短い抜け毛に悩んだ私がフサフサになった理由を知りたいですか?


 

 

短い抜け毛が増える原因は様々

 

髪の毛にはヘアサイクルというものがあります。

 

ヘアサイクルは、髪の毛の生え変わりのサイクルを指しますが、
このヘアサイクルにおいて、髪の毛は成長期、退行期、休止期の
3つの期間を2年から6年ほど繰り返します。

 

このヘアサイクルが乱れると、十分に髪が成長せず
短い抜け毛が増える原因になります。

 

では、ヘアサイクルが乱れ短い抜け毛が増える原因には
どういうものがあるのか、これから見ていきたいと
思います。

 

 

睡眠時間が不規則だと短い抜け毛が増えやすい

 

 

髪の成長を促し、ヘアサイクルを正常にするには
規則的に睡眠をとることが重要です。

 

髪のゴールデンタイムは夜10:00から翌2:00までと
言われています。

 

この時間帯に睡眠をとることで髪が修復され、
成長が促されるからです。

 

睡眠時間が不規則だと、ゴールデンタイムに睡眠をとることができず、
ヘアサイクルが乱れて短い抜け毛が増える原因になるかも
しれません。

 

従って、できればゴールデンタイムに睡眠をとるのが
好ましいといえます。

 

 

しかし、忙しい現代人にとって
この時間帯に睡眠をとるのは難しいかもしれません。

 

もし、普段の仕事がある日にこの時間帯に睡眠をとることが
難しければ、休みの日はなるべくこの時間帯に睡眠をとるように
するなど、工夫してゴールデンタイムに睡眠をとるようにすれば、
いいのではないかと思います。

 

 

食生活が偏ると短い抜け毛が増えやすい

 

 

髪の成長には、バランスのとれた食事が欠かせません。

 

仕事が忙しいと、レトルト食品やカップ麺、
ファストフードなど短時間でとれる食事でしまうことも
よくあるのではないかと思います。

 

こういったものは、手軽に食べられるのがいいのですが、
栄養バランスを考えた際に決していいとは言えません。

 

こういったものばかり食べていると、
栄養が偏ってしまい、髪に必要な栄養を摂取できないため、
髪が十分に育たず、短い抜け毛が増える原因に
なりかねません。

 

また、カップ麺など脂っこいものばかり食べてしまうと、
体内の血流が悪くなり、髪に必要な栄養が行き届かず
短い抜け毛が増える原因にもつながりますので、
注意が必要です。

 

私自身も、仕事が忙しい時期は、
カップ麺などをよく食べていたので
手軽なのはよくわかるのですが、
短い抜け毛対策として栄養バランスは
気をつけたいところです。

 

 

男性ホルモンが原因で短い抜け毛が増える?

 

 

あなたも聞いたことがあるかと思いますが、
抜け毛・薄毛の原因にAGA(男性型脱毛症)というものがあります。

 

男性ホルモンの一種であるテストステロンが
5αリダクターゼという還元酵素の影響を受けると
ジヒドロテストステロン(DHT)に変換されます。

 

このDHTによって髪が抜けると考えられています。

 

これがAGAのメカニズムです。

 

AGA対策としていろいろなものがあります。

 

プロペシア(フィナステリド)などの薬や
ノコギリヤシ(ソーパルメット)のサプリなど
ですね。

 

現在、こういった薬やサプリでDHTを抑制して
AGAによる抜け毛を食い止めるというスタンスの
育毛方法が主流であるように思います。

 

私自身もかつてはそういったスタンスで育毛を
したことがあり、プロペシア(フィナステリド)も
ノコギリヤシ(ソーパルメット)も服用経験があります。

 

しかし、短い抜け毛が増える原因は
AGAだけではない、AGA対策で薬やサプリを飲まなくても
薄毛を克服できるという事実をのちに知ることになりました。

 

私がどのようにしてその事実を知ることになったのか、
これから順を追ってお話しします。

 

 

かつては私も短い抜け毛に悩んでいた

 

 

 

私もかつては、短い抜け毛で悩んでいました。

 

私は26歳の時に仕事のストレスで薄毛になり、
白髪が大量に増えました。

 

そしてその3年後、29歳でAGA(男性型脱毛症)と
診断されました。

 

短い抜け毛が見られるようになったのはちょうどそのころでした。

 

AGAと診断されてから、プロペシア(フィナステリド)で
治療を始めました。

 

しかしながら、このプロペシア(フィナステリド)という薬は、
金銭的負担が非常に大きい薬でした。

 

健康保険が適応されず全額自己負担で
購入しなければならないためです。

 

私が服用していたころは、毎月1万円もかかりました。

 

今では多少割引している病院やクリニックもあるかもしれませんが、
健康保険が使えないので、金銭的負担はさほど変わらないでしょう。

 

ハゲることが恐怖だったため、私は頑張って
金銭的負担が大きいプロペシア(フィナステリド)を
続けました。

 

1、2ヶ月程度では、効果は得られませんでした。

 

7、8ヶ月経過したころからようやく、
軟毛化してふにゃっとなった毛髪がまっすぐになったという
程度の効果を得られました。

 

結局、私はプロペシア(フィナステリド)を1年間続け、
合計12万円育毛につぎ込みましたが、得られた効果は
せいぜい毛髪がまっすぐなったか現状維持程度のものでした。

 

高額な詐欺的育毛サロンよりはマシだとしても、
金銭的負担が大きい割には効果の薄いプロペシア(フィナステリド)に
対して不満を抱くようになりました。

 

それから私はもっと金銭的負担が少なくて
効果的な育毛法がないか探してみました。

 

 

するとある方法が見つかったのです。
それは・・・

 

 

低コストかつ安全にフサフサになるための育毛法それは・・・

 

 

プロペシア(フィナステリド)に不満をもって
別の方法を探した結果、ある方法を見つけました。

 

その方法にかかるコストはなんと
ひと月当たり2千円以下でプロペシア(フィナステリド)単独の
1/5以下だったのです。

 

しかも、副作用のリスクが一切なかったのです。

 

プロペシア(フィナステリド)の副作用として
男性機能の低下や肝機能障害などが挙げられます。

 

これらの副作用が出る割合は極めて少ないとされており、
私自身も服用中は特に副作用は出ませんでした。

 

しかしながら、副作用のリスクがない育毛法であれば、
安心して取り組める内容だという印象を受けました。

 

私はプロペシア(フィナステリド)などの薬を一切やめて
その方法に切り替えました。

 

すると、金銭的負担を大幅に減らして、
フサフサの髪を取り戻すことができました。

 

 

プロペシア(フィナステリド)などの薬の欠点として
服用をやめると効果がなくなるというものがあります。

 

服用している間は抜け毛を抑えることができるのですが、
服用を中止すれば再び薄毛が進行します。

 

つまり、たとえプロペシア(フィナステリド)などでフサフサに
なれたとしても、髪を維持するために一生プロペシア(フィナステリド)
などの薬を飲み続けなければならないということなのです。

 

 

しかし、私がフサフサになれたその方法は、
そういったこともなく、フサフサになったあとに
何かにお金をはらい続けるということもありません。

 

今では毎月の育毛コストはゼロ円です。

 

 

私が金銭的負担を大幅に減らしてフサフサになれた方法それは・・・
薬を使わない育毛法です。

 

一般的にはあまり知られていませんが、
生活習慣や体質の改善等、薬を使わずにフサフサの髪を
取り戻すことは可能なのです。

 

薬を使わない育毛に取り組むことで
コストを大幅にカットできる、副作用のリスクを一切負わずに済む、
プロペシア(フィナステリド)などのようにフサフサになったあとも
毎月髪を維持するためにお金をはらい続けるということをしなくて済む
など多くのメリットを得ることができます。

 

是非、あなたにも薬を使わない育毛法について
知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりお金をかけずに育毛することを目的としていますが、
副作用のリスクがない安全な育毛法を特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
私が薬を使わず安全にフサフサになれた方法について
お伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
低コストかつ安全に短い抜け毛を減らして
フサフサの髪を取り戻したいと考えているなら、
無料期間のうちにご登録を。

 

 


カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ