はげてつらいあなたに希望をもたらす育毛法


 

 

はげてしまってつらい思いをしているあなたへ

 

はげてしまってつらい・・・。

 

このブログにたどり着いたあなたはそんな悩みを
お持ちなのではないかと思います。

 

はげてつらい気持ちは痛いほどわかります。

 

なぜならば、私自身もはげてしまってつらい思いをした
経験があるからです。

 

 

しかし、今現在はげてつらい思いをしているかというと、
そんなことはありません。

 

むしろ、はげとは無縁の生活を送っています。

 

 

そう、はげを克服することは可能なのです。

 

ですので、今ははげでつらい思いをしていても、
希望は決して捨てないでほしいのです。

 

私がはげを克服できたのですから、
あなたにできないはずはありません。

 

今は、はげでつらいでしょうが、
フサフサになれる日を信じて前向きでいてください。

 

 

それでは、はげでつらい思いをしていた私が
どのようにしてそれを克服したのか
これからお話ししていきます。

 

 

私がはげでつらい思いをしていたころの話

 

 

私がはげたのは、26歳の時でした。

 

その当時、私は仕事上でかなりストレスをためていました。

 

その結果、はげて白髪が大量に増えてしまったのです。

 

まさか、20代ではげるとは夢にも思わず、
本当につらい思いをしました。

 

20代ではげるのは絶対に嫌だと思っていたものの、
育毛の知識が全くなかったため、
何をしていいかわからなかったこともつらいことでした。

 

とりあえず、ドラッグストアで販売されていた
適当な抜け毛予防のスプレーを買って使ってみましたが、
全然効果がありませんでした。

 

シャンプーブラシは、頭皮の皮脂を取り除く上に
血行を良くするので、育毛にいいという宣伝内容を真に受けて
シャンプーブラシを買って頭皮をゴシゴシ洗いました。

 

すると、頭皮が痛めつけられて、
抜け毛がひどくなり、風呂場の排水溝が
髪の毛でいっぱいになってしまいました。

 

良かれと思ってやったことが裏目に出て
はげが悪化してつらい気持ちになりました。

 

後になって知ったことなのですが、
シャンプーブラシの販売している会社は
儲けたいからそう言っているだけで、実際に使うと
頭皮が痛んで抜け毛がひどくなってしまうのです。

 

 

わかめなど海藻類を食べると髪が生えるという迷信を
真に受けて、いっぱい食べたこともありますが、
髪が増えることはありませんでした。

 

育毛のためにやっていることがすべて徒労に終わり、
日を追うごとにはげが悪化していき、本当につらい思いをしました。

 

 

育毛に対して全く希望を見いだせず、
時だけが過ぎていきました。

 

 

29歳でAGA(男性型脱毛症)と診断

 

 

明らかにはげていたので、私はAGA(男性型脱毛症)の可能性を
疑うようになりました。

 

そこで、皮膚科に行って診察してもらいましたが、
AGAを否定されました。

 

私は納得がいかず、色々な医師を訪ねましたが、
どの医師も異口同音にAGAを否定しました。

 

明らかに抜け毛が多く、ストレスではげているにもかかわらず、
AGAが認められないことに納得できませんでしたが、
自分はAGAではないと言い聞かせることにしました。

 

仕事のストレスではげてから3年の月日が流れました。

 

29歳になったある日、頭ににきびのようなものができました。

 

私はもともとにきびができやすい体質で、
頭にできることも少なくありませんでした。

 

また、頭ににきびができたのだろうと思って、
皮膚科を訪ねました。

 

診察を受けて、にきびと思っていたものはイボであることが
わかりました。

 

そこで医師は、イボに冷凍スプレーをかけて凍らせて
治療するといいました。

 

さらにはげるのが怖かった私は医師にこう尋ねました。

 

 

「先生、そんなことをすると、
毛穴が詰まってはげませんかね?」

 

 

すると、次の瞬間、医師の口から信じられない言葉が
返ってきました。

 

 

「いやあ~薄くなってるねえ。AGAだよ。
髪の毛自体はまだ残ってるんだけど、
細くなってるからはげに見えるんだよねえ。」

 

 

私はその言葉を聞いたとき、驚きと同時に
憤りを覚えました。

 

なぜならば、その医師もAGAを否定した医師たちの一人
だったからです。

 

 

「(あれだけAGAの可能性を訴え続けてきたのに、
どうしてこんなにひどくなってからAGA診断するんだ?)」

 

「(おかげで、はげが悪化してしまったじゃないか。
どうしてくれるんだ。)」

 

 

医師に対してはそんな風に思っていましたが、
いくら医師に不満を言っても過ぎてしまったことはしょうがないので、
私はおとなしくAGA治療を受けることにしました。

 

 

病院でAGA治療を開始するが・・・

 

 

29歳でAGAと診断された私は、
プロペシア(フィナステリド)という薬の服用を開始しました。

 

プロペシア(フィナステリド)は保険が適応されないため、
金銭的負担の大きい薬でした。

 

私が服用していたころは、1ヶ月で1万円もかかりました。

 

初期脱毛をはじめとする副作用は出なかったものの、
服用開始から1~2ヶ月程度では、
特に効果が見られませんでした。

 

AGA診断当初に、髪がふにゃっとなっていたのですが、
服用開始から7~8ヶ月でようやく、それがまっすぐになるという
効果を得ることができました。

 

わずかではありますが、プロペシア(フィナステリド)の効果を
実感した瞬間でした。

 

 

それから、プロペシア(フィナステリド)を続けて1年が経過し、
合計12万円かかりました。

 

1年続けてみて満足な効果が得られたかというと、
そうは言い難く、得られた効果は髪がまっすぐになったのと
診断当初に残っていた髪を維持する程度にとどまりました。

 

はげが悪化するよりマシだとしても、
12万円かけて得られた効果がたったこれだけだったので、
私は不満を感じるようになりました。

 

 

はげでつらい思いをしていた私に希望をもたらした育毛法が見つかった

 

 

プロペシア(フィナステリド)に不満を感じた私は、
不満を解消すべく、ほかの方法を探しました。

 

すると、ある方法が見つかりました。
その方法にかかるコストは、なんとひと月当たり2千円以下でした。

 

しかも、副作用のリスクが一切なかったのです。

 

私はプロペシア(フィナステリド)など薬を一切やめて
その方法に切り替えました。

 

すると、プロペシア(フィナステリド)など薬を一切使わなくても
フサフサの髪を取り戻すことができてしまったのです。

 

 

その方法とは・・・薬を使わない育毛法です。

 

 

一般的にはあまり知られていませんが、
薬や育毛剤に頼らなくてもフサフサになることは
可能なのです。

 

薬を使わない育毛に取り組むことで、
コストを大幅にカットできる、副作用のリスクを負わなくて済むなど
多くのメリットを得ることができます。

 

薬を使わない育毛法は、はげでつらい思いをしているあなたに
希望をもたらすものであるということを知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりお金をかけずに育毛することを目的としていますが、
副作用のリスクがない安全な育毛を特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
私が薬を使わずにフサフサになれた方法について
お伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
低コストかつ安全な育毛法に希望を見出すことができると
感じていただけたなら、無料期間のうちにご登録を。

 

 

現在、諸事情により メルマガを休止しております。 再開までいましばらくお待ちくださいませ。

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
現在、メルマガは休止中です。
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ