髪が薄いという悩みを低コストで解消できた理由


 

 

20代で髪が薄いにはつらかった

 

私もかつては髪が薄いという悩みを持っていました。

 

私が髪が薄いと感じ始めたのは、26歳の時でした。

 

私はそのころ仕事のストレスを多く抱えていました。

 

長い間、多くのストレスを受け続けた結果、
私は髪が薄くなり白髪が大量に増えました。

 

まさか、20代の若さで薄毛になるとは思わず
ショックを受けました。

 

育毛の知識など全くなかったので、
何から始めていいかわからなかったのですが、
自分なりにいろいろ試してみました。

 

 

まず、ドラッグストアに売っていた抜け毛予防のスプレーを買って
使ってみましたが、それを使って抜け毛が減ることは
ありませんでした。

 

また、古い迷信でわかめなど海藻類を食べると
髪が生えるという話を真に受けてわかめを多めに食べてみましたが、
それで髪が生えることはありませんでした。

 

そのほかに使ったものとして、シャンプーブラシが
挙げられます。

 

シャンプーブラシは、頭皮の皮脂を除去して血行を良くするので、
育毛にいいという宣伝内容を真に受けて、シャンプーブラシを買って
一生懸命頭皮をゴシゴシ洗いました。

 

すると、育毛にいいどころか抜け毛がもっとひどくなり、
風呂場の排水溝が髪の毛でいっぱいになってしまいました。

 

これは、後に医師から聞いたことなのですが、
シャンプーブラシの業者が儲けたいからそう宣伝しているだけで、
実際に使うと頭皮が痛んで抜け毛がもっとひどくなるそうです。

 

このように当時の私は、育毛に関して見当違いのことばかり
していたのでした。

 

 

29歳でAGA診断。髪が薄いのがよくなると思ったけど・・・

 

仕事のストレスで髪が薄くなってから3年後、
私は29歳でAGA(男性型脱毛症)と診断されました。

 

それから、私はプロペシア(フィナステリド)という薬の
服用を開始しました。

 

しかしながら、このプロペシア(フィナステリド)という薬は、
健康保険が適応されず全額自己負担で支払わなければならなかったため、
金銭的負担が大きい薬でした。

 

私が服用していたころは、毎月1万円もかかりました。

 

1年間プロペシア(フィナステリド)を続けたので、
合計12万円もかかりました。

 

プロペシア(フィナステリド)を続ければ、
髪が薄いのが改善できるかもしれないという期待を
少なからず持っていました。

 

しかし、それだけお金をかけても満足な効果を得ることはできず、
せいぜい現状維持程度の効果しか得ることはできなかったのです。

 

プロペシア(フィナステリド)は、発毛を促進するというよりも
AGAによる抜け毛を食い止めるというディフェンス的な意味合いが
強い薬です。

 

服用すれば、確かに抜け毛は治まるのですが、
積極的に発毛を促進するわけではないので、
効果を感じにくいのです。

 

そういうわけで、プロペシア(フィナステリド)で
私の髪が薄いという悩みを克服することはできなかったのです。

 

 

ミノタブを追加してフサフサになったけれど・・・

 

プロペシア(フィナステリド)だけでは満足できなかった私は、
もっといい方法がないか探してみました。

 

すると、いい方法が見つかりました。

 

なんと、AGA治療最強と謳われる
プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)の効果を
ひと月当たり2千円程度で得ることができる方法が見つかったのです。

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)の併用は
AGA治療最強と言われています。

 

プロペシア(フィナステリド)で抜け毛を抑えている間に
ミノタブ(ミノキシジル)で発毛を促進するという攻防一体の
効果的な育毛が可能になるからです。

 

しかも、それがプロペシア(フィナステリド)単独の1/5程度のコストで
得られることに私は驚きを隠せませんでした。

 

私は早速その方法を試してしばらく続けてみました。

 

すると、プロペシア(フィナステリド)だけでは1年かけても
満足できなかったのが、2ヶ月で髪が太くなるのを感じることが
できました。

 

そして、1年もたたないうちにフサフサの髪をとりもどすことが
できました。

 

コストを大幅に減らせてフサフサになれたことに私は
大変満足しました。

 

しかし、この方法にも徐々に不満を持つようになったのです。

 

 

髪が薄いという悩みを解消できても不満だったのはなぜ?

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)の
相乗効果でフサフサになれたこと自体には、私は満足できました。

 

しかし、私はこれらの薬に対して不満を持つようになりました。

 

なぜならば、これらの薬にはある致命的な欠点があったからです。

 

 

その致命的な欠点とは・・・服用をやめると効果がなくなることです。

 

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)で
フサフサになることは可能ですが、フサフサになったら服用を
やめていいわけではありません。

 

これらの薬の効果があるのは服用している間だけです。
服用をやめれば効果がなくなり再び薄毛が進行します。

 

つまり、髪を維持するために一生これらの薬を
飲み続けなければならないということなのです。

 

私はこのことに強い不満を感じるようになりました。

 

 

ある方法で髪が薄いという悩みを完全に解消できた

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)を
一生飲み続けなければならないことに強い不満を感じた私は
不満を解消すべく別の方法を探しました。

 

すると、ある方法が見つかりました。

 

その方法にかかるコストは、ひと月当たり2千円以下でした。

 

しかも、副作用のリスクが一切なかったのです。

 

もちろん、一生薬を飲み続ける必要もありませんでした。

 

私はプロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)を
やめてその方法に切り替えました。

 

その方法を続けた結果、
2ヶ月で薬に頼らずに髪が維持できるようになりました。

 

 

その方法とは・・・薬を使わない育毛法です。

 

 

プロペシア(フィナステリド)やミノタブ(ミノキシジル)
のような薬や頭皮に塗るタイプの育毛剤などで育毛するのが
主流であるため、一般的にはあまり知られていませんが、
薬を使わずに薄毛を克服することは可能なのです。

 

薬を使わない育毛に取り組むことで、
コストを大幅にカットできる、副作用のリスクを避けられる、
薬に頼らなくても髪が維持できるようになるなど多くのメリットを
得ることができます。

 

是非、あなたにも薬を使わない育毛法について
知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりお金をかけずに育毛することを目的としていますが、
副作用のリスクがない安全な育毛を特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
私が薬を使わずに髪が薄いという悩みを克服できた方法について
お伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
低コストかつ安全な育毛法に興味を持っていただけたなら、
無料期間のうちにご登録を。

 

 


カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ