髪の毛が細くなる原因について薄毛を克服した私が語ります


 

 

髪の毛が細くなる原因を知って解決したいあなたへ

 

私自身もかつては、薄毛で悩んでいました。

 

髪が細くなる原因がよくわからず、
どうすれば薄毛を改善できるかわからず困り果てていた私ですが、
今では薄毛を完全に克服し、そういった悩みとは無縁の生活を
送っています。

 

なぜ、私が薄毛の悩みを克服できたのかお話しするのは
後でするとして、まず髪の毛が細くなる原因について
私自身の経験を交えて見ていきたいと思います。

 

 

髪が細くなる原因として一番大きかったものはストレスだった

 

 

今にして思えば、髪が細くなる一番の原因はストレスだったと
思います。

 

私は26歳のころに仕事で多くのストレスを抱えていました。

 

ストレス過多の生活を続けていると、
シャンプー時の抜け毛がひどくなり、白髪が大量に増えました。

 

鏡で分け目を見ると、髪の毛が細くなっていました。

 

私はもともとフサフサで、20代でハゲることなど
絶対にないと自信を持っていましたが、
その自信が見事に崩されてしまったのです。

 

医師のなかには、髪の毛が細くなる原因として
ストレスを否定する方もいますが、
私は自分自身の経験から、ストレスは髪の毛が細くなる原因に
なりうると思います。

 

 

睡眠時間が不規則だと髪の毛が細くなる原因になりうる

 

 

睡眠時間が不規則な場合、髪の毛が細くなる原因に
なりうると思います。

 

髪の毛のゴールデンタイムは夜10時から翌日の午前2時
(22:00~2:00)までと言われています。

 

この時間帯に睡眠をとると、髪の毛が修復され、
髪の毛の成長が促されるからです。

 

睡眠時間が不規則だと、この時間帯に睡眠をとることが
できないため、十分に髪の毛を修復・成長させることができず、
髪の毛が細くなる原因にもなりうるでしょう。

 

私自身も、仕事のストレスを抱えていた当時は、
夜中の2時や3時まで起きていたということはざらにありました。

 

仕事の都合とはいえ、ずいぶんと髪に悪いことをしていたのだと
今では感じています。

 

 

偏った食生活も髪の毛が細くなる原因になりうる

 

 

髪の毛の成長には、栄養バランスのとれた食事が欠かせません。

 

ハンバーガーだけとかカップ麺だけとか
そういった偏った食生活を続けていくと、
髪に必要な栄養素が摂取できなくなり、
髪の毛が細くなる原因になりかねません。

 

 

また、ちょっと古いかもしれませんが、
私が幼いころ、わかめやひじきなどの海藻類を食べると
髪が生えるという迷信がありました。

 

髪の毛が細くなり始めた私は、
幼いころに聞いた迷信を真に受けて
わかめやひじきを多めに食べました。

 

 

しかし、それで髪が生えることはありませんでした。

 

わかめやひじきなど海藻類には
髪に必要なミネラルが含まれているので、
髪の毛に悪いことはないです。

 

ですが、どれだけわかめやひじきなどの海藻類だけを食べても、
髪が生えることはありません。

 

海藻類だけでなく、様々な栄養素をバランスよくとることが
細い髪の毛を太くするうえで重要なのです。

 

 

男性ホルモンは髪の毛が細くなる原因としてどうか?

 

 

あなたも知っているかもしれませんが、
髪の毛が細くなる原因としてAGA(男性型脱毛症)というものが
挙げられます。

 

男性ホルモンの一種であるテストステロンが
5αリダクターゼという還元酵素の影響を受けて
ジヒドロテストステロン(DHT)に変換されます。

 

このDHTが抜け毛を引き起こすのです。

 

DHTによって抜け毛が生じると、
ヘアサイクルが乱れて、髪の毛が細くなる原因になると
考えられています。

 

このDHTを抑制する薬として
プロペシア(フィナステリド)が有名です。

 

今は薄毛を病院で治療できる時代になりましたので、
プロペシア(フィナステリド)でDHTを抑制して
育毛する人が増えてきました。

 

私も以前はそのうちの一人でした。

 

私もそのころはプロペシア(フィナステリド)の効果でしか
抜け毛を食い止めることはできないと考えていましたが、
今ではその考えが変わりました。

 

それはなぜか?
DHTを抑制する方法以外に
フサフサになる方法を見つけたからです。

 

 

DHTを抑制せずフサフサになれた理由それは・・・

 

プロペシア(フィナステリド)などの薬でDHTを抑制して抜け毛を
抑えられるのは事実ですが、DHTを抑えなくてもフサフサになれると
いうのもまた事実なのです。

 

実は、仮にAGAと診断されたとしても、
プロペシア(フィナステリド)に頼らず、
生活習慣や体質を改善することで
フサフサの髪を取り戻すことは可能なのです。

 

実際に、私は生活習慣や体質などを改善して
フサフサの髪を取り戻すことができました。

 

DHTを抑制せずにフサフサの髪を取り戻せた方法とは、
そう、薬を使わない育毛法です。

 

一般的にはあまり知られていませんが、
薬を使わずにフサフサの髪を取り戻すことは可能なのです。

 

私はもともとプロペシア(フィナステリド)などの薬で
育毛していましたが、こういった薬のコストが高いこと、
服用している間しか効果を維持できないことなどに不満を
感じたため、別の方法を探しました。

 

その結果、見つけたのが薬を使わない育毛法だったのです。

 

プロペシア(フィナステリド)は健康保険が適応されず
全額自己負担であるため、金銭的負担が大きく、
私が服用していたころは毎月1万円もかかりました。

 

今では、もう少し割引しているクリニック等もあるようですが、
それでも金銭的負担はさほど変わらないでしょう。

 

 

また、プロペシア(フィナステリド)には副作用のリスクがあります。

 

男性機能の低下や肝機能障害などです。

 

特に、男性機能の低下を恐れてこの薬の服用を見合わせる
男性は非常に多いように思います。

 

これらの副作用が出る割合は、極めて少ないとされていますが、
薬である以上、絶対に服用が出ないとは言い切れません。

 

プロペシア(フィナステリド)に頼った育毛には
このようなデメリットがあります。

 

しかし、薬を使わない育毛法にかかるコストはひと月当たり
2千円以下で副作用のリスクが一切なかったのです。

 

プロペシア(フィナステリド)などのように
高額で副作用のリスクがある薬で育毛するのが確実であると
思い込んでいた私には、これほど低コストで安全な育毛法が
あることが衝撃的でした。

 

コスト面で特に不満を感じていた私は、
プロペシア(フィナステリド)などの薬を一切やめて
薬を使わない育毛法に切り替えました。

 

その結果、金銭的負担を大幅に減らして安全に
フサフサの髪を取り戻すことができたのです。

 

薬を使わない育毛に取り組むことで、
金銭的負担を大幅に減らして副作用のリスクを
回避することができます。

 

そして何より、薄毛の悩みを解消することができます。

 

是非、あなたにも薬を使わない育毛法について
知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりお金をかけずに育毛することを目的としていますが、
副作用のリスクがない安全な育毛法を特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
私が薬を使わず安全にフサフサの髪を取り戻せた方法について
お伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
金銭的負担が少なく安全な育毛法に興味を持っていただけたのなら、
無料期間のうちにご登録を。

 

 

現在、諸事情により メルマガを休止しております。 再開までいましばらくお待ちくださいませ。

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
現在、メルマガは休止中です。
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ