はげの理由として挙げられる3つの原因とその対策とは?


baldguyz

 

 

はげる理由と対策を知りたいあなたへ

 

あなたははげの理由としてどんなものを思い浮かべますか。
年齢、遺伝、体質などはげの理由はいろいろ思いつくのでは
ないでしょうか。

 

私自身、26歳で薄毛になり、29歳でAGA(男性型脱毛症)と診断
されました。

 

人それぞれ、はげる理由は様々だと思いますが、
私の経験を踏まえ、はげる理由について考えていきたいと
思います。

 

 

■はげる理由その1―ストレス

 

まず、はげる理由としてストレスがあげられます。

 

私は26歳のころに仕事上で過剰なストレスを受けてから、
はげて白髪が大量に増えました。

 

医師になかには、はげる理由とストレスの間に因果関係はないと
考える方もいらっしゃいますが、私は自分の経験から
はげる理由とストレスの因果関係を確信しています。

 

ストレスがなかったころは何ともなかったのに、
ストレスを過剰に受け始めてからいきなりはげて
白髪が大量に増えたからです。

 

ストレス解消など、ストレスに対処することは
育毛するうえで必要なことであると私は考えます。

 

 

■はげる理由その2―遺伝

 

はげる理由として遺伝は有名ですね。

 

私も遺伝が26歳のころにはげた理由の一つであると
考えています。

 

私の父親ははげています。頭頂部はげです。
M字ではありません。

 

私も26歳の時に頭頂部がはげました。

 

私がM字ではなく頭頂部がはげたのは、
父親から頭頂部はげの遺伝子を引き継いだ何よりの
証拠ではないでしょうか。

 

 

■はげる理由その3―男性ホルモンの多さ

 

はげる理由で外せないのが男性ホルモンの多さだと
私は考えます。

 

AGAの発症には、男性ホルモンが関わっているからです。

 

男性ホルモンの一種にテストステロンというものがあります。
テストステロン自体は、はげる理由にはなりませんが、
このテストステロンがある還元酵素の影響を受けると
ジヒドロテストステロン(DHT)に変換されます。

 

このDHTがAGAを引き起こすのです。

 

男性ホルモンが多ければ、テストステロンがDHTに変換されたときに
AGAによる抜け毛がより多くなると考えられるのではないでしょうか。

 

 

はげる理由はわかっても対処法はわからなかった

 

これまで、はげる理由についてみてきましたが、
あなたにも心当たりがあるものもあったのではないでしょうか。

 

私自身、26歳ではげたときは、仕事のストレス、男性ホルモンの多さなど
自分がはげた理由についてはなんとなく知っていましたが、
育毛の知識などまったくなくどのように対策したらいいかわからず
本当に困りました。

 

高額な育毛サロンに通う余裕などなかったので、
市販の抜け毛予防スプレーで対策してみましたが、
全然効果がありませんでした。

 

シャンプーブラシを使うと、血行が良くなって頭皮の皮脂を
取り除くことができるので、効果的に育毛することができるという
宣伝を真に受けて、シャンプーブラシを使ったこともありました。

 

 

ところが、これは逆効果でした。

 

 

シャンプーブラシは、血行を良くするどころか、
頭皮を傷つけ、抜け毛を悪化させるものだったのです。

 

シャンプーブラシを使ったおかげで抜け毛がひどくなり、
シャンプーのたびに、風呂場の排水溝が髪の毛で詰まってしまいました。

 

このように、私は何が正しい育毛法なのかわからなかったために、
はげを克服するどころか、抜け毛を悪化させてしまったのです。

 

 

はげる理由だけでなく、適切な対処法もわかった

 

どのような育毛法がいいのかもわからず、抜け毛を悪化させた私ですが、
色々探した結果、適切な育毛法を見つけることができました。

 

一般的には、育毛法とりわけAGA対策として
プロペシア(フィナステリド)とミノタブの併用がベストだと
考えられています。

 

プロペシア(フィナステリド)でAGAによる抜け毛を食い止めて
ミノタブで発毛を促進することで効果的な育毛ができるからです。

 

確かに、これらを併用することでフサフサになることは
可能ですが、これらの薬にはある致命的な欠点があります。

 

それは、服用をやめると効果がなくなることです。

 

これらの薬は、AGAによる薄毛を回復させる効果はありますが、
AGAを完治させる力はないのです。

 

服用をやめれば再び薄毛が進行します。

 

つまり、髪を維持するために一生これらの薬を飲み続けなければ
ならないということなのです。

 

では、どのような育毛をすればいいのでしょうか?

 

実は、上記のはげる理由に対処する方法は、
プロペシア(フィナステリド)やミノタブだけではありません。

 

もっといい方法があるのです。

 

その方法のコストは、プロペシア(フィナステリド)単独の
1/5以下です。

 

しかも、副作用のリスクは一切ありません。

 

もちろん、プロペシア(フィナステリド)やミノタブを
飲み続けなければならないということはありません。

 

 

上記のはげる理由に対処する適切な育毛法それは・・・
薬を使わない育毛法です。

 

 

一般的には、これほど低コストで安全に育毛できることは
知られていませんが、このような方法は実際に存在するのです。

 

実際に、私はその方法でAGAを克服しました。

 

そのおかげで抜け毛の恐怖から解放されましたし、
髪を維持するために薬を飲む必要はないので、
今では毎月の育毛コストはゼロ円になりました。

 

低コストかつ安全に育毛する方法を
あなたにも知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

当メルマガで、育毛の知識など全くなかった私がどのようにして
AGAを克服できたのか、具体的なお話をいたします。

 

今なら無料で登録できます。
はげる理由はなんとなくわかったけど、
適切な育毛法についても知りたいと考えているなら、
無料期間のうちにご登録を。

 

 


カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ