予想以上に深刻な薄毛の精神・行動面への影響


disappointed

 

1. 薄毛の調査

 

徳島大学大学院の荒瀬教授が1万人の成人男性に対し、頭髪に関する
アンケートをとって3177人から回答を得たそうです。

 

このうち、薄毛を自認していると答えた人は1710人いたそうです。

 

この1710人のうちさらに質問に答えたのが1494人だったそうです。
このうち、86%を超える1293人が薄毛を気にしていると回答した
そうです。

 

この1293人のうち、850人(約66%)が何らかの薄毛対策をして
いると回答したそうです。

 

一方、薄毛を気にしていないと回答した201人のなかにも、なんらか
の対処をしている人は64人(32%)いたそうです。

 

2. 女性からの目線が気になる

 

上記アンケート調査にて、薄毛を気にしていると答えた1293人に
誰に対して気にしているか質問すると、以下のような回答があった
そうです(複数回答含む)。

 

・職場、学校などの同僚-43%
・妻、ガールフレンド、パートナー-40%
・友人、知人-38%
・家族、親せき-23%
・他人(女性)-44%
・他人(男性)-30%

 

上記の調査結果から、身内や他人を問わず女性から頭の薄い人だと
思われることを気にしている人が多いということがうかがえるの
ではないでしょうか。

 

さらに、薄毛をどう思っているかという質問に

 

・異性に対して魅力的でない-65.4%
・薄毛はかっこ悪い-75.3%

 

という回答があったそうです。

 

3. 精神・行動面にも影響が・・・

 

薄毛が進行したことで生じた精神・行動面の変化について以下の
ような回答があったそうです。

 

・自分は外見的に魅力的ではないと感じている-52.4%
・髪が完全に生えていた時に比べて自信がなくなった-40.4%
・他の人たちが自分の頭が薄くなったところを見ている
ような気がする-50.6%
・他の人たちが、自分の頭が薄いことについて話している
ようだ-21.7%
・自分は仕事上で他の人たちと同等の機会を与えられていない
と思った-15.5%
・スポーツをするのをためらうようになった-19.3%
(注1)

 

 

以上みてきたように、薄毛になると、主に女性に対してどう
思われているか気になったり、セルフイメージが低下したり、
行動面で悪影響が出てくるということが見て取れるのでは
ないでしょうか。

 

私もAGAを発症したころ、自分の頭髪を見られるのが苦痛だったの
を覚えています。

 

 

まして20代で薄毛になってしまったので、セルフイメージの低下が
著しかったです。

 

悪い意味でマイノリティであると感じましたし、見た目だけでなく
精神面への影響も大きかったです。

 

 

薄毛になったからといって、本人の人間性が変わるわけではない
のですが、どうしても精神・行動面で悪影響が出てしまいますね。

 

薄毛対策には、育毛そのものも大事ですが、心のケアも大事かも
しれません。

 

薄毛に悩んでいるあなたも精神的につらい思いをなさっている
かもしれません。

 

しかし、つらい思いを経験しても、それを乗り越えてAGAを克服する
ことはできます。

 

是非、希望を持ってくださいね。

 

 

参考文献:板見智著 『専門医が語る毛髪科学最前線』 2009年 集英社出版

 

注1:参考文献 P17~19

 

 


カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ