薄毛にとっていいヘアスタイルとは


barber2

 

あなたは薄毛とヘアスタイルの関係について
考えたことはありますか。

 

薄毛のヘアスタイルにはどんなものがあげられるでしょうか。
バーコード頭や坊主などが例としてあげられるのでは
ないでしょうか。

 

私もこの二つくらいしか思い浮かびませんが、
なぜ、薄毛になるとバーコード頭や坊主にする人がいるのか
考えてみましょう。

 

私はバーコード頭にも坊主にもしたことがないので、
想像でしかないのですが、こういうヘアスタイルにしている人は
おそらく、ハゲが目立たないようにするためにこういった髪型に
しているのだと思います。

 

いずれも薄毛をごまかすには効果的な気がしますが、
バーコードはちょっとごまかしている感が出ている気が・・・。

 

坊主に関しては特に問題がないかなという気がします。
髪を全部剃ってしまえば、薄毛かどうかなんて
わからないので。

 

薄毛が目立たなくさせる一方で、髪に負担がかからない
髪型についても考えることが大切です。

 

髪に負担がかかる髪型と言えば、カラーリングやパーマ
などがあげられるでしょう。

 

頭皮に負担がかかるので、あまりよくないみたいです。

 

カラーリングやパーマのように手を加えなくても
薄毛にとってよくない髪型があります。

 

それは何だと思いますか。

 

・・・

 

考えましたか。

 

答えは・・・長髪(ロン毛)です。

 

髪を伸ばしすぎると、頭皮に負担がかかり
薄毛が悪化するという話を聞いたことが
あります。

 

また、ロン毛で髪を結んでいると牽引性脱毛症になって
薄毛が悪化するみたいですね。

 

因みに、牽引性脱毛症は髪が引っ張れることによって
引き起こされる脱毛症でAGA(男性型脱毛症)とは
原因が異なります。

 

長髪を自分のアイデンティティとして確立している人も
いると聞いたことがあります。

 

そういう人もAGAになってしまったという話も
本で読んだことがあります。

 

自分のアイデンティティを保ちたいのに、髪が薄くなって
しまったら悲しいですよね。

 

どうしても髪を切りたくない場合はしょうがないですが、
そこまで髪型にこだわらない場合は(そういう人のほうが
多いと思いますか)、できるだけ髪に負担がかからない
髪型を心がけるといいと思います。

 

それを考えると、先ほどお話しした坊主は頭皮に負担が
かからないという点でいい髪型だと思います。

 

しかし、無理に坊主にする必要はないと思います。
私もAGAになった時でさえ、坊主にしませんでしたし、
たぶんこの先も坊主にすることはないでしょう。

 

ただ、長髪など特にこだわりがない場合は、髪を短めに
保つのがいいと思います。

 

私も坊主にはしませんが、頭皮へ負担をかけないように
長くのばしたりしません。

 

私の場合は、髪が伸びたら適度に切ります。

 

坊主にまでする必要はないと思いますが、頭皮への負担を
考えると、髪は短めにするといいと思います。

 

 


カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ