきた私ですが、
30代を迎えた現在もはげで悩んでいるかといえば、
決してそんなことはなくむしろフサフサの髪を維持できています。

 

 

そう、はげになったのが大学生や20代など若い時期であっても
フサフサの髪を取り戻すことは可能なのです。

 

はげの大学生活を送っているのはつらいと思いますが、
フサフサになれる日を信じて希望を持ち続けてください。

 

若はげだった私でもフサフサになれたのですから、
大学生のあなたがフサフサになれないはずはありません。

 

あなたにもフサフサになれるという事実を知ってもらいたいのです。

 

そうは言われても、具体的に何をすればいいかわからないと
思われるでしょう。

 

そんなあなたのために今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

当メルマガでは、私がフサフサになれた方法について
包み隠さず出し惜しみせずお話ししています。

 

下のほうにある登録フォームよりメルマガに登録可能です。

 

今なら無料で登録できますので、今のうちに登録してみては
いかがでしょうか。

 

まだ、登録を決めかねている場合は、これから私が
どのような経緯で若はげになり、フサフサになれたのか
お話ししますので、話を読んでから登録を検討していただければと
思います。

 

 

まさか26歳ではげるなんて・・・

 

先ほどもお話しした通り、私は仕事のストレスで
26歳という若さではげてしまいました。

 

あの当時、毎日のように仕事によるストレスを
たくさん受け続けていました。

 

そんな毎日を送っていたある日の朝、
鏡を見ると、分け目が薄くなっていたのです。

 

確かに仕事によるストレスは大きかったものの、
まさか20代ではげるとは思わず、あの時は本当にショックでした。

 

20代ではげることなど全く想定していなかったので、
何から始めればいいかわからず困りましたが、
自力で育毛することにしました。

 

 

まず、ドラッグストアに売っていた抜け毛予防のスプレーを買って
シャンプー後に欠かさず頭皮にスプレーするようにしました。

 

スプレーした直後は爽快感を得られたのですが、
どれだけ使ってもそれで抜け毛が減ることはありませんでした。

 

古い迷信で、わかめやこんぶを食べると髪が生えるというものがあり、
私はわらをもすがる思いでそれを信じてわかめをたくさん食べました。

 

しかし、どんなにわかめを多く食べても
それで髪が生えることはありませんでした。

 

 

シャンプーブラシは、頭皮の皮脂を除去して血行を改善するので
育毛にいいという宣伝内容を真に受けて、シャンプーブラシを購入して
頭皮を一生懸命ゴシゴシ洗いました。

 

すると、育毛にいいどころか抜け毛がもっとひどくなり、
風呂場の排水溝が髪の毛でいっぱいになってしまいました。

 

これは後に医師から聞いてわかったことなのですが、
シャンプーブラシに関しては、業者が儲けたいから
そういっているだけで、実際にシャンプーブラシを使うと
頭皮が痛んで抜け毛がもっとひどくなってしまうのです。

 

 

このように20代のころの私は、育毛に関して
見当違いのことばかり繰り返していました。

 

 

29歳でAGA診断。プロペシアの服用開始

 

仕事のストレスで若はげになってから3年後、
シャンプーをしていると頭ににきびのようなものができていました。

 

私はもともとにきびができやすい体質で
頭皮ににきびができることも珍しくありませんでした。

 

これは実際に経験がないとピンとこないと思いますが、
頭皮ににきびができると、シャンプーをするときに邪魔ですし
痛いのです。

 

私は今回も頭皮ににきびができたのだと思い、
皮膚科を受診することにしました。

 

にきびだと思っていたものはイボであることがわかりました。

 

医師は、冷凍スプレーで凍らせてイボを治療すると
言いました。

 

不安になった私は医師にこう聞きました。

 

「先生、そんなことをしたら毛穴が詰まってはげませんかね。」

 

 

すると次の瞬間、医師の口から衝撃の一言が返ってきました。

 

「いやあ~薄くなってるねえ。AGA(男性型脱毛症)だよ。
毛はまだ残ってるんだけど、細くなってるからはげに
見えるんだよねえ。」

 

気にしすぎでもなく思い込みでもなく、
医学的かつ客観的に私ははげであると宣告されたのです。

 

それから、プロペシア(フィナステリド)という薬で治療を
開始しました。

 

 

しかしながら、このプロペシア(フィナステリド)という薬は
金銭的負担の大きい薬でした。

 

自由診療で健康保険が適応されないため、全額自己負担で
支払わなければならないためです。

 

私が服用していたころは、毎月1万円もかかりました。

 

1年間続けたので合計12万円もかかりました。

 

それで効果があるならまだいいのですが、
満足な効果を得られたとはいいがたく、せいぜい現状維持程度の
効果しか得ることができませんでした。

 

プロペシア(フィナステリド)は、発毛を促進するというよりも
AGAによる抜け毛を食い止めるというディフェンス的な効果のある薬
であるため、抜け毛を減らすことはできるのですが、
発毛を実感するのがなかなか難しいのです。

 

高額な割に効果の薄いプロペシア(フィナステリド)に
私は不満を持つようになりました。

 

 

ミノタブを追加して不満を解消。しかし・・・

 

プロペシア(フィナステリド)だけでは満足できなかった私は、
ミノタブ(ミノキシジル)を追加することにしました。

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)の
効き目はAGA治療最強の組み合わせといわれています。

 

プロペシア(フィナステリド)でAGAによる抜け毛を食い止めている間に
ミノタブ(ミノキシジル)で発毛を促進するという攻防一体の
効果的な育毛が可能になるからです。

 

さらに、このAGA治療最強の効果をひと月当たり2千円程度、
プロペシア(フィナステリド)単独の1/5程度のコストで
得ることができました。
(なぜそこまでコストを削ってAGA治療採用の効果を
得ることができたのか、詳しくはメルマガでお伝えしています。)

 

1年プロペシア(フィナステリド)を続けても満足な効果が
得られなかったのが、2ヶ月程度で髪が太くなるのを感じることが
できました。

 

そして、1年もたたないうちにフサフサになることが
できたのでした。

 

若はげになったことで耐え難い屈辱を受け続けたことや
抜け毛の恐怖と戦い続けたことがまるで嘘のように思え、
私は大きな喜びを得ることができました。

 

 

しかし、それでも私は完全な満足を得ることが
できなかったのです。

 

 

若はげを克服できたのになぜ不満?

 

AGA治療最強の組み合わせにより、確かに私は若はげを
克服できました。

 

しかし、私は完全に満足することはできませんでした。

 

むしろ、日に日に不満が強くなりました。

 

それはなぜか?
プロペシア(フィナステリド)やミノタブ(ミノキシジル)などの
薬にはある致命的な欠点があったからです。

 

 

その致命的な欠点とは・・・服用をやめると効果がなくなることです。

 

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)の
組み合わせは、AGA治療最強と言われているだけあって
確かに効果があります。

 

これらの薬でフサフサになることは可能です。

 

 

しかし、フサフサになれたら服用をやめていいわけではありません。

 

これらの薬の効果があるのは服用している間だけで、
服用をやめれば効果がなくなり、再び薄毛が進行します。

 

つまり、髪を維持するために一生これらの薬を
飲み続けなければならなかったのです。

 

 

いくら金銭的負担を大幅に減らしてフサフサになれても、
一生薬を飲み続けなければならないことに私はわずらわしさを
感じるようになりました。

 

 

不満を完全に解消し毎月の育毛コストがゼロ円に

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)に対して
不満を持った私はほかの方法を探しました。

 

すると、ある方法が見つかったのです。

 

その方法にかかるコストは、ひと月当たり2千円以下でした。

 

しかも、プロペシア(フィナステリド)やミノタブ(ミノキシジル)
などと違い、副作用のリスクが一切ありませんでした。

 

もちろん、髪を維持するために一生薬を飲み続ける必要も
ありませんでした。

 

私はプロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)を
やめてその方法に切り替えました。

 

すると、これらの薬を服用しなくても髪が維持できるようになり、
最終的には毎月の育毛コストがかからなくなったのです。

 

 

その方法とは・・・薬を使わない育毛法です。

 

 

プロペシア(フィナステリド)やミノタブ(ミノキシジル)などの
薬や頭皮に塗るタイプの育毛剤などの存在が目立っているため
あまり知られていませんが、食事など生活習慣の改善や
頭皮マッサージなど薬を使わずにフサフサになることは可能なのです。

 

薬を使わない育毛に取り組むことで、
コストを大幅にカットできる、副作用のリスクを回避できる、
最終的には育毛にお金をかけなくても済むようになるなど
多くのメリットを得ることができます。

 

是非、あなたにも薬を使わない育毛法について
知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりお金をかけずに育毛することを目的としていますが、
副作用のリスクがない安全な育毛法を特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
私が薬を使わずにAGAを克服できた方法について
お伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
低コストかつ安全な育毛法で
フサフサのキャンパスライフを送りたいと考えているなら、
無料期間のうちにご登録を。

 

 


カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ