毛穴の脂が詰まってハゲるってホント?


hatena

 

毛穴の脂が詰まるとハゲるというのは、よく耳にする話ですね。
今回は、これが本当に正しいかどうか考えていきたいと思います。

 

1. 実はAGAも頭皮が脂っこくなるのも原因は同じ。しかし・・・

 

AGAは男性ホルモンが増えることで起こります。男性ホルモンが
増加すると、頭皮の皮脂腺が活発化して、頭皮の分泌量が増えます。

つまり、AGA発症と頭皮が脂っこくなる原因は同じです。

 

 

しかし、頭皮が脂っこくなるからと言ってそれが原因で抜け毛が
増えるわけではないそうです。

 

20世紀半ばに集められたデータによって、現在では頭皮の脂と
抜け毛の因果関係は完全に否定されているそうです。
(注1)

 

 

私もAGA診断されたころ、脂漏性皮膚炎が発症してしまうほど頭皮が
脂っこくなったので、

 

「先生、脂漏性皮膚炎で頭皮が詰まって薄くなったんですか。」

 

と医師に聞いたところ

 

「いやいや、AGAによる薄毛は頭皮の脂とは原因が別だよ。」

 

というようなことを言われた記憶があります。

 

AGAを発症すると、テストステロンが5αリダクターゼⅡ型の影響
を受けてDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されて、このDHTに
より抜け毛が生じます。

 

このAGAのメカニズムには、頭皮の脂は含まれていません。

 

このことからもAGAと頭皮の脂は原因が同じだとしても頭皮の脂っ
こさが原因で抜け毛が増えるわけではないということは明らか
でしょう。

 

2. 頭皮が脂っこくなりすぎると抜け毛の原因になることも

 

しかしながら、脂分が多すぎると「脂漏性湿疹」を発症してしまい、
これが悪化すると患者の髪が抜けることがあるそうですが、これは
AGAとは違って一時的な症状なので、頭皮の炎症が治まればまた
新しい髪が生えてくるそうです。
(注2)

 

 

今回は、頭皮の脂と薄毛の関係についてお話ししました。

 

私も育毛シャンプーのCMや噂を真に受けて、頭皮の脂が詰まって
ハゲると思い込んでいました。

 

その思い込みから、シャンプーブラシで一生懸命頭皮を洗って
たくさん頭皮を痛めつけて抜け毛を悪化させました。

 

今回見てきたように、AGAと頭皮の脂は原因は同じでも抜け毛に
関して相関関係はありません。

 

ただし、頭皮が過剰に脂っこくなると脂漏性湿疹もしくは脂漏性
皮膚炎を発症してしまい、それがもとで髪が抜けることがあります。

 

その場合は、皮膚科を受診して適切な治療を受ければ治ります。

 

AGAと脂漏性皮膚炎の両方を併発した場合は、それぞれ対策が
必要になります。私の場合も両方併発しました。

 

私も色々失敗したものの、それぞれの対策を個別に行った結果、
いずれも克服することができました。

 

脂漏性皮膚炎は皮膚科で治療すれば、わりとすんなり治りますが、
AGA治療は、すぐに髪を増やすということが難しいので、長期的な
スパンで続けていくことが求められます。

 

ご自身の症状を見極め、適切な対象をし、根気強くAGA対策を
続けていきましょう。

 

 

参考文献:板見智著 『専門医が語る毛髪科学最前線』 2009年 集英社出版

 

注1:参考文献 P159
注2:参考文献 P159

 

 


カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ