はげる年齢って何歳くらいだと思いますか?


baldguywbe

 

 

はげる年齢は何歳から?

 

あなたは、はげる年齢と聞いてどのくらいの年齢を
想像しますか?

 

40代でしょうか?それとも、50代でしょうか?

 

私もかつては、はげる年齢は40代くらいだと思っていました。

 

しかし、今では考え方が変わりました。

 

はげる人は20代くらいの年齢からでも
はげると私は思います。

 

はげる年齢は40代からだと思っていた私が
20代でもはげの年齢になりうると考えているのには
理由があります。

 

 

それは・・・私自身20代ではげてしまったからです。

 

 

かつての私は、はげる年齢として20代はありえないと
考えていました。

 

どんなに遺伝的要素があっても、ストレスが溜まっても、
はげる年齢は40代から。

 

20代はよほど不規則な生活でもしない限り
はげの年齢にはなりえない。

 

そう考えていました。

 

 

ところが、この考えを改めさせる事件が起こりました。

 

 

私が26歳のころのことです。

 

そのころ、私は仕事のストレスを多く抱えていました。

 

そんなある日、鏡を見てみると分け目が薄くなっていたのです。
白髪も大量に増えました。

 

はげの年齢として20代はありえないと考えていた私は
大きなショックを受けました。

 

そして悟ったのです。
20代でもはげの年齢になりうると。

 

 

はげる年齢が若いと回復の見込みがないのか?

 

まさかはげる経験を26歳という若い年齢でしてしまうとは
想像していなかったので、もうどうしていいかわかりませんでした。

 

20代ではげてしまったら、30代40代の年齢になったら
髪の毛が残らなくなるのではという恐怖心にかられました。

 

はげる経験を26歳という年齢でした私ですが、
30代の今、薄毛で悩んでいるかといえばそんなことはなく
むしろフサフサの髪を維持できています。

 

そう、はげる年齢が若くてもそれを克服することは
可能なのです。

 

私がどのようにしてはげを克服できたのか
次に見ていきたいと思います。

 

 

はげる年齢に関係なくはげを克服するためには?

 

はげる経験を若い年齢でしてしまった私がそれを克服できたのは、
適切な育毛法に出会うことができたからです。

 

仕事のストレスではげたのが26歳で、その3年後の29歳の年齢の時に
AGAと診断されました。

 

AGAの治療法としてはプロペシア(フィナステリド)服用が
一般的ですが、この薬は金銭的負担が大きいわりに
大した効果は得られないものだったのです。

 

1年間プロペシア(フィナステリド)を服用しても
AGAを克服することはできませんでした。

 

 

しかし、その後ある方法を見つけたことで状況が一変しました。

 

 

なんと、その方法はプロペシア(フィナステリド)単独の1/5以下の
コストで取り組める内容でした。

 

しかも、副作用のリスクが一切なかったのです。

 

私は、これほど低コストで安全な育毛法は
聞いたことがありませんでしたが、試しにやってみることにしました。

 

その方法を実践した結果、プロペシア(フィナステリド)なしでも
髪が維持できるようになり、低コストでAGAを克服することに
成功しました。

 

私がプロペシア(フィナステリド)に頼らずAGAを克服できた方法
それは・・・薬を使わない育毛法です。

 

プロペシア(フィナステリド)がAGA対策の薬として
目立っているためあまり知られていませんが、薬を使わずに
AGAを克服することは可能なのです。

 

薬を使わない育毛に取り組むことで、
コストを大幅にカットできる、副作用のリスクを受けなくて済むなど
多くのメリットを得ることができます。

 

是非、あなたにも薬を使わない育毛のメリットについて
知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

当メルマガにご登録いただければ、
私が薬を使わずにAGAを克服できた方法をお伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
低コストかつ安全な育毛を実践してはげを克服したいと
考えているなら、無料期間のうちにご登録を。

 

 


カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ