はげのスレでは語られない低コストでフサフサになれる秘密とは?


 

 

はげのスレでもしっかりした情報はある

 

はげのスレでは、あおりのようなものが多いものの、
ちゃんとした情報も中にはあります。

 

私も、はげのスレを少し調べてみたのですが、

 

 

・プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)を
併用すればフサフサになれる

・睡眠はなるべく22時から翌2時の間にとるようにする

・ラーメンやファストフードなどは栄養が偏ったり
脂が多かったりして髪によくないのでできれば
避けたほうがいい

 

 

などなど、育毛に関しては的を得ていて
しっかりした情報があったので、ちゃんとしたコメントであれば
参考になる部分があるという印象を受けました。

 

しかし、これだけ見てもどうして参考になるかわかりづらいと
思いますので、これらのことについてもう少し掘り下げて
お話ししたいと思います。

 

 

プロペシアとミノタブでフサフサになれるのはなぜ?

 

 

薄毛の原因の一つとしてAGA(男性型脱毛症)が挙げられます。

 

AGAを発症すると、男性ホルモンの一種であるテストステロンが
5αリダクターゼという還元酵素の影響を受けて
ジヒドロテストステロン(DHT)という悪性の男性ホルモンへ
変換されます。

 

このDHTが抜け毛を引き起こすと考えられています。

 

今は、薄毛を病院で治療できる時代になりましたので、
皮膚科などで診察を受けてAGAと診断されれば、
プロペシア(フィナステリド)という薬を処方してもらえます。

 

プロペシア(フィナステリド)を服用すると、
5αリダクターゼを抑制してテストステロンがDHTになるのを
防いでくれるため、抜け毛を抑えることができます。

 

簡単に言えば、AGAによる抜け毛を防いでくれるということです。

 

AGAクリニックなどに行けば、プロペシア(フィナステリド)とは別に
ミノタブ(ミノキシジル)を処方してくれるところもあります。

 

プロペシア(フィナステリド)がAGAによる抜け毛を抑える効果が
あるのに対し、ミノタブ(ミノキシジル)は血行を良くして
発毛を促進する効果があります。

 

プロペシア(フィナステリド)で抜け毛を抑えている間に
ミノタブ(ミノキシジル)で発毛を促進するという攻防一体の
効果的な育毛が可能になるため、この2つの組み合わせは
AGA治療最強と言われています。

 

実際に、これらの薬の併用でフサフサになることも
可能です。

 

 

ただし、一部の人には副作用が出る恐れがあるので
注意が必要です。

 

プロペシア(フィナステリド)は、男性機能の低下や
肝機能障害などがごく一部の服用者に出る恐れがあるとされています。

 

ミノタブ(ミノキシジル)に関しては、むくみや動悸、
毛深くなるなどの副作用が出る恐れがあります。

 

私も両方服用していたことがありますが、
プロペシア(フィナステリド)では全く副作用が出なかったものの、
ミノタブ(ミノキシジル)を飲んで毛深くなる副作用が
出てしまいました。

 

 

髪にとって適切な睡眠時間

 

 

22時から翌2時までは髪のゴールデンタイムと言われています。

 

この時間帯に、髪が修復され髪の成長が促されるからです。

 

従って、睡眠時間が不規則になってこの時間帯に
睡眠がとれないと、髪の成長に悪影響が出る恐れがあります。

 

ただ、忙しい現代人が毎日この時間帯に睡眠をとるのは
難しいと思います。

 

休みの日はなるべくこの時間帯に睡眠をとるようにするなど、
できることから始めるのもいいかもしれません。

 

どうしても、この時間帯に睡眠をとれる日がないということであれば、
食事など別のことでカバーするのも一つの方法です。

 

 

栄養が偏ると薄毛につながる恐れがある

 

 

髪の成長には、栄養バランスのとれた食事が不可欠です。

 

ファストフードやカップラーメンばかり食べていると、
髪に必要な栄養を摂取できないばかりでなく、
血中の脂分が多くなってしまい、血流が悪くなり
髪に必要な栄養が頭皮に行き届かなくなる恐れがあります。

 

私も薄毛で悩んでいたころ、夜中の3時ごろに
カップラーメンを食べていたこともあったので、
今にして考えれば、髪によくないことをしていたと思います。

 

今では、栄養バランスに気を付けて食事をとるようにしています。

 

 

はげのスレにはない方法でフサフサになれたのはなぜ?

 

これまで見てきたように、はげのスレにも役に立つ情報は確かにあります。

 

しかし、はげのスレにある情報だけに頼っていたら、
きっと満足な育毛をすることはできなかったでしょう。

 

なぜそう言えるのかといえば、私もかつては薄毛で悩んでいて、
自分で色々探した結果、はげのスレでは語られないある方法により
薄毛を完全に克服することに成功したからです。

 

私がどういう経緯ではげのスレにはない方法を見つけ
フサフサになったのか、これからお話ししていきます。

 

 

薄毛で悩んでいたころの話

 

 

私が26歳のころでした。

 

仕事のストレスを毎日受け続け、
それを我慢していました。

 

そんな日々を送っていたある日、鏡を見ると
分け目が薄くなっていました。

 

いかに仕事のストレスが大きいとはいえ、
20代の若さではげるとは思わず、
大きなショックを受けました。

 

また、仕事のストレスの影響で白髪が大量に増えました。

 

私は、はげだけでも何とかしようと思い、
自分で育毛する方法を探しました。

 

まず、ドラッグストアに売っていた
抜け毛予防のスプレーを買ってシャンプー後に
かけるようにしました。

 

 

しかし、それで抜け毛が減ることはありませんでした。

 

毎日シャンプーするたびに、腕を伝って髪の毛がどんどん
抜けていくのを感じました。

 

あのころは、毎日が抜け毛の恐怖の連続でした。

 

 

そのほか、自分が試した方法として
シャンプーブラシがあります。

 

シャンプーブラシは、頭皮の皮脂を除去して血行を良くするので
育毛にいいという宣伝内容を真に受けて、私はシャンプーブラシを
買って一生懸命頭皮をゴシゴシ洗いました。

 

すると、育毛にいいどころか抜け毛がもっとひどくなり、
風呂場の排水溝が髪の毛でいっぱいになってしまいました。

 

後で、医師から聞いたのですが、シャンプーブラシの宣伝に関しては
業者が儲けたいからそう宣伝しているだけで、実際にシャンプーブラシを
使うと、頭皮が痛んで抜け毛がもっとひどくなるそうです。

 

 

そのほか、食事でも育毛にいいものを考えてみました。

 

わかめやこんぶなどの海藻類を食べると髪が生えるという
古い迷信を頼りにして、わかめを多めに食べましたが、
それで髪が生えることはありませんでした。

 

このように、若はげになった私は、育毛に関して
見当違いのことばかりしていたのでした。

 

 

29歳で衝撃のAGA診断。プロペシアの服用を開始する

 

 

仕事のストレスで若はげになってから3年後、
私は29歳でAGA(男性型脱毛症)と診断しました。

 

それから、上でもお話ししたプロペシア(フィナステリド)の服用を
開始しました。

 

しかしながら、プロペシア(フィナステリド)という薬は
自由診療で保険が適応されないため、金銭的負担が大きい薬でした。

 

私が服用していたころは、毎月1万円もかかりました。

 

1年間プロペシア(フィナステリド)を続けたので、
合計12万円もかかってしまいました。

 

それで効果があればまだいいのですが、
満足な効果が得られたとはいいがたく、
せいぜい現状維持程度の効果しか得ることができませんでした。

 

高額な割に効果の薄いプロペシア(フィナステリド)に
私は不満を持つようになりました。

 

 

AGA治療最強の組み合わせでフサフサに

 

 

プロペシア(フィナステリド)に満足できなかった私は、
ミノタブ(ミノキシジル)も追加することにしました。

 

プロペシア(フィナステリド)だけでも相当な負担なのに、
ミノタブ(ミノキシジル)を追加しても大丈夫なのかと
思われるかもしれませんが、私はこの2つの薬の効果を
ひと月当たり2千円程度で得られる方法を見つけたのです。
(詳細については、後述のメルマガにて明かしています)

 

プロペシア(フィナステリド)に金銭的負担を負わされてきた
私にとって、これほど低コストでAGA治療最強の組み合わせの
効果を得られることが信じられませんでしたが、
私はこの方法を試してみることにしました。

 

すると、1年プロペシア(フィナステリド)を続けても
満足できなかった私が2ヶ月程度で髪が太くなるのを
感じることができました。

 

そして、1年もたたないうちにフサフサになることができたのです。

 

金銭的負担を大幅に減らせただけでなく、AGA治療最強の方法で
フサフサになれたことに私は満足しました。

 

 

しかし、フサフサになれたにもかかわらず、
私は徐々に不満を募らせるようになりました。

 

 

フサフサなのに不満?

 

AGA治療最強の方法でフサフサになれたこと自体には
私は満足できました。

 

 

しかし、私は徐々に不満を持つようになったのでした。

 

それはなぜか?
AGA治療最強の組み合わせにはある致命的な欠点が
あったからです。

 

 

その致命的な欠点とは・・・服用すると効果がなくなることです。

 

 

プロペシア(フィナステリド)もミノタブ(ミノキシジル)も
AGAに対して効果があり、これらを組み合わせることで
最強クラスの効果を得ることができ、フサフサになることは
確かに可能です。

 

しかし、フサフサになったからと言って
これらの薬の服用をやめてもいいわけではありません。

 

これらの薬は、服用している間しか効果がないので、
服用をやめれば効果がなくなり、再び薄毛が進行します。

 

つまり、髪を維持するために一生これらの薬を
飲み続けなければならないのです。

 

確かに、これらの薬でフサフサになることができ、
コストも大幅に削ることができました。

 

しかし、だからと言って、髪を維持するために
一生薬を飲み続けることに私は強い不満を感じるようになりました。

 

 

不満を解消し毎月のコストがゼロ円に

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)に
強い不満を持った私は、ほかにいい方法がないか探してみました。

 

 

すると、ある方法が見つかりました。

 

その方法にかかるコストは、ひと月当たり2千円以下でした。

 

しかも、副作用のリスクが一切なかったのです。

 

もちろん、髪を維持するために一生薬を飲み続ける必要など
ありませんでした。

 

これほど低コストで安全な育毛法があることに
私は驚きを隠せませんでしたが、プロペシア(フィナステリド)と
ミノタブ(ミノキシジル)をやめてその方法に切り替えることに
しました。

 

すると、さらに髪がフサフサになり、プロペシア(フィナステリド)や
ミノタブ(ミノキシジル)に頼らなくても髪が維持できるように
なりました。

 

 

その方法とは・・・薬を使わない育毛法です。

 

 

プロペシア(フィナステリド)やミノタブ(ミノキシジル)
などの薬や塗るタイプの育毛剤などの存在が目立っているため
あまり知られていませんが、薬や育毛剤に頼らずに
薄毛を克服することは可能なのです。

 

薬を使わない育毛に取り組むことで、
コストを大幅にカットできる、副作用のリスクを負わなくて済む、
最終的には、毎月の育毛コストがゼロ円になるなど
多くのメリットを得ることができます。

 

是非、あなたにも薬を使わない育毛法について
知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりお金をかけずに育毛することを目的としていますが、
副作用のリスクがない安全な育毛を特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
私が薬を使わずにフサフサになれた方法について
お伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
はげのスレでは語られない低コストで安全な育毛法に
興味を持っていただけたのなら、無料期間のうちにご登録を。

 

 

現在、諸事情により メルマガを休止しております。 再開までいましばらくお待ちくださいませ。

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
現在、メルマガは休止中です。
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ