未分類

髪はストレスの影響を受けるか薄毛の経験者が解説

髪はストレスの影響受けるのか。

これについては、
賛否両論あります。

髪はストレスの影響を受ける、
髪はストレスの影響を
受けない・・・。

一体どちらの意見が
正しいのでしょうか。

この記事では、私の経験も踏まえ
髪はストレスの影響を受けるのか、
反対に髪はストレスの影響を
受けないのか話していきます。

私自身の紹介をさせていただくと、
現在30代後半ですが、
20代のころにハゲた経験があり、
AGA(男性型脱毛症)の
診断を受けたこともあります。

プロペシアという薬を飲んだり、
コストを削るため
海外(シンガポール)から
プロペシアよりも安い
ジェネリック医薬品を
個人輸入したりしました。

その後、薬を使わずに
AGAを克服しフサフサに
なることができました。

AGAをすでに克服した
育毛マスターの私が
髪がストレスの影響を受けるか
どうかということについて
お話しします。

是非、この記事を読んでみて
ください。

髪はストレスの影響を受けるという意見と受けないという意見がある

髪はストレスの影響を
受けるという意見と
髪はストレスの影響を
受けないという意見が
両方ともあるという
ことは冒頭で言いました。

一体、どちらが正しいので
しょうか。

私個人の意見を言わせていただくと
髪はストレスの影響を受けると
確信しています

実際に、髪はストレスの影響を
受けると感じた実体験が
あるからです。

私個人の意見だけ言っても
独りよがりだと思われて
しまうかもしれませんので、
髪がストレスの影響を受ける
という意見と受けないという
意見の両方について
触れたうえで、私自身の
経験についてお話しします。

では、髪はストレスの影響を
受けるという意見から
みていきましょう。

髪がストレスの影響を受けるのは自律神経や交感神経が乱れるから

髪がストレスの影響を受けるか
どうかは医師によって意見が
わかれるようです。

ストレスがたまると、
自律神経や交感神経の乱れで
血流が悪くなる

その結果、髪がストレスの
影響で薄くなる
と考える
医師もいるようです。

血流が悪くなると、
本来届くはずの栄養が
髪に届きにくくなります

髪は生命維持に関係ないので、
臓器など生命維持に必要なもの
に栄養を優先させるため、
髪は後回しになってしまいます。

栄養不足になった髪は抜けやすく
なると考えられるということ
なのです。

髪はストレスの影響を受けないと考える医師もいる

髪はストレスの影響で
薄くならないと考える医師も
いるようです。

とりわけ、薄毛の原因が
AGA(男性型脱毛症)である場合、
ストレスの影響はないと
考える傾向があるように思います。

AGA(男性型脱毛症)とは、
思春期以降の成人男性の
薄毛の原因として有名です。

男性ホルモンの一種
テストステロンが
5αリダクターゼという
還元酵素の影響を受けると、
ジヒドロテストステロン(DHT)
に変換されます。

このDHTによって
抜け毛が引き起こされます。

これがAGA(男性型脱毛症)が
発症するメカニズムです。

AGAとストレスに関しては
因果関係がないまたは
因果関係があるかどうか
わからないと考えられています。

髪がストレスの影響を受けるかどうかに関する私の意見

冒頭でもお伝えした通り、
私自身は髪はストレスの影響を
受けると考えています。

髪がストレスの影響で
抜けるとしか考えられない
という状況を私自身
経験したからです

私は26歳のときに
仕事のストレスを
過剰に受けていました。

その時期に、抜け毛が増えて
薄毛が目立ち始め白髪が
大量に増えました。

マリーアントワネットが
一夜にして白髪になった
という話は有名ですね。

さすがに、一夜で
髪の毛がまるごと
白髪になったわけでは
ありませんでした。

しかし、仕事でストレスが
多くなった時期に抜け毛が
多くなり、白髪も増え始めたのです。

確かに、髪がストレスの
影響を受けるかどうかは
医学的根拠は乏しいかも しれません。

ですが、薄毛になり白髪が
増え始めた時期とそうなる前の
時期を比較すると、
ストレス以外は環境に違いは
ありませんでした。

食生活もそのほかの生活習慣も
ほとんど変わりませんでした。

ですが、頭髪は大幅に
変わってしまいました。

これはストレスが関係している
としか思えません。

ということで、医師が何と
言おうが私は髪はストレスの
影響を受けると考えます。

髪がストレスの影響で薄くなってからAGA診断されるまで

せっかくなので、私が薄毛を自覚
してからAGA(男性型脱毛症)と
診断されてからの話をしたいと
思います。

仕事のストレスで薄毛になり、
白髪が大量に増えた私は
ストレスのもとになっていた
職場をやめる決意をしました。

ストレスのもとを断ち切り
ましたが、抜け毛は依然として
多いままでした。

私は自分がAGA(男性型脱毛症)
ではないかと疑うように
なりました。

そこで、色々な皮膚科を
訪ねましたが、どの医師も
異口同音にAGAではないと
AGAの可能性を否定しました。

抜け毛が多い自覚があり、
薄毛も気になっていたのですが、
医師からAGA(男性型脱毛症)
と診断されない以上、
自分はAGA(男性型脱毛症)
ではないといいきかせるしか
ありませんでした。

それから3年の月日が流れ、
29歳になりました。

ある日、シャンプーをしていると
頭皮にできものができている
のを感じました。

シャンプーの時に痛かったので、
私は皮膚科を訪ねました。

できものはイボであることが
わかりました。

イボの発見と同時に
AGA(男性型脱毛症)であると
診断されました。

その医師も私が
AGA(男性型脱毛症)の
可能性を否定した一人です。

どうしてこんなにひどくなる前に
AGA(男性型脱毛症)と
診断してくれなかったのか。

もっと早く診断してくれれば
ここまでハゲずに済んだかも
しれないのに・・・。

私はAGA(男性型脱毛症)
の診断を遅らせた医師に
憤りを覚えました。

しかし、怒っても仕方ないので
医師の指導のもと、
AGA(男性型脱毛症)治療を
開始しました。

高いわりに効果の薄いプロペシア

それから、私はプロペシアと
いう薬を処方されました。

プロペシアは有名な
AGA(男性型脱毛症)の
治療薬です。

テストステロンが5αリダクターゼ
の影響を受けてDHTになる。

そのことによって、
AGA(男性型脱毛症)が
発症するというのは
先ほどお話しした通りです。

プロペシアはテストステロンが
DHTになるのを防いで
抜け毛を防止する効果がある
薬なのです。

医学的にAGA(男性型脱毛症)
に対して効果が認められる
薬ですが、このプロペシアと
いう薬は健康保険が適応されず
全額自己負担であるため、
金銭的負担が大きい薬でした。

クリニックや病院等にも
よると思いますが、
私が通っていた皮膚科では
毎月約1万円かかりました。
それで効果があるのなら
まだいいのですが、
満足な効果が得られたとは
言い難く、せいぜい現状維持
程度の効果しか得られなかったのです。

プロペシアを1年間続けたので、
合計約12万円かかりました。

高額な割に効果が得られない
プロペシアに私は不満を感じるように
なりました。

海外製のジェネリックでフサフサになれた

これだけお金をかけても
効果が得られないなら
これ以上続けられない。

私はそう思い
もっと安く済む方法はないか
探しました。

すると、海外から個人輸入で
ジェネリック医薬品を購入すれば
安く済むということがわかりました。

安いだけでなく、効果的に
育毛できることもわかりました。

プロペシアのジェネリック
だけでなく、ミノタブの
ジェネリックもセットで
販売されていたのです。

プロペシアが抜け毛を
抑える薬である一方、
ミノタブは発毛を促進する
薬です。

プロペシアで抜け毛を
抑えている間に
ミノタブで発毛を促進するという
攻防一体の効果的な
育毛が可能なのです

しかも、驚くべきことに
プロペシアとミノタブの
セットでの料金でも
ひと月当たり2千円前後
でした

正規のプロペシアの1/5程度です。

これだけの効果があるのに、
コストを大幅に下げられることに
私は驚きを隠せませんでした。

しかし、私には不安がありました。
プロペシアとミノタブの
ジェネリックは海外で
製造された薬なのです。
海外で作られたものだから、
粗悪品も混じっているかも
しれない。

ひょっとすると
健康被害にあうかもしれない。

海外から薬を
個人輸入したことが
ありませんでしたし、
購入しようかどうか
迷いました。

しかし、私はフサフサに
なりたかったので、
皮膚科に通うのをやめ、
思い切ってジェネリックを
取り寄せました。

実際にジェネリックを
飲んでみた結果、
特にひどい副作用が
出ることもありませんでした。

ひどい目にあうどころか、
服用開始2ヶ月目くらい
から髪が太くなるのを
感じました。

そして、半年ほどで
フサフサになれてしまったのです。

馬鹿正直に1年間プロペシアを
飲み続けていたのが
バカバカしく思えてきました。

私はコストを大幅に下げて
フサフサになれたことに
大変満足しました。

ジェネリックに不満を持った

フサフサになれたこと自体には
大変満足だったのですが、
私はジェネリックに対して
強い不満を持つようになりました。

なぜならば、ジェネリック
というよりも育毛系の
薬全般にはある致命的な
欠点があるからです。

その欠点とは、服用をやめると
効果がなくなることです。

海外から取り寄せた
ジェネリック医薬品は
確かに、効果が高く
安いです。

しかし、AGA(男性型脱毛症)を
完全に治せるわけでは
ありません。

AGA(男性型脱毛症)治療薬の
効果があるのは飲んでいる間
だけです。

飲むのをやめれば効果がなくなり
再び髪が抜け始めます。

つまり、髪を維持するために
一生薬を飲み続けなければ
ならないということなのです。

いくら皮膚科に通っていた頃よりも
大幅にコストを下げられたから
とはいえ、私はこのことを
非常にわずらわしく感じるように
なりました。

わずらわしさから解放され低コスト育毛マスターになる

薬を飲み続けることに
わずらわしさを感じるように
なった私は別の方法を
探しました。

すると、ある方法が
見つかりました。

その方法も、プロペシアの
1/5程度のコストでできる
内容でした

しかも、副作用のリスクが
一切なかったのです

もちろん、髪を維持するために
一生薬を飲み続ける必要も
ありませんでした

私は海外からジェネリックを
取り寄せるのをやめ、
その方法に切り替えました。

すると、ジェネリックを
飲んでいたころよりも
さらに髪がフサフサになり、
AGA(男性型脱毛症)に
なるまえくらいにまで
髪が回復しました

その方法とは、
薬を使わない育毛法です。

プロペシアなどの育毛剤、
リアップなどの頭皮に塗る
タイプの育毛剤などの
存在が目立っているため
あまり知られていませんが、
薬を使わずに
AGA(男性型脱毛症)を
克服することは可能なのです。

薬を使わない育毛に
取り組むことで、

  • コストを大幅に減らせる
  • 副作用のリスクをなくせる
  • 髪を維持するために薬を飲み続ける必要がなくなる

など多くのメリットを得ることが
できます。

是非、あなたにも
薬を使わない育毛法について
知っていただきたいと
思います。

そこで今回、メルマガを
用意しました。

メルマガ名は
低コスト育毛倶楽部です。

当メルマガにご登録いただければ、
私が薬を使わずに
AGA(男性型脱毛症)を
克服した方法について
お伝えいたします。

今なら無料で登録できます。

低コストかつ安全な
育毛に興味をもって
いただけたのなら
以下のメルマガ登録フォーム
より今すぐご登録を!

-未分類

Copyright© 男性ホルモン・ムダ毛の多い30代男がコストを削ってAGAを克服できた , 2020 All Rights Reserved.